アニメ PR

ワンピース ドレスローザ編

引用元:U-NEXT

本ページはプロモーションが含まれています

VOD(ビデオオンデマンド)でのアニメ『ワンピース ドレスローザ編』の配信状況を調べてみました。

  • 見逃してしまった!
  • 配信サイトが知りたい!
  • 無料視聴したい!
  • 動画を探している

などの悩みをお持ちでしたら本記事がお役に立つと思います。

アニメ「ワンピース ドレスローザ編」は2014年1月19日~2016年6月19日に放送された海洋冒険アクションアニメで、尾田栄一郎の漫画『ONE PIECE』を原作とした大人気長寿アニメの第17シリーズとなっています。

調査した結果、U-NEXTであれば無料見放題になっています!「ワンピース」シリーズも視聴できるのでオススメです!

5月17日まで無料!

作品紹介

タイトル ワンピース ドレスローザ編
あらすじ ルフィが絶対に欲しがる「ある物」を持っているというドフラミンゴ。交渉の末、ルフィたちはドレスローザ島でシーザーを引き渡すことに。そんな中、島で開催される剣闘会で「メラメラの実」が優勝賞品にされることを知ったルフィは偽名を使って出場し…!?U-NEXT
キャスト
声優
モンキー・D・ルフィ:田中真弓
ナミ:岡村明美
ロロノア・ゾロ:中井和哉
ウソップ:山口勝平
サンジ:平田広明
トニートニー・チョッパー:大谷育江
ニコ・ロビン:山口由里子
フランキー:矢尾一樹
ブルック:チョー
ロー:神谷浩史
ドフラミンゴ:田中秀幸
コラソン:山寺宏一
錦えもん:堀内賢雄
レベッカ:林原めぐみ
藤虎:沢木郁也
放送会社 フジテレビ系列
制作会社 東映アニメーション
話数 全118話
放送開始日
(放映日)
2014年1月19日~2016年6月19日
リンク 「ワンピース ドレスローザ編」公式サイト
「ワンピース ドレスローザ編」Wikipedia

無料動画サービス

『ワンピース ドレスローザ編』を動画配信サイトで調べてみました。

配信サービス 配信状況 料金
U-NEXT
U-NEXT

見放題配信
今すぐ観る
31日間無料
2,189円(税込)/月
TSUTAYA
TSUTAYA DISCAS

無料レンタル
今すぐ観る
30日間無料
2,052円(税込)/月
dアニメストア
dアニメストア

無料見放題
今すぐ観る
31日間無料
440円(税込)/月
amazonプライムビデオ
amazonプライムビデオ

無料見放題
今すぐ観る
30日間無料
500円(税込)/月
ABEMAプレミアム
ABEMAプレミアム

無料見放題
今すぐ観る
2週間無料
960円(税込)/月
music.jp
music.jp

無料レンタル
110円/話
今すぐ観る
30日間無料
1,958円(税込)/月
FOD
FOD Premium

見放題配信
今すぐ観る
976円(税込)/月
disney+
Disney+

見放題配信
今すぐ観る
990円(税込)/月
9,900円(税込)/年
Netflix
Netflix

見放題配信
今すぐ観る
990円(税込)/月
ひかりTV
ひかりTV

配信なし
今すぐ観る
最大2ヶ月無料
1,650円(税込)/月〜
hulu
Hulu

配信なし
今すぐ観る
1,026円(税込)/月
Paravi
Paravi

配信なし
今すぐ観る
1,017円(税込)/月
dTV
dtv

配信なし
今すぐ観る
31日間無料
990円(税込)/月
auスマートパスプレミアム
auスマートパスプレミアム

配信なし
今すぐ観る
30日間無料
548円(税込)/月
クランクインビデオ
クランクインビデオ

配信なし
今すぐ観る
14日間無料
990円(税込)/月
MIERU TV
MIERU TV

配信なし
今すぐ観る
990円(税込)/月
ウォッチャ
ウォッチャ

配信なし
今すぐ観る
1ヶ月間無料
869円(税込)/月
DAZN
DAZN

配信なし
今すぐ観る
3,000円(税込)/月
2,600円(税込)/月
(年間プラン)
AppleTV+
AppleTV+

配信なし
今すぐ観る
7日間無料
600円(税込)/月
TELASA
TELASA

配信なし
今すぐ観る
2週間無料
618円(税込)/月

U-NEXTでアニメ『ワンピース ドレスローザ編』をフルで無料視聴

U-NEXTは、22万本以上の動画が見放題、150誌以上の雑誌が読み放題の、国内最大級の動画配信サービスです。

U-NEXTとは
  • 220,000 本以上が見放題!最新レンタル作品も充実。
  • 動画も書籍もU-NEXTひとつでOK。
  • 毎月もらえる1,200ポイントでお得に。
  • 解約はいつでもOK。

アニメ『ワンピース ドレスローザ編』の動画は、U-NEXTで見放題配信されています。

U-NEXTは31日間の無料トライアルがあり、アニメ『ワンピース ドレスローザ編』の他にも見放題作品は全て無料視聴することができます。

また、無料トライアルの特典で最新作のレンタルに使える600円分のポイントをもらえます。
見放題作品だけでなく最新作も観れる、とても魅力的なサービスです。

U-NEXT

U-NEXTの特徴

月額料金 2,189円(税込)
無料お試し期間 31日間
初回登録特典 600ポイント
継続特典 1,200ポイント
ポイントチャージで最大40%還元
見放題作品数 21万本以上
ポイント作品 2万本以上
ダウンロード機能
対応デバイス スマホ・PC・タブレット・テレビ
同時視聴台数 4台

アニメ『ワンピース ドレスローザ編』のシリーズ作品

アニメ『ワンピース ドレスローザ編』だけでなく、『ワンピース』のシリーズまで無料で視聴できるので、この機会に全シリーズ制覇できるかもしれませんね。

5月17日まで無料!

U-NEXTの登録方法
  1. U-NEXTトップ画面の「まずは31日間 無料トライアル」をクリック
    U-NEXT登録手順
  2. お客様情報を入力
    U-NEXT登録手順
  3. 登録内容を確認して、決済方法を選んで「送信」ボタンをクリック
    U-NEXT登録手順
  4. 登録完了!続いてアカウントを追加 無料で本人+3人のアカウントを追加できます
    U-NEXT登録手順U-NEXT登録手順
  5. これで登録+アカウントの追加が完了

U-NEXTに登録

U-NEXTの解約方法
  1. U-NEXTのトップ画面「メニュー」を選択
    U-NEXT解約手順
  2. 「メインアカウント」の「アカウント・契約」を選択
    U-NEXT解約手順
  3. 「契約内容の確認・解約」を選択
    U-NEXT解約手順
  4. 「解約手続きはこちら」を選択
    U-NEXT解約手順
  5. 解約手続き前の案内が表示されるので確認して「次へ」を選択
    U-NEXT解約手順
  6. 任意でアンケートに答える
    U-NEXT解約手順
  7. 「注意事項に同意する」にチェックをし、「解約する」を選択
    U-NEXT解約手順
  8. 解約手続き完了
    U-NEXT解約手順

TSUTAYA DISCASでアニメ『ワンピース ドレスローザ編』をフルで無料視聴

TSUTAYA DISCASは、TSUTAYAが運営する490,000タイトル以上の豊富な品揃えのCD/DVDの定額制ネット宅配レンタルサービスです。

TSUTAYA DISCAS サービス
TSUTAYA DISCASとは
  • 「新・準新作」DVDは月間8枚までレンタル可能!
  • 「旧作」DVD・すべてのCDなら、枚数制限なし!
  • ご自宅までお届け。返却はポストでOK!もちろん送料無料!
  • アプリで外出先からも予約OK
  • 上限枚数までレンタルできない場合は翌月まで自動繰り越し!
  • Tポイントが貯まる・使える!
TSUTAYA DISCAS サービス

アニメ『ワンピース ドレスローザ編』の動画は、TSUTAYA DISCASで無料レンタル可能です。

TSUTAYA DISCASは初回30日間の無料トライアルがあり、アニメ『ワンピース ドレスローザ編』の他にも無料視聴することができます。

TSUTAYA DISCASの特徴

月額料金 2,052円(税込)
無料お試し期間 30日間
継続特典 新作DVD8本レンタル可能
取扱作品数 49万タイトル以上
レンタル可能枚数
(月間)
「新・準新作」DVDは月間8枚まで(※30日間無料お試し期間中は「新作」はレンタル対象外となります。)
「旧作」DVD・すべてのCDは枚数制限なし
一度に借りられる枚数 2枚

アニメ『ワンピース ドレスローザ編』のシリーズ作品

アニメ『ワンピース ドレスローザ編』だけでなく、『ワンピース』のシリーズまで無料でレンタルできるので、この機会に全シリーズ制覇できるかもしれませんね。

5月16日まで無料!

TSUTAYA DISCASの登録方法
  1. TSUTAYA DISCASトップ画面の「今すぐ無料で登録する」をタップ
    TSUTAYA DISCAS登録手順
  2. 登録情報を入力
    TSUTAYA DISCAS登録手順
  3. 決済方法を選択し、サービス利用規約と個人情報の取扱いに同意するにチェックを入れ、「次へ」をタップ
    TSUTAYA DISCAS登録手順
  4. 登録情報と申込プランを確認し、「登録する」を選択
    TSUTAYA DISCAS登録手順
  5. 登録完了!
    TSUTAYA DISCAS登録手順

TSUTAYA DISCASに登録

TSUTAYA DISCASの解約方法
  1. TSUTAYA DISCASのトップ画面「マイメニュー」を選択
    TSUTAYA DISCAS解約手順
  2. 「登録情報の確認」を選択
    TSUTAYA DISCAS解約手順
  3. 「メニュー一覧」を開く
    TSUTAYA DISCAS解約手順
  4. 「サービス解除申請」を選択
    TSUTAYA DISCAS解約手順
  5. 内容を確認し、「次へ」を選択
    TSUTAYA DISCAS解約手順
  6. 任意でアンケートに答え、「申請を完了する」を選択
    TSUTAYA DISCAS解約手順
  7. 解約手続き完了
    TSUTAYA DISCAS解約手順

dアニメストアでアニメ『ワンピース ドレスローザ編』をフルで無料視聴

dアニメストアは、月額440円(税込)でアニメ見放題作品数No.1の動画配信サービスです。

dアニメストアとは
  • dアニメストアなら今期アニメがいち早く見られる!
  • ダウンロード視聴でスキマ時間を有効活用!
  • 見たい作品がすぐ見つかる!
  • お得なクーポン盛りだくさん!
  • アニメ関連グッズのお買い物も楽しめる!

アニメ『ワンピース ドレスローザ編』の動画は、dアニメストアで見放題配信されています。

dアニメストアは31日間の無料体験があり、アニメ『ワンピース ドレスローザ編』の他にも見放題作品は全て無料視聴することができます。

dアニメストアは、アニメ見放題作品数No.1のアニメに特化した動画配信サービスです。

お得なクーポンも多数あり、アニメ関連グッズのお買い物も楽しめる、アニメ好きな方にぴったりのサービスです。

dアニメストアの特徴

月額料金 440円(税込)
無料お試し期間 31日間
初回登録特典 なし
継続特典 アニソン&ミュージッククリップ聴き放題
見放題作品数 4,600作品以上
ダウンロード機能
対応デバイス スマホ・PC・タブレット・テレビ
同時視聴台数 2台

アニメ『ワンピース ドレスローザ編』のシリーズ作品

アニメ『ワンピース ドレスローザ編』だけでなく、『ワンピース』のシリーズまで無料で視聴できるので、この機会に全シリーズ制覇できるかもしれませんね。

5月17日まで無料!

dアニメストアの登録方法
  1. dアニメストアトップ画面の「初めての方は初月無料でおためし」をタップ
    dアニメストア登録手順
  2. dアカウントをお持ちの場合はIDを入力し、「次へ」を選択
    お持ちでない場合は、「dアカウントを発行する」を選択
    dアニメストア登録手順
  3. クレジットカード情報登録
    クレジットカード番号・有効期限・毛キュリティコードを入力し、「確認画面へ」をタップ
    dアニメストア登録手順
  4. 内容を確認し、「申し込みを完了する」を選択
    dアニメストア登録手順
  5. 登録完了
    dアニメストア登録手順

dアニメストアに登録する

dアニメストアの解約方法
  1. dアニメストアの解約方法
    dアニメストア解約手順
  2. dアニメストアの画面上の方にある「3本線のメニュー」を開く
    dアニメストア解約手順
  3. 「解約」を選択
    dアニメストア解約手順
  4. 「解約する」を選択
    dアニメストア解約手順
  5. チェックボックスにチェックをし、「次へ」を選択
    dアニメストア解約手順
  6. 「手続きを完了する」を選択
    dアニメストア解約手順
  7. 2段階認証を行う 「次へ」を選択
    dアニメストア解約手順
  8. 送られてきたセキュリティコードを入力し「ログイン」を選択
    dアニメストア解約手順
  9. 解約手続き完了
    dアニメストア解約手順

アニメ『ワンピース ドレスローザ編』の話数別あらすじと無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第1話のあらすじ

ドフラミンゴの七武海脱退のニュースは瞬く間に各地へと広がり衝撃をもたらす。さらにルフィとローに続き、キッド、アプー、ホーキンスによる海賊同盟が結成されたことが明らかになった。キッドはルフィたちが四皇の誰を狙っているかを気にする。一方、サニー号ではシーザー受け渡しの交渉が始まった。ドフラミンゴに喉から手が出るほど欲しい物を持っていると告げられるルフィ。まんまとペースに乗せられるルフィだが、ローは会話を遮って取引の話を続ける。まずドフラミンゴはシーザーの無事を確認させろと要求した。

交渉の結果、シーザーはグリーンビット南東のビーチで引き渡すこととなった。サンジは人数を指定しなかったことを危惧するが、ローはシーザーの引き渡しは囮だから構わないと断言する。食事を取りながら今後の事を話し合う一同。そこで、ローがゾウへ向かうことを知った錦えもんは、自分たちもゾウへ向かっていたがドレスローザに漂流したことを話す。そこでモモの助とはぐれ、後を追う自分を逃がすため、カン十郎が捕えられた事情を話し、ルフィに同行を頼む。事情を聞いたルフィはカン十郎を助けることを請け負った。

海軍本部では元帥サカズキの元、将校たちが集められていた。ブランニューは王下七武海の写真を前に、その存在意義について語る。7人の海賊が、他の海賊たちの脅威とならねばならないと言うと、新たにローやバギーたちが加わった七武海だが、ドフラミンゴが脱退し、状況によってはローも除名することになるかもしれず、これでは海軍本部、四皇に続く三大勢力の一つとして不安定すぎるとサカズキに訴える。黙って聞いていたサカズキだが、スモーカーからの訴えで一日様子を見ており、すでに藤虎を行かせてあると答えた。

一方、ドレスローザのドフラミンゴの城へは納得のいかない民衆が押し寄せていた。トレーボルを探すベビー5は、塔に張り付いて外の様子を見ていたトレーボルを見つける。しつこい質問に辟易しながら、ベビー5はドフラミンゴの命令を伝える。一方、ディアマンテにコロシアムの成功をねぎらうドフラミンゴ。そこへやって来たトレーボルは持っていた箱を渡し、その蓋がゆっくり開く。その実、メラメラの実をディアマンテに託すと言い、不気味な笑い声を上げるドフラミンゴ。一方、サニー号はついにドレスローザに到着する。愛と情熱のこの島で、どんな戦いがルフィたちを待ち受けるのか?

「ワンピース ドレスローザ編」1話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第2話のあらすじ

ドレスローザへ到着したルフィたちは、スマイルの製造工場の破壊と錦えもんの仲間の侍を救出するチーム、シーザーの引き渡しを行うチーム、サニー号に残って船の安全を確保するチームの3つに分かれて行動することにした。ローはナミにビブルカードを渡し、もしものときにはゾウで待っている仲間の元へ行けと説明する。さらにドレスローザの地図を見せ、それぞれの役割分担に関して説明しようとするが、それが終わらぬ内にルフィたちのチーム、そして船に残るはずだったサンジが、いつの間にか街へと向かってしまう。

愛と情熱の国ドレスローザ。その港町アカシアへ潜入したルフィたちは美味そうな料理の匂いにメロメロになるが、犬を追いかけるぬいぐるみと遭遇し、おどろいて言葉を失う。玩具の兵隊から、ここでは命を持つ玩具が当たり前のように、人間と共存していることを教えられるルフィたち。騒ぎが起こり、人が刺されたと聞いたゾロは通り魔かと尋ねるが、兵隊はこの国の女は情熱的で、裏切った相手を刺すのはよくあることだと説明される。気を取り直し、食事にしようと告げるルフィ。そこへ杖をつきながら盲目の男が歩いてきた。

錦えもんに出してもらった服と付け髭で変装したルフィたち。ゾロは盲目の男とすれ違い、一目でただ者でないと見抜く。まず店で食事を取ることにしたルフィたち。すぐにでもカン十郎を探そうとする錦えもんだが、フランキーから、まず情報を得るべきだと止められる。やがて料理が届き、妖精の名前がついていたのをきっかけに、玩具の店員からドレスローザには守り神と呼ばれる妖精がいると教えられた。感心する一行は、店の一角が騒がしくなったことに気づく。奥のルーレットで、先ほどの盲目の男が連勝を続けていたのだ。

興奮したギャラリーから歓声があがり、便乗して男に乗って大勝した客たちは口ぐちに礼を言うと祝儀だと言ってチップを差し出した。まぐれだと謙遜する男だが、やがて奥からドフラミンゴの手下たちが現れ、ディーラーに代わって差しの勝負を申し込む。そして、他の客たちは換金のためだと有無を言わさず奥の部屋へと連れていった。勝負が始まるが、白を黒だと盲目の男を騙し、次々とチップを奪っていく手下たち。酷いイカサマだと観客は眉をひそめるが、誰もそれを口にできない。負けが続き、むきになったかに見えた男は最後の勝負として有り金全部を賭けて勝負を持ちかけるが…

「ワンピース ドレスローザ編」2話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第3話のあらすじ

有り金すべてを賭けて最後の勝負に出た盲目の男。周囲が固唾を飲み見守る中、ルーレットが回り、白に賭けた盲目の男が勝利する。手下たちはまたしても黒だと騙しにかかるが、ルフィが男の勝ちだと指摘する。余計なことを言うなと手下たちが脅し、店内は騒然となるがルフィは気にしない。しかし、面子をつぶされた手下たちは収まらず一斉に襲い掛かかってきた。盲目の男はルフィを下がらせ、先ほどまでとは打って変った表情になり、刀を抜くと次々と手下たちを斬り捨てる。そして次の瞬間、手下たちに異変が起こった。

すさまじい圧力で手下たちは身体を床に這いつくばり、激痛に悲鳴を上げる。さらに床に大きな亀裂が走り、地面にできた巨大な陥没に落ちていく。刀を抜き、鞘に収まるわずかな間の出来事に、ただ者ではないとおどろくゾロ。盲目の男は店主に店を壊した詫びを入れると請求先を教えて店を後にする。ルフィは男の強さに感心し、何者なのかと尋ねるが、男は知らないほうがいいこともあると名乗らないまま去ってしまう。まもなく店の中で客の持ち物が突如として消えてしまい大騒ぎになり、ゾロも秋水を盗まれたことに気づく。

血相を変えるゾロと慌てふためく錦えもん。傍にいた玩具から、物が無くなるのはこの国の守り神といわれる妖精の仕業で、大目にみるようにと説明される。当然、納得するはずもなく、ゾロと錦えもんは秋水の所有をめぐり激しい言い争いをする。布包みと秋水が窓枠に引っかかっているのを発見したゾロは、奪い返すそうと窓をブチ割って飛び出して後を追った。ここで迷子になられてはたまらないとサンジが、錦えもんもそれに続く。面白そうだと出て行こうとするルフィだが、フランキーから名案を思い付いたと止められる。

帽子を飛ばされ、ゾロを見失ってしまう錦えもん。それを物陰から誰かが見ていた。一方、フランキーとルフィはドフラミンゴの手下から、捕らわれた侍とスマイルの工場の場所を聞き出そうとする。強がる手下だが、フランキーの力を見せつけられ、あっさり話し始めるが、侍の居場所はおろか、スマイルの存在すら知らなかった。それを知る幹部クラスはコロシアムに出払っているという。一方、コロシアムへは続々と人々が集まっていた。その観客たちの前に優勝賞品が披露される。ルフィも手下の口からドフラミンゴが用意した、ルフィが欲しがるものが、兄エースの形見ともいえるメラメラの実であることを知る。

「ワンピース ドレスローザ編」3話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第4話のあらすじ

コリーダコロシアムでは司会者がバトルショーのルールを説明していた。挑戦者たちは各ブロックに分かれて戦い、勝ち上がって挑戦権を得た後、セニョール・ピンク、デリンジャー、ラオ・G、マッハバイス、そしてコロシアムの英雄Mr.ディアマンテらと戦って勝たねばならない。その姿がスクリーンに映り観客たちは熱狂する。一方、ドフラミンゴがメラメラの実を手に入れたことを聞き出したルフィは誰にも渡さないと決意していた。フランキーからチャンスを逃すなと後押しされ、ルフィはバトルショーへの出場を決める。

秋水を取り戻そうとやっきになって妖精を追うゾロ。そのゾロを追いかけていたサンジだが、偶然出会った美女ヴァイオレットの情熱的な踊りとその美しさのとりこになってしまった。ヴァイオレットの投げたバラを受け取ったサンジはのぼせ上がり、いつの間にかゾロを見失う。周りがカップルばかりだとぼやいて、ロビンとナミが自分を好きになってくれないかと都合のいいことを考えていたところにヴァイオレットが現れ、サンジに自分を抱きしめてほしいと懇願した。サンジはおどろき、言葉も出ないままされるがままになる。

追っ手の目をごまかしたが、興奮したサンジは鼻血を出し床に膝をついてしまう。心配そうなヴァイオレットに見つめられ、サンジは恋をしてしまったと告白する。おどろき、自分は恋を捨てた女だとサンジから身を離したヴァイオレットだが、追われていた理由を聞かれ、恋がこじれて男を刺してしまい、警官に追われていたと明かした。そして自分を責めながらも、問題ないと受け入れてくれたサンジを好きになってしまうと言い、さらにおどろくべきことを口にする。自分を隣町まで護衛して、ある男を殺してほしいというのだ。

ひとまず食堂の厨房へ入ったサンジは、お粗末さをなじり、殴り掛かってきたコックたちを蹴り飛ばすとヴァイオレットのため特製料理を作る。一方、コロシアムへ来たルフィたちは警察に追われる片足の玩具の兵隊、雷兵と遭遇した。コロシアムには海兵、警察が入れないという法律を盾に取って逃れた雷兵に、指名手配の玩具がいるのかと呆れるフランキー。変装したルフィたちを老人だと思い込み、笑わせようとする雷兵だが、フランキーに本当は真面目だと指摘され赤面する。やがてバトルショーの呼び込みが終了間際となり、フランキーにうながされたルフィは出場を申し込んだ。

「ワンピース ドレスローザ編」4話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第5話のあらすじ

優勝賞品となったメラメラの実を手に入れるため、コリーダコロシアムで行われる剣闘会に出場することにしたルフィ。単独行動になるルフィが無茶をしないか心配したフランキーは絶対に名前を明かさないよう念を押すが、登録する際に思わず本名を書いてしまいそうになる。結局、ルーシーと名前を偽ったルフィは、係員に案内されて一人で控室に向かう。その姿を見送るフランキーは、何故か落胆していた片足の兵隊に声をかけた。何か知っていると思ったフランキーは工場について聞いてみると。片足の兵隊はあわて始めた。

謎の女ヴァイオレットと行動を共にすることになったサンジ。ヴァイオレットの魅力にメロメロで、もはや掌の上だ。一方、案内されて選手控室に入ったルフィ。殺気渦巻く中でも飄々としているその姿を見て、選手の一人であるスパルタンは怒って因縁をつけてきた。いきなり殴ってきたスパルタン。その攻撃を軽々とかわしたルフィは、反動を利用して投げ飛ばした。その一撃でスパルタンは床にめり込み、完全にKOしてしまう。大多数の選手はそれを見ておどろくが、何人かの実力者は冷静にルフィの実力を見聞していた。

やがて騒ぎを知った係員が現れ、暴行を働いたとしてルフィに失格を告げる。しかし、傍にいた八宝水軍のサイとブーが、騒ぎを起こしたのはスパルタンのほうだとルフィを弁護した。サイとブーに礼を言うルフィ。その光景を見ていた選手たちは、ほかにも多くの実力者たちがこの戦いに参加していることに気づきおどろく。その実力者の一人、ダガマは語る。メラメラの実は、国家間の戦争をも左右する一大兵器と一緒だと。それゆえにこの戦いは単に個人の思惑だけでなく、国家間が覇を競う熾烈な戦いになっているというのだ。

そのころコロシアムでは、一回戦Aブロックのバトルロイヤルが始まっていた。137人いるAブロックの予選を抜けることができるのは最後に勝ち残った一人だけ。その一人を決めるため、選手たちは激しく戦いを繰り広げる。一方、ルフィは一面に並べられた武器に目を輝かせていた。ここにある武器防具ならどれでも使用できると聞いて、喜々として鎧や兜を試着するルフィ。そんなルフィに防具には重量制限があると教える一人の男。女性係員がその美しさに目を奪われ次々倒れていくほどの美貌の持ち主。彼こそは海賊貴公子の異名を持つ美しき海賊団船長・キャベンディッシュだった。

「ワンピース ドレスローザ編」5話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第6話のあらすじ

ルフィに防具の重量オーバーを教えながら、メラメラの実を手に入れるのは自分だと豪語するキャベンディッシュ。うっかり本当の名前を言ったルフィに控え室は騒然となるが、名札のせいで言い間違えだと思われて事なきを得る。それを聞いていたキャベンディッシュはルフィなら生かしておかないと言う。3年前、2億越えのルーキーとして新世界にデビュー、人々から持てはやされたが、ルフィたち『最悪の世代』の登場でかすんでしまったことを逆恨みし、メラメラの実を手に入れ、後輩たちの命を奪おうと考えていたからだ。

防具を減らして計量をクリアしたルフィ。自分と同じような防具の銅像を見ていると、女剣闘士レベッカに声をかけられる。そして銅像がコロシアム最強と言われた伝説の剣闘士キュロスだと教えてもらい意気投合する。メラメラの実を手に入れドフラミンゴを討つと呟いたレベッカは、ルフィと違うブロックであることを喜び、生きて逢えたらいいと別れる。一方、闘技場ではAブロックの試合でMr,ストアーという覆面の男が圧倒的な力を見せつけていた。熱狂する司会者、観客たちだが、覆面を取った素顔にルフィもおどろく。

Aブロックを制したのは黒ひげ海賊団の一番船船長、ジーザス・バージェス。まさかの大物の登場に場内が沸く中、フランキーはルフィのことを案じながら、スマイルの工場を探すべく観客席を後にする。しかし、片足の兵隊に止められ、行動を共にすることになる。一方、島の各所には海兵たちが潜り込み、情報を収集していた。人目を避け、報告を受けていた男を見つけた海賊宣教師ガンビアは。海兵なのかと追及しようとする。しかし、一瞬で後ろを取られ、やむなく逃げ出そうと反撃するも叶わず、逆に始末されてしまう。

同行者を促し、コロシアムを後にした盲目の男。海軍のコートを羽織り、本来の姿である海軍大将藤虎に戻った。報告を受け、軍艦3隻をグリーンビットへ向かわせ、多数の怪我人に備えて医療班を回すよう指示をする。コロシアムの観客と街の人口を調べるよう言われ、怪訝そうに思う部下だが、藤虎に数えるのは敵ではなく守る人の数だと言われ、大事なことを忘れかけていたことに気づく。藤虎の命令はただちに各所の海兵たちに伝えられ作戦は開始された。一方、ガンビアを始末したメイナードはキャップマンとして潜入を続ける。そのころ、かつて戦ったハイエナのベラミーがルフィに声をかけていた。

「ワンピース ドレスローザ編」6話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第7話のあらすじ

かつて戦ったベラミーと再会するルフィ。一触即発かと思われたが、意外にもベラミーは戦おうとはしなかった。ベラミーから空島へ行ったことを聞かされ、ルフィはスカイピアに手を出さなかったかと聞く。だが、ベラミーは答えをはぐらかし、自分の世界がひっくり返ったと告げた。もはやルフィに恨みはなく、ドフラミンゴの船に乗るためにも優勝すると言うと、お前を笑わないと言い残して試合に向かう。一方、グリーンビットへ向かったシーザー引き渡しチームだが、周囲に生息する闘魚のため、橋の前で足止めされていた。

カフェの店主から闘魚は鉄をも引きちぎり、戻ってきたものがいないと聞き、引き渡し場所を変えろと血相を変えてローに迫るウソップとシーザー。しかし、ローは王が退陣したにも関わらず、街の様子が変わらないことが気になると取り合わない。ロビンは街中に世界最強の諜報機関と呼ばれるCP0の存在を確認し、警戒を強める。一方、カン十郎を探す錦えもんは、追手に囲まれて絶体絶命になってしまう。そのころ、奪われた秋水を追うゾロは、何とか荷物を奪い返そうとするが、捕まえた妖精の姿におどろいていた。

ヴァイオレットとの恋に夢中のサンジだが、塔の上からの狙撃に気づき相手を鮮やかに倒す。しかし、ヴァイオレットに頼られメロメロになっていた。一方、サニー号を守るチョッパーとナミはモモの助の心の傷を案じ、将軍ごっこの真っ最中だ。事情を知らずにナミに膝枕をしてもらおうとして殴り飛ばされたブルックだが、チョッパーから説明され、余興として演奏を始める。だが、その歌声に合わせるかのように、誰もいないはずの船内から物音が聞こえてきた。恐る恐るドアを開けると、そこには歪んだ光景が広がっていて…

歓声に沸くコロシアム。追い詰められ息もたえだえのキャップマン目掛け、腕をクロスさせ狙いを定めるバルトロメオ。まもなく係員が出場選手である二人を探しに来た。呼びかけられ、姿を見せたバルトロメオは試合場へ向かうが、その背後には血を流し倒れたキャップマンの姿があった。通路に陣取り、試合の始まりを待つルフィとキャベンディッシュ。波乱の幕開けとなるBブロック、最後の出場者として大歓声の中、バルトロメオが登場、不敵な笑みを浮かべ観客たちに悪態をつく。ベラミー、そしてバルトロメオ。今、まさに大波乱を予感させる試合が幕を開けようとしていた。

「ワンピース ドレスローザ編」7話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第8話のあらすじ

盛大なブーイングをものともせず、観客目がけて何かを投げ返すバルトロメオ。爆弾だと思い込み、先を争って逃げようとする観客たち。しかし、投げ込んだものがただの黒いボールだとわかった観客はさらにヒートアップ、バルトロメオに激しいブーイングを浴びせた。やがて華々しい戦歴が紹介され、ベラミーが登場する。この試合に優勝することでドンキホーテファミリーの幹部になるというのだ。参加者138人が揃い、人数の多さに誰を見ればいいのかと迷うルフィに、キャベンディッシュは自分の見たてを教えようと申し出る。

バトルロイヤルといえど、実力のあるものだけを見れば十分だと言い放つキャベンディッシュ。エリザベローⅡ世、その軍師であるダガマ、ドレスローザの軍団長であるレパント、ベラミー、そしてバルトロメオらの名を告げ勝ち残るのはこのいずれかだろうと断言した。司会から説明があり、ゴングが鳴って大歓声の中、ついに試合が始まる。さっそく数名に囲まれたベラミーだが、足をバネに変えて一瞬で返り討ちにした。大乱闘となった闘技場で、ただ一人バルトロメオだけは戦おうとせず、不敵な笑みを浮かべて戦いを眺めていた。

乱戦の中、エリザベローⅡ世たちがチームを組んでいることに気づいたベラミー。もはやバトルロイヤルではないと呟くバルトロメオだが、ダガマは結果がすべてだと言い放つ。ダガマはエリザベローⅡ世が放つ、要塞をも砕く破壊力のキングパンチで決着をつけようというのだ。当たれば四皇にも引けを取らないが、1時間のウォームアップと集中力が必要なため、レパントたちに命じてエリザベローⅡ世を守り、頭数を減らす作戦に出ていた。乱戦によりリング外に落ちた選手たちは、水中で次々に闘魚の餌食になってしまう。

ドレスローザの軍団長であるレパントと睨み合うベラミー。金に転んだのかと嘲るが、レパントは意に介さずダガマの指示に従いベラミーに襲い掛かる。以前よりも腕を上げたベラミーの強さに感心するルフィ。キャベンディッシュは不満そうな表情で、ルーキーたちの手配書に激しい憎しみをぶつける。そこへ巨大な足音と共に首領チンジャオが姿を現し、ルフィにガープは元気かと尋ねた。思わず返事をしたルフィにキャベンディッシュも血相を変える。ルフィもしまったと気づくがすでに遅く、チンジャオは以前、ガープによって殺されかけたことがあると言い、孫子の代まで許さないと告げる。

「ワンピース ドレスローザ編」8話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第9話のあらすじ

ガープへの恨みを語るチンジャオと、本物なら命はもらうと詰め寄るキャベンディッシュに挟まれ、逃げ場を失ったルフィ。誤魔化そうとするが通用せず、チンジャオの奇襲攻撃を受ける。咄嗟に避けたものの、今度はどちらがルフィを倒すかを巡って対立、チンジャオの頭突きとキャベンディッシュの名刀、デュランダルが激突する。怒ったルフィはチンジャオを殴るが効果はなく、キャベンディッシュからはこの力はルフィに間違いないと言われる始末だ。なおも暴れるチンジャオだったが、駆けつけたサイとブーが止めに入った。

チンジャオに真の目的を果たすため、引くように説得するサイとブー。騒ぎを聞きつけた係員が現れ、失格になってはたまらないと逃げ出すルフィ。サイとブーは未だ収まらないチンジャオに、同じブロックならバトルで始末すればいいと宥める。壁にしがみつき、逃げたと見せかけたルフィは闘技場に目をやった。すでに半数が脱落、ジンベエの友である魚人空手家のハック、さらに盾を持たずに戦う謎の剣闘士リッキーが快調に勝ち進んでいた。リッキーを見慣れない顔と話す観客だが、一人の老人がどこかで見た戦い方だと呟く。

リングの上ではジェットとアブドーラのコンビが残忍な手口で一気に10人を片づけていた。上機嫌の二人はさらに次の獲物としてタンクに目をつける。一方では格闘家ブルー・ギリーがエリザベローⅡ世のチームに迫る。長い足が繰り出すすさまじい蹴りに及び腰の兵たち。業を煮やすダガマから足を狙えと指示されるが、ブルー・ギリーの巧みな足さばきを前に手が出せず、やけになって突っ込んだものの一蹴されてしまう。手ごたえのなさをバカにするブルー・ギリーだが、その背後にリッキーが現れ、剣を向けているのに気づく。

タンクに襲い掛かったアブドーラ。その背後からジェットが斬りつけるという卑怯な攻撃でタンクを倒す。観客のブーイングに動じず次の相手は誰だと挑発するが、突っ込んできたベラミーにより一瞬で葬られる。両手を上げ会場の声援に応えるベラミー。しかし、ここで信じられないことが起こった。戦う様子を見せなかったバルトロメオが用を足し始めたのだ。あまりの不真面目さに、断りを入れながら背後から攻撃するハック、しかし、倒れたのは正拳を叩き込んだはずのハックだった。ルフィも何が起きたのかとわからず、会場の誰もがおどろきを隠せずにいる中、バルトロメオは不敵な笑みを浮かべる。

「ワンピース ドレスローザ編」9話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第10話のあらすじ

身体に触れることなくハックを倒したバルトロメオ。まさかの大番狂わせに観客席から罵声が飛び交った。リング上では乱戦状態が続き、ブルー・ギリーの蹴りを受けたリッキーが倒れ、刃のない剣を使うことを嘲笑されながらも、ドフラミンゴへの憎しみを口にする。雇われた選手たちは命令に従いブルー・ギリーへ刃を向けるが、ダガマに背後から斬られてしまう。実はダガマはブルー・ギリーと組んで他の選手たちを駒として利用していたのだ。しかし、そのダガマも最後はブルー・ギリーの裏切りで、水中へ落下してしまう。

戦う素ぶりを見せないバルトロメオ目がけ攻撃を仕掛けたベラミーだが、ハック同様はじき飛ばされる。すぐ反撃に出るが、命中したかに見えた渾身の一撃も通じず、何の能力者なのかと苛立つ。一方、ダガマを失い、孤立したエリザベローをブルー・ギリー、さらに裏切った者たちが狙う。エリザベローはブルー・ギリーの挑発をかわし、ダガマの作戦で守られていたのはお前たちだと言い放つ。不気味な地鳴りが起き、観客たちはキング・パンチについて噂する。ウォーミングアップを終了したエリザベローがついに動きを見せた。

片足の兵隊に連れ出されたフランキー。こんなことをしている暇はないとその場を離れようとするが、物騒な発言の理由を尋ねられ言葉につまる。一方、エリザベローのキング・パンチを怖れ、観客たちが外へと逃げ出す。倒れながらもベラミーがバルトロメオの襟首を掴むが、エリザベローのただならぬ気配を感じていた。一気にかたをつけようとエリザベローに襲いかかるブルー・ギリーだが間に合わず、エリザベローのキング・パンチがさく裂。轟音と土煙が起こり、その凄まじさにコロシアムの外では人々が何事かと噂する。

一人リングに立つエリザベローに歓声を上げる観客たち。ルフィもその威力におどろくが、土煙が収まると、えぐられたリングにはバルトロメオの姿が残っていた。おどろくエリザベローに、自分がバリバリの実のバリア人間だと明かしたバルトロメオは、エリザベローを弾き飛ばし戦闘不能にする。激しいブーイングを受けながら、悪態をつくバルトロメオだが、メラメラの実をある人に渡すためと胸のうちを呟く。一方、片足の兵隊に自分が工場を壊す代わりに場所を教えろと迫るフランキー。だが、兵隊は働かされる仲間を救うことが先だと言うと、ドフラミンゴに逆らう覚悟があるならすべてを教えると告げた。

「ワンピース ドレスローザ編」10話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第11話のあらすじ

大乱戦の末、Bブロックを制したのはバルトロメオだった。コロシアムに観客のブーイングが飛び交う中、キャベンディッシュたちがいないことを確かめ、ルフィは控室へ戻る。負傷したべラミーを見つけてねぎらいの言葉をかけるが、ベラミーは敗北したのは自分の力不足だと自らをあざ笑う。すでに覇気を始めとするルフィの実力を認めていたのだ。そして、ルフィがなぜ自分を応援したのかとたずねた。偶然、その場を通りがかったバルトロメオは、ベラミーがルフィを『麦わら』と呼んだことを聞き、ただならぬ反応を示す。

一方、ローたちは危険を承知で鉄橋を渡り始めていた。だが、予想通り闘魚の群れが出現、キリがないため、無視して一気に走り抜ける。ローはウソップにシーザーの錠を外させ、闘魚の始末を命令した。心臓を握られて逆らえないシーザーは闘魚を始末するが、ローが戦わないことをなじる。さらに闘魚が突っ込んでくるが、橋の向こう側から飛んできたモリが命中した。話声が聞こえるが、呼びかけに応じず魚と共にを姿を消してしまう。シーザーにつかまり島へ移動したローたちは、ようやく目的地のグリーンビットに到着する。

大波乱のBブロックに続き、バトルショーの予選が再開、いよいよルフィたちCブロックの入場が迫る。アナウンスの呼びかけに意気込むルフィ。コロシアムでは司会による注目選手の紹介が行われていた。新世界のセントラル格闘界V2覇者イデオや、億越えの海賊も標的とする殺し屋ファンク兄弟、エルバフの巨人戦士ハイルディン、狙った獲物は必ず追いつめる追剥のジャン。なんと死神と呼ばれる闘牛までも出場していた。さらに大本命として花の国よりサイ、ブーとその祖父であり伝説の海賊首領チンジャオがコールされる。大激戦となることは間違いなく、コロシアムで観客たちは試合の開始を待ちわびていた。

時を少しさかのぼり、すっかりヴァイオレットにのぼせ、隣町までの警護を引き受けたサンジ。目的の場所を前にヴァイオレットは意外なことを言い出した。サンジに人を殺すことを頼んだことを後悔したので、このまま立ち去ってほしいと言うのだ。その涙を見たサンジは理由を聞かず、一人で倉庫に向かう。ドアを蹴り破ったサンジは襲われるが、一気に全員を片付けてしまう。逆上した男はヴァイオレットを人質に取るが、サンジを怒らせ蹴り飛ばされる。助け出されたヴァイオレットはサンジにもう一つお願いがあると言い、サンジの手足に錠をかけると豹変、バカな男だと言い放ち冷たくほほ笑んだ。

「ワンピース ドレスローザ編」11話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第12話のあらすじ

巨大な植物の生い茂る島グリーンビットへ上陸したウソップたちは、座礁した海軍の船を発見する。やがて海兵が現れるとロビンが言うと、シーザーは海楼石の錠を付けたままでは捕まると怒る。海兵がなぜ島を訪れたのかと意味ありげに尋ねるロビンをはぐらかしながら、ローは取引を続行すると断言した。様子を探るため、ひとまずロビンとウソップが先に森へ入ることになる。偶然、海軍が何者かに身ぐるみ剥がされる現場に居合わせ、目にも止まらぬスピードで動く物体を捉えるロビン。その手にはなんと小人の姿があった。

ドレスローザの港町アカシア。必死に走るゾロだが、方向を間違え胸元の少女に叱責された。時を少しさかのぼる。刀を奪い返そうとしたゾロは、妖精の少女と遭遇した。我が目を疑い言葉を失うゾロに、妖精の少女は姿を見られたとパニック状態になりながらも、トンタッタ族のウィッカと名乗り、自分の姿を見たことを秘密にしてほしいと願う。さらにウィッカは自分が偵察部隊の一員で、ドンキホーテの仲間がサニー号に向かったことを報告しなければならないと訴えた。その話を聞いたゾロは、自分が麦わらの一味だと明かす。

自分のドジさを嘆き、地面をたたき割るウィッカ。その身体からは想像もできない力に圧倒されながら話を聞き出したゾロ。こうしてはいられないと、急いでサニー号へ戻ろうとするが、方向音痴を指摘され、ウィッカを仲間の元へ送り届けることを条件にやむなく行動を共にする。一方、コロシアムではCブロックの開戦を前に、出場者たちの緊張が否応もなく高まっていた。ガープをルフィに重ね、憎しみでエキサイトするチンジャオを目的を果たす前に失格になると、必死に宥めるサイとブー。その執念にルフィは呆れていた。

ヴァイオレットの罠により、まんまと捕らわれたサンジ。男たちに痛めつけられ、床に倒れた姿を冷たい目で見下ろすヴァイオレットは、サンジの考えなど全て見透かしていたと言う。しかし、なおもヴァイオレットを信じるサンジに、苛立ちから顔面を蹴りつけ自分がすべてを見透かすギロギロの実の能力者だと明かした。サンジの頭の中から直接、ローとルフィの同盟の真の狙いを探ろうとするが、すぐさま悲鳴を上げ床に座り込む。サンジの頭の中は女性で一杯だったからだ。そんなことができるはずはないと怒るヴァイオレットだが、女の涙を疑わないという強い信念を前に心が揺らぎはじめ、目に涙を浮かべる。

「ワンピース ドレスローザ編」12話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第13話のあらすじ

傷つき倒れながらも信念を曲げずヴァイオレットを信じるサンジ。男たちはどこまでだまされるのかとサンジをあざ笑い、全員で襲いかかるが、ヴァイオレットの技で気絶する。ヴァイオレットはサンジの錠を外し、涙を浮かべ敵である自分を信じてくれたことに礼を言う。ヴァイオレットの身を案じたサンジは一緒に島を出ようと説得する。しかし、ヴァイオレットはサンジたちがすでにドフラミンゴの罠にはまり、行動は全て筒抜けだったと教えると自分の頭の中をのぞかせた。そこにはおどろくべき事実が記されていたのだ。

うたた寝から目覚めたレベッカは、外から聞こえる声で、フランキーと片足の兵隊を見つけ呼び止める。片足の兵隊はレベッカが闘技場で戦うことを咎めるが、レベッカは勝ったら一緒に暮らそうと懇願した。こらえきれず涙を流すレベッカを叱責すると兵隊はフランキーと行ってしまう。よかったのかと尋ねられ、片足の兵隊はだから急ぐのだとつぶやく。一方、捕えた小人から事情を聞こうとしたロビンとウソップだが、小人の仲間たちにより麻酔で眠らされてしまう。小人たちは自分たちを見たものは生かしておけないというのだ。

話し声で目を覚ましたロビンだが、身体を地面に縫い付けられ身動きできない。小人族の戦士であるレオから抵抗をやめろと言われ、誤解を解こうとするロビン。レオは自分がヌイヌイの能力で地面に縫い付けたと明かし、ここが小人たちの国トンタッタ王国で、どんな植物でも育てられることを教えてもらう。今は事を荒立てないほうがいいと思ったロビンは小人たちを説得した。一度では納得しなかった小人たちだが、ロビンの二度の説得にあっさり納得、戒めを解いてしまう。トンタッタ族の信じやすいことにロビンはおどろく。

トンタ長ガンチョから、ゆっくりするよう言われ、小人たちから歓迎されるロビン。だが、すでに取引まであとわずか。ローに連絡を取ろうとしてあわてるロビンはひとまずここを離れようとするが、その行動で小人たちの友好ムードが一変、武器をくれと要求する。何もないと答えるロビンだが、くれなければ身ぐるみを剥ぐと囲まれてしまう。しかし、飛び込んできた別の小人がロビンをヒーローの仲間だと言ったため攻撃が止まる。ウソップが小人たちにどんなウソをついたのかと訝しがるロビン。シーザー引き渡し刻限まであと2分。グリーンビットのローのもとに、サンジからそこを離れろという連絡が入った。

「ワンピース ドレスローザ編」13話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第14話のあらすじ

シーザー引き渡しまであと2分。ドフラミンゴを待つローのもとに、サンジから連絡が入った。ドフラミンゴを裏切ったヴァイオレットと一緒に逃げ回るサンジたちは、組織の追跡に苦労している真っ最中だったが、入手した情報は一刻を争うものだったのだ。その情報とは、ドフラミンゴが王下七武海を脱退していないという衝撃的なものだった。あまりの衝撃に状況がつかめないロー。話は少し時間をさかのぼり、ヴァイオレットの能力でサンジが見せられた映像、麦わらの一味がドレスローザに到着する少し前の出来事だった。

七武海を脱退、さらに国王の座まで辞任したドフラミンゴのもとに、国民たちが真意をたずねようと集まっていたところ、世界貴族直轄の組織CP-0の船が現れた。そして、ドフラミンゴのことはすべて誤報だったと伝えたというのだ。しかもこのことは正式に発表されるまで秘密で、海軍元帥サカズキでさえ知らない事実だった。愕然とするローの前にロビンの分身が現れ、自分とウソップは動けないが無事であることを伝える。ローの武運を祈りながら消えるロビン。やがてローの前に、ドフラミンゴと海軍大将の藤虎が現れた。

そのころコリーダコロシアムでは、ルフィが出場するCブロック予選が始まっていた。ルフィが変装して出場していることを知ったキャベンディッシュは乱入しようとする。しかし、寸前で係員たちに止められ、そのため、ルフィが出場していることを抗議しても聞いてもらえないでいた。一方のルフィは順当に周りの選手たちを倒していくが、正体を隠すためゴムゴムの能力を使えないことに苦慮する。それでも周囲の選手たちを圧倒するルフィの姿は徐々に観客たちに注目され、やがて大きな声援を受けるようになっていった。

余裕の笑みを浮かべるドフラミンゴに対して、憤りのない怒りをあらわにするロー。わずか10人程度の自分と麦わらの一味をだますためだけに世界中をあざむいたことに不条理を感じたからだ。大きなマジックほど意外に簡単なところに種があると言うドフラミンゴに、ローはそんなことは思いついてもできるものでないと反論する。そして、世界政府を使ってこんなことができるとしたら天竜人くらいだと言ったローは、ヴェルゴの残したドフラミンゴの過去を知らないことが命取りになると言う言葉を思い出す。やがてドフラミンゴは、笑顔のまま怒りをあらわにすると、ローに「お前を殺したかった」と告げた。

「ワンピース ドレスローザ編」14話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第15話のあらすじ

ドフラミンゴと海軍大将藤虎に挟まれ、まさに絶体絶命となったロー。藤虎はシーザーがドフラミンゴの部下なら恩赦だと判断した。そして次にローについて言及する。藤虎はルフィと同盟を組んでいれば黒、部下ならば白で捕えないという。ひとまずローは時間を稼ぐため同盟だと答える。ならば逮捕すると藤虎が刀を抜いたその瞬間、上空から巨大隕石が落ちてきた。その場にいた全員が散り散りに逃れたかに思えたが、土煙が収まり、ロー、藤虎、ドフラミンゴの3人だけが足場と共に現れる。藤虎はほんの腕試しだと告げた。

コロシアムを離れ、片足の兵隊とお花畑へ向かうフランキーのもとに、ヴァイオレットと逃走中のサンジから連絡が入った。互いの無事を確認し、状況を整理するサンジとフランキー。追手が近くまで来ていることを知ったヴァイオレットは、サンジに工場がオモチャの家と呼ばれていると教え、場所を記したメモを渡す。裏切り者であるヴァイオレットの身を案じ、必ず逃がすと約束するサンジだが、錦えもんが飛び込んできて見失ってしまう。錦えもんはカン十郎を救うため、サンジにオモチャの家に同行してほしいと頼むのだった。

波乱のCブロックで順調に勝ち進むルフィ。その予想外の活躍は観客の心を掴み、声援を受ける。だが、土煙の向こうから狂暴な殺人牛ブルータルブルが現れた。かつて、コロシアムで死刑囚たちを相手に戦い、そのパワーと鋭いツノで半数以上を地獄送りにしたという伝説を持つ猛牛だ。楽しそうにブルータルブルを相手にし、素早く突進をかわすルフィ。正面から向かいあうが、ルフィの覇気でブルータルブルは完全に戦意を失う。ブルータルブルを気に入ったルフィは、背中に飛び乗ると両手を上げガッツポーズをとるのだった。

グリーンビットの森、地下のトンタッタ王国では、地上からの激しい振動を受け、小人たちがパニック状態となっていた。しかしウソップは、これは自分の覇気だと嘘をつく。感激する小人たちを前に、事情がわからず戸惑うロビンだが、ウソップが自分たちをあの、うそつきノーランドの子孫だと嘘をついていると聞いて呆れてしまう。ノーランドは400年前にトンタッタを訪れ、悪い大人間に困っていた小人たちに力を貸し、勝利に導いた伝説のヒーローだというのだ。その嘘を信じ込んだ小人たちは、決戦の日に現れたウソップに、ノーランドと同じく自分たちと一緒に戦ってほしいと言い出した。

「ワンピース ドレスローザ編」15話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第16話のあらすじ

ドンキホーテファミリーの幹部、アトアトの能力者ジョーラの急襲を受けたサニー号。男部屋の変わりようにおどろくナミたちだが、ジョーラのイメージの塊をぶつけられ、今度は自分たちがとんでもない姿に変えられてしまう。ジョーラに元に戻せと詰め寄るナミ。逆にジョーラはモモの助を渡せば元に戻すとナミに取引を持ちかけるが、従わないとみて、再びイメージの塊を投げつける。ナミが抜け穴の蓋でそれを防ぎ、みんなは甲板から逃れた。隙を見たチョッパーがソルジャードッグシステムを動かし、全員が海上へと脱出する。

自分たちが囮になってジョーラをサニー号から引き離そうとしたナミたちだが、勝ち誇るジョーラの思い浮かべたイメージにより、サニー号はとんでもない姿に変えられてしまう。さらにジョーラは待機中の潜水艦を呼び寄せた。逃げ場を失ったナミたちに、ジョーラはドフラミンゴの命令で、モモの助を誘拐、さらに船を奪いルフィたちを逃がさないようにしたと明かす。一方、コロシアムの選手控室では、負傷したリッキーがマスクを取るのを嫌がり、頑なに手当を拒むが、レベッカに治療を勧められ、おとなしく引き下がっていた。

白熱するCブロックの試合をよそに、恐るべき計画が進んでいた。ドフラミンゴが、無様な姿をさらしたベラミーにルフィ暗殺を命令してきたのだ。試合ではルフィに応援されたこともあり、ベラミーの心中は穏やかではない。そのころ、リング上ではブルータルブルの背に乗り、縦横無尽に大暴れするルフィに声援が集中していた。その人気ぶりを忌々しそうににらむキャベンディッシュに、ルフィを狙うなと暗に釘を差すバルトロメオ。だが、キャベンディッシュのルフィへの憎しみは深く、邪魔は許さないと言い返されるのだった。

リングでは、巨人族の戦士ハイルディンが、凄まじいパワーでライバルたちをなぎ払っていた。そして、メラメラの実を手に入れ、全巨人族の王になると息巻く。そこへ爆走するルフィとブルータルブルが足にぶつかってケンカを売った形になった。ハイルディンは盾で力まかせに押しつぶしにかかる。誰もがハイルディンの勝利を確信したかに見えたその時、土煙の中からルフィが現れた。倒れたブルータルブルの額にそっと手を置くと、無言のままハイルディンの正面に立って睨みつけるルフィ。観客が固唾を飲んで見守る中、ルフィはギア2を使い、拳を覇気で硬化させると、怒りの一撃をハイルディンに叩き込んだ!

「ワンピース ドレスローザ編」16話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第17話のあらすじ

渾身の一撃を放ち、巨人族の戦士ハイルディンを倒したルフィ。まさかの勝利にレベッカをはじめとする誰もがおどろき、割れんばかりの歓声が上がる。しかし、ルフィは応えようとせず、倒れたブルータルブルにねぎらいの言葉をかけると、安全な場所へ運ぶ。一方、イデオは倒れたハイルディンを一瞥すると、破壊砲で場外へ吹き飛ばした。爆発に劣らないパンチの威力を見せつけ、優勝するのは自分だとファイティングポーズを取ってルフィを挑発するイデア。その力を認めたのか、ルフィも毅然とした表情になって構えた。

お花畑を目指していたゾロとウィッカだが、方向音痴のゾロのせいで、いまだ街中から抜けられずにいた。迷いすぎと責められ、殴られたゾロは腹を立てウィッカを放り出す。だが、すぐに迷子となったゾロが現れた。ウィッカは仲間の元へ連れて行ってほしいと頭を下げ、二人は再びお花畑へ向かう。グリーンビットでは、ローが藤虎とドフラミンゴを相手に苦戦していた。ローは時間を稼ごうと森へ逃げ込むが、その考えはドフラミンゴに見抜かれ、執拗な追跡を受ける。さらに藤虎たちも追いつき、完全に逃げ場を失ってしまう。

コロシアムではルフィとイデオの一騎打ちが始まる。イデオのパンチをかわし、その威力に感心するルフィ。一方、優勝候補の首領・チンジャオ、その孫であるサイとブーが快進撃を続けていた。何人かがまとめて襲うが、チンジャオの一喝と覇王色の覇気に当てられみんな気絶する。だが、追剥のジャンだけは倒れず、鼻歌まじりで武器を拾い集めていた。ジャンを狙って相棒を奪われたと逆恨みして襲い掛かる者がいたが、拾った武器で反撃されてしまう。大事な相棒なら監獄まで奪いに行けと、暗にルフィのことを口にするジャン。

ファンク兄弟の残虐ファイトに眉をひそめる観客たち。何とか兄を止めようとするボビーだが、チビだとバカにされ怒りに我を忘れたケリーは聞く耳を持たない。それを見たブーはケリーを挑発、一発でのしてしまう。さらにボビー目がけ斧を振り下すが、覇気を纏わせた斧は折れてしまった。信じられないブーをよそに、ケリーはボビーに早く羽織れと指示をする。次に観客が見たのはボビーではなく、巨大化したケリーに滅多打ちにされたブーだった。そのころ激突した勢いでルフィの兜が外れ、ジャンの手に渡ってしまう。必死で素顔を隠すルフィ。さらにガープへの憎しみを燃やす首領・チンジャオが迫っていた。

「ワンピース ドレスローザ編」17話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第18話のあらすじ

大混乱となったCブロックは、残る40名あまりが激しい接戦を繰り広げ、戦いは終盤に差しかかろうとしていた。ルフィから兜を奪った追剥のジャンは、首領・チンジャオから命を狙われるルーシーこそ、本物のルフィに違いないと武器を拾い集め、その命を奪う機会を伺う。一方、快進撃を続けるケリー。実はケリーが巨大化したかに見えていたが、ジャケジャケの能力で弟のボビーに自分を着せ、その人格を乗っ取っていたのだ。この姿こそ殺し屋ファンク兄弟の正体で、凶暴かつ圧倒的なパワーによって、ブーをKOしてしまう。

倒れた弟ブーを無言のまま見下ろすサイ。その心中をからかい、わざと怒らせて勝負を仕掛けたケリーだが、目的のため情を捨てたサイには通用せず、あっけなく一蹴されてしまう。ブーの仇を討ち、割れんばかりの大歓声を受けるサイの実力を買い、イデオが勝負を挑んできた。一方、サニー号からジョーラたちを引き離すため、二手に分かれたナミたちは隙を突いて雷を起こし、ジョーラたちの船を沈めることに成功する。コロシアムでは、兜を取り戻そうとするルフィの前に山のように武器を集めたジャンが立ちふさがっていた。

兜を取り戻そうとするルフィ目がけ、武器の雨を降らせるジャン。インぺルダウンからの脱獄犯を捕え、大儲けさせてもらった礼を言いながら、いずれはルフィを始め、バギーやジンベエ、イワンコフたちすべてを捕えると言い、他にも凶悪な脱獄者の居場所をつきとめていることを明かす。だが、頼みの武器は一つも当たらず、全てよけられてしまい、ルフィを追ってきたチンジャオの腹に刺さってしまう。予想外のことにおどろくジャンだが、隙をつかれたルフィに兜を奪われ、怒ったチンジャオの頭突きで場外へ飛ばされてしまう。

イデオとサイの熾烈な戦いは続き、一進一退の勝負を繰り広げる。観客たちの興奮はもはや最高潮となった。ようやく兜を取り戻したルフィに、チンジャオは祖父ガープへの激しい憎しみをぶつけ、ルフィの命を奪うことで晴らすと宣言する。埒が明かず、ついに覚悟を決めたルフィはギア2を発動した。そこへ割って入る形となったサイとイデオを、それぞれ邪魔だと一撃でぶっ飛ばしてしまう。二つの覇王色の覇気が激突することで、コロシアムにすさまじい振動が起こり、気絶する者が続出する。そして、ついにリング上に残るのはルフィとチンジャオの二人だけとなった!

「ワンピース ドレスローザ編」18話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第19話のあらすじ

覇気のぶつかり合いによって、ほとんどの選手たちが場外に飛ばされた。残るのはルフィとチンジャオのみ。攻撃の手を緩めようとしないチンジャオだったが、いきなり声を上げ、大粒の涙を流し始めた。呆気にとられる観客たち。そしてチンジャオは自分からすべてを奪ったガープへの恨みを晴らすと言うと、ふたたびルフィに襲い掛かかる。一方、コロシアム周辺では錦えもんとサンジが思わぬ足止めを食っていた。出入り口を始め、付近にはバトルショーに出場した犯罪者たちを捕えようとする海兵たちで固められていたからだ。

しかし、すでにA、Bブロックの予選が終了しているのに、誰一人出てこない。さらに内部に送り込んだメイナードからの連絡が途絶えていることに不審を抱くバスティーユ中将。一方、片足の兵隊からフランキーは衝撃の事実を教えられる。この国には10年前、ドフラミンゴが定めた2つの法があった。1つは午前0時過ぎの外出禁止、もう1つはオモチャと人間はそれぞれの家に入ってはならないというものだ。さらに、この国のオモチャが元は人間で、ドフラミンゴの連れてきた能力者によってオモチャに変えられたと聞かされる。

ガープへの憎しみを燃やし、なおも執拗にルフィを狙うチンジャオ。激しい攻撃にゴムゴムの風船で応戦、頭から突っ込んでくるのを抱え上げ、床に叩きつけたルフィ。ようやく倒れたかに見えたチンジャオだが、今度は逆さになったまま合掌すると、頭を軸にして高速で回転を始め、竜巻のような渦を起こしてルフィに接近してきた。ガープへの恨みを口にするチンジャオに、事情はわからないものの、メラメラの実を手にいれるためにもここで退くわけにはいかないと、渦の中心目がけて放ったルフィの銃乱打がさく裂する。

そのころグリーンビットではドフラミンゴと藤虎に追われるローが、サニー号のナミたちと連絡が取れないことに焦っていた。その地下に住むトンタッタ族から、ノーランドの子孫として歓迎されていたウソップとロビン。調子に乗ったウソップが、地上の震動を自分の覇気だとウソをつき、感心した小人たちから決戦を導いて欲しいと頼まれていた。ドフラミンゴ相手の戦いと知っておどろくウソップだが、もはや引っ込みがつかないまま、闇の工場で働かされる500人の仲間とマンシェリー姫を助けにいくことを引き受けてしまう。そしてドンキホーテファミリーが動き出したという報せが届き、新たな戦いの幕が上がる。

「ワンピース ドレスローザ編」19話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第20話のあらすじ

思わぬことからロビンと共に、伝説のヒーロー、ウソランドとしてトンタッタ族を率いて戦うことになったウソップ。案内された地下通路はグリーンビットからドレスローザへと通じていて、間もなくエアポートへ到着する。すでに離陸を待つばかりのイエローカブ、ピンクビーの昆虫部隊が集結、ウソップたちもリニアフォックスに乗って出撃した。トンタ長であるガンチョはウソップとロビンの元に現れ、一緒に戦ってくれることに礼を言うと、ドフラミンゴとトンタッタ族の因縁は10年どころか、約900年前に遡ると語り始める。

広大なひまわり畑の地下へ案内され、外見からオモチャだと勘違いされたフランキー。そこには片足の兵隊を隊長とする部隊がいて、強大な戦力が加わったと歓迎を受けた。さらに小人たちに混ざってコロシアムの中継に夢中なゾロと再会する。小人たちの話ぶりからウソップが自分たちを巻き込んで嘘をついていると見抜き、自分たちもウソランドの仲間だと名乗ったゾロは、ドフラミンゴの手下に襲われているサニー号に戻る途中だったことを思い出す。そのころ、コロシアムではルフィとチンジャオの一騎打ちが続いていた。

チンジャオの攻撃に反撃するルフィ。激しい技と技のぶつかり合いに決着はつかない。一方、グリーンビットではドフラミンゴに追い詰められたローだが、割って入ったシーザーを利用して逃れることに成功する。サニー号ではアートな姿に変えられたナミがジョーラと戦おうとするが、天候棒(クリマタクト)までも変えられ反撃できない。ブルックも同様で、追いつめられたナミたちにジョーラが迫る。そこへローからの連絡が入り、助けを求めたチョッパーだが、シーザーを引き渡すため急いで来るように言われ、連絡が途絶えてしまう。

一度は逃れたものの、ドフラミンゴの執拗なまでの追跡によって再び追いつめられたロー。その姿を見降ろしながら、ドフラミンゴはシーザーの心臓を渡すように要求すると、ローが同盟を組んだ、頼みの綱であるルフィは二度とコロシアムから出ることはできないと不気味な言葉を吐いた。メラメラの実をエサに各地から名うての猛者を集めたバトルショーこそ、ルフィの命を奪うためにドフラミンゴの仕掛けた恐るべき罠だったのだ。不敵な笑みを浮かべながら、ドフラミンゴはローに同盟は終わりだと無慈悲な最後通告を突き付けるのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」20話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第21話のあらすじ

Cブロック勝者の座を賭けたルフィとチンジャオの一騎打ち。互いの技が激しくぶつかり合い、素早い動きはもはや観客たちには見ることすらできない。しつこい攻撃にうんざりしながらも、その強さに感心したルフィだが、それがきっかけでチンジャオを逆上させてしまう。かつての自分の強さはこんなものではなかったと、なおもルフィにガープへの憎しみをぶつけるチンジャオ。ルフィに事情も知らずにわかるはずがないと言い返され、意を決したように30年前、ルフィの祖父ガープと自分の間に何が起こったのか語り始めた。

かつて、チンジャオは八宝水軍を率いた海賊で、先祖から伝わる数えきれない財宝を持っていた。その隠し場所は宝玉氷床とよばれる分厚い氷の下で、開けるためには一点にすさまじい力を込めねばならず、それができるのは錐のような頭を持つチンジャオだけだ。しかし、ガープの硬い拳との激突で肝心の錐が頭にめり込んでしまう。それ以来、二度と氷を割ることができず、絶望したチンジャオは海賊をやめた。だが、思いがけずルフィの出場を知って、その命を奪うことで自分の受けた絶望をガープに思い報せようとしたのだ。

チンジャオとガープの因縁を聞かされたルフィだが納得できない。しかし、チンジャオはかつての力を失った自分と対等に戦うレベルでは実力不足だと鼻で笑い、白ひげ亡き今、見栄えがするのは黒ひげくらいだと挑発した。そして、あくまでもルフィにガープの罪を償えと迫り、再び攻撃を仕掛ける。高速回転しながら四方に飛ぶチンジャオを素早くかわし、腕を伸ばして動きを止めると、ルフィはゴムゴムの鷹ライフルで吹っ飛ばす。すぐさま起き上がってきたチンジャオはレイリーとエースを罵倒して、さらにルフィを挑発する。

30年の恨みを込め、チンジャオが最後の攻撃を仕掛けてきた。上空から放ったルフィのゴムゴムの象銃とチンジャオの無錐釘が激突する。すさまじい気迫と力がぶつかり合うが、ルフィの力が競り勝ち、拳がチンジャオの頭にめり込んだかに見えたそのとき、チンジャオに異変が起きた。なんとガープによってめり込んだ部分が殴られたショックで錐のように飛び出してきたのだ。そして真っ逆さまに落下したチンジャオは頭の錐でリングを真っ二つに割り、水中へと落下してしまう。チンジャオが場外に堕ち、観客の声援に応えるルフィ。激しい戦いの末、ルフィはついにCブロックを勝ち抜いたのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」21話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第22話のあらすじ

チンジャオとの一騎打ちに勝利してCブロックの勝者となったルフィ。すでにABブロックからはバージェス、バルトロメオが決勝戦への出場を決めており、残るはDブロックの試合のみ。しかし、ルフィとチンジャオのバトルでリングは大破したため、試合は一時中断となった。控室に戻ろうとしたルフィを、キャベンディッシュが襲い大騒ぎになる。一方、野次馬たちがルフィのことをバカにするのを聞いたバルトロメオは烈火のごとく怒り、バリアで締め上げるとルフィを海賊王になる男だと、かつて自分が見た光景を語り始めた。

かつてバルトロメオは暗黒街のボスだったが、ローグタウンでルフィが奇跡の生還を果たすのを見て以来、憧れるようになったのだ。キャベンディッシュの無礼に怒りながら、緊張でルフィに話しかけられないバルトロメオ。一方、キャベンディッシュにうんざりのルフィのもとに、チンジャオがやって来た。すでに争う気はなく、頭の錐を元に戻してくれた礼を言おうとしていたのだが、事情を知らないルフィは面倒はごめんだと逃げ出した。見かねたレベッカに助けられ隠れた直後、ルフィは黒ひげ海賊団のバージェスと遭遇する。

バージェスの話す相手が黒ひげだと知って無視できないルフィ。黒ひげはルフィがいることを知ると、エースの名を出し、メラメラの実は自分たちがもらうと挑発した。絶対に渡さないと言い返すルフィ。その後、弁当の売店で試食をしまくるのを見かねたレベッカに弁当をおごってもらい、ようやく獄舎と呼ばれる剣闘士の宿舎へ到着するルフィ。ゲストはほとんど来ることがないと聞き、ルフィはようやく安心して弁当を食べ始めた。しかし、弁当はルフィの分だけで、食べないのかと聞かれたレベッカはお腹が空かないと答える。

突然、檻の中から押さえつけられるルフィ。囚人たちに促され、ルフィに剣を向けたレベッカだが、かわされた挙句、押さえこまれてしまう。自分の負けだと観念するレベッカだが、ルフィは弁当のお礼と、殺意を感じなかったと許した。檻の中には傷つき包帯だらけの囚人たちがいて、みんなドフラミンゴに逆らった罰で、囚人剣闘士として戦わされていた。レベッカもその一人で、百勝すれば解放されるが、生き延びた者はおらず、脱走すれば死刑だという。レベッカはおもちゃの兵隊が自分たちを解放するために戦おうとしていることを明かし、メラメラの実を手に入れ、自分が兵隊を守るのだと涙を浮かべる。

「ワンピース ドレスローザ編」22話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第23話のあらすじ

レベッカが守りたいと願うおもちゃの兵隊とコロシアムで出会っていたことに気づくルフィは、何故そこまで心配するのかと尋ねる。するとレベッカは、ここではおもちゃも人間と同じで、恋人や友達のいない人に寄り添い、深く結びついているのに何故一緒に暮らせないのかわからないと言い、幼い頃に母親を失い、自分を育ててくれた片足の兵隊は、もはや親も同然の大切な存在なのだと話す。まもなく試合の再開を告げるアナウンスが流れた。レベッカはルフィと再会することを約束し、戦いの場であるコロシアムへと向かう。

屈強な男たちに交じり、闘技場へ歩くレベッカはいつしか母のことを思い出していた。幼い頃、母と二人で花を売ってつつましく暮らしていたレベッカ。しかし、ドフラミンゴが王となり追われる身となってしまう。どうにか逃げのびたものの、レベッカのために母親は街へ行き命を落とす。変わり果てた母を連れて戻った片足の兵隊は母を守れなかったことを詫び、レベッカに母親がかつて、この国のえらい人だったため、新しい王に命を奪われたと話し、レベッカのことは命に代えても守りぬき、ずっと傍にいることを約束する。

ドフラミンゴから逃れるため各地を転々とする片足の兵隊とレベッカ。懸命に働き、必死にレベッカを育てる片足の兵隊に、いつしかレベッカも心を開き、親子のように暮らし始める。しかし、夜はおもちゃの家に行かねばならず、その代わりとして毎日花びらを置いておくことをレベッカと約束する。だが、レベッカが一人のところを人さらいに連れ去られる。間一髪で助け出したが、人間に危害を加えたため、片足の兵隊もおたずね者になってしまう。二度とこんなことのないように、片足の兵隊はレベッカに刀の稽古を始めた。

母の言いつけを破ることになると嫌がるレベッカだが、兵隊から人を傷つけるのではなく、自分を守るためだと言い聞かされて刀の稽古を始める。来る日も来る日も厳しい稽古に励み、やがて成長したレベッカは人並みはずれた実力を手にいれた。もう、守ってもらわず、自分の力で兵隊を守るのだと決意も新たに闘技場へ向かう。観客たちから罵倒され、悪口を言われ、涙を堪えるレベッカを見て、ルフィは何故そこまでレベッカが憎まれ、忌み嫌われるのかと憤る。囚人たちはレベッカがかつての王族の血を引いており、それゆえ国民から憎しみの対象とされているというのだ。その事実にルフィは言葉を失う。

「ワンピース ドレスローザ編」23話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第24話のあらすじ

観客たちが容赦ない罵声をレベッカに浴びせるのを聞き、怒るルフィ。同じく腹に据えかねたキャベンディッシュが、命を奪いたければ自ら武器を取ってリングへ上がれと観客たちを一喝する。その直後、観客たちの態度は一転、割れんばかりの歓声でキャベンディッシュを褒め称えた。これにはキャベンディッシュを苦手なルフィも感心する。庇ってくれた礼を言うレベッカに、試合が始まれば敵同士だと言いながら3年ぶりに人気を得たことで上機嫌のキャベンディッシュ。そして、137名によるDブロック開始のゴングが鳴り響く。

グリーンビットでは、少しでも時間を稼ごうと必死に逃げるローだったが、執拗なドフラミンゴの追跡から逃れることができず捕えられてしまう。天竜人の名を口にして、ドフラミンゴにゆさぶりをかけるローだが、軽くあしらわれシーザーの心臓を渡せと迫られる。何とかドフラミンゴの糸から逃れようとするが叶わず、首根っこを押さえつけられ、息の根を止められそうになるロー。しかし、割って入った藤虎がそれを止めた。そして、身動きできないまま、ローはまんまとドフラミンゴにシーザーの心臓を奪い返されてしまう。

ドレスローザのお花畑では、レオに案内されたウソップとロビンが、片足の兵隊と行動していたフランキーと合流する。兵隊はリク王の名誉と自由を取り戻すと小人たちに宣言し、相手が七武海でも勝機はあると断言した。気勢をあげる小人たちをよそに、ウソップは逃げ出すタイミングを計る。一方、ウィッカとサニー号へ向かうゾロは、敵であるジョーラが芸術的な能力を使うこと、10年前ドレスローザの軍を滅ぼしたトレーボル、ディアマンテ、ピーカ、最高幹部3人の名を教えられ、ウィッカの年齢が27歳だと聞いておどろく。

走っているうち、錦えもん、サンジと合流したゾロ。ナミが危ないと聞き、自分もサニー号へ戻ろうとするサンジ。そこへバイオレットが現れ、サニー号がジョーラに奪われグリーンビットに向かったことを教える。一方、コロシアムでは試合開始早々、レベッカが5人の男たちに囲まれていた。卑怯だと怒るルフィに、囚人たちはいつもこうだと教える。リク王の血を引き、女であることから真っ先に狙われるというのだ。素早い身のこなしで相手の剣をかわし、自らは攻撃せず相手を場外に落とすレベッカ。母との約束を守って人を傷つけず、それでも兵隊との稽古を思い出し、必ず勝つことを誓うレベッカだった。

「ワンピース ドレスローザ編」24話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第25話のあらすじ

ローからシーザーの心臓を奪い返したドフラミンゴは、世界政府の成り立ちを語り始める。現在の世界政府は800年前、20の国の王により作られ、後にアラバスタ王家を除く19の王家が創造主として聖地マリージョアへ移住した。その末裔が天竜人で、ドンキホーテ一族こそが、リク王一族の前にドレスローザを治めていたというのだ。一方、サニー号では、ジョーラの芸術に感動したブルックが協力を申し出る。だが、それはブルックの芝居で、バイオリンと弓を元に戻してもらうと、一瞬でジョーラを斬りすて、ナミたちを救い出す。

ナミの窮地を救うため、ヴァイオレットとサニー号へ急ぐサンジ。一方、コロシアムではルフィと連絡を取ろうとする錦えもんとゾロだが、警備が厳重で中に入れそうもない。偶然、そこへ通りがかったバルトロメオは憧れのゾロを見て感動していた。そのころ、元に戻ったサニー号だが、気絶したジョーラに誰が海楼石の手錠をかけるかを押し付けあっている間に、意識を取り戻されてしまう。不気味な高笑いと共に周囲をアートな空間に変え、異形の姿となってサニー号の前に立ちふさがったジョーラは、ナミたちに死を宣告する。

ドレスローザ王宮の一室では、3人の最高幹部の一人、グラディウスがベビー5にヴァイオレットの裏切りで、当初の作戦が台無しになったと苛立ちをぶつけ、ドフラミンゴを裏切ることは許さないと怒りを露わにしていた。そのころ、サニー号へ向かっているサンジは、ヴァイオレットの千里眼により、海軍の軍艦4隻と多数の兵隊たちが続々と集結していることを教えてもらう。ヴァイオレットはさらに国中を見渡すことのできる自分は捕まることはないと言い、今、サニー号に異変が起こり、姿がどこにも見えないことを教えた。

再びジョーラと対決することになったナミたち。ブルックに騙されたことを怒るジョーラに対して覚悟を決めたナミは、天候棒で生み出した雷の卵を放った。しかし、巨大化したジョーラに通用せず、逆に吸い込まれてサニー号へ攻撃される。かろうじてブルックが防いだものの、今度はジョーラの生み出した無数の腕に捕まりそうになってしまう。だが、二人が時間を稼いでいる間にチョッパーがガオン砲の準備を完了させていた。ガオン砲が発射されたが、完全な致命傷を与えることはできない。再び攻撃しようとするジョーラだが、モモの助の渾身の一撃が命中、さらにナミの雷が落ち、ついにジョーラは倒れる。

「ワンピース ドレスローザ編」25話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第26話のあらすじ

苦戦の末、ジョーラを倒してサニー号を取り戻したナミたちだが、扱いに困っていた。ローの真意がわからず考えを巡らせるも結論は出ない。ひとまずローの元へ急ぐが、意識を取り戻したジョーラの口からドフラミンゴの罠が明らかになる。ドフラミンゴは七武海を辞めてなどおらず、今頃は罠にかかった他の仲間たちも全員捕えられているというのだ。一方、コロシアムではDブロックの試合に観客が熱狂していた。首はねスレイマン、冒険家オオロンブス、さらに剣闘獅子、女性剣闘士アキリアなど、実力者たちがしのぎを削る。

その中でひときわ目立ち、観客の歓声を浴びるキャベンディシュ。気をよくしていると、賞金稼ぎのガルドアが勝負を挑んできた。懸賞金で作った黄金の槍を自慢、今度はキャベンディッシュを倒し、その懸賞金でダイヤで作るとうそぶくガルドア。それを受けて立つキャベンディッシュは、ガルドアの槍の柄をバラバラに斬って快勝する。自分の人気をアピールするが、ルフィはキャベンディッシュが邪魔でレベッカの姿が見えないといらだつ。素早い身のこなしで相手を場外に落とすレベッカだが、場外ギリギリに追い込まれていた。

ドフラミンゴが天竜人だったことにおどろき、詰め寄ろうとするローだが、藤虎の重力により地面へ押さえこまれる。今は違うと否定し、自らの人生を数奇だとうそぶくドフラミンゴ。そのとき、海上で雷のような音がしたのを藤虎が聞きつけ、ローはサニー号の接近に気づく。シーザーから早く心臓を戻してくれとせがまれたドフラミンゴだが、ローの態度と口ぶりに不審なものを感じ、手にした心臓を握った。すると、後方から叫び声が上がり、海兵が倒れ大騒ぎとなる。その隙をついたローは、シーザーを連れて脱出を図った。

グリーンビットの海岸に接近したサニー号を、突然、激しい振動が襲う。甲板に叩き付けられ、どうにか身体を起こしたナミたちは、闘魚の群れに囲まれて悲鳴を上げる。一方、ドフラミンゴの追撃を受けながら、シーザーを引き渡した後に一戦を交えようとするロー。しかし、サニー号の接近に気づかれてしまう。闘魚の体当たりに悲鳴を上げるナミたちだが、まもなく闘魚は姿を消す。だが、今度はドフラミンゴが接近していた。もはやこれまでかと涙を流すナミたちの前に間一髪、サンジが駆けつける。ナミの涙に怒りに燃えるサンジと不敵な笑みを浮かべるドフラミンゴ。すさまじい戦いの幕が切って落とされた。

「ワンピース ドレスローザ編」26話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第27話のあらすじ

ドフラミンゴの急襲から間一髪、ナミたちを救ったサンジ。灼熱の蹴りを放つが、ドフラミンゴの操る糸に邪魔され、空中に放り出される。ドフラミンゴはサンジに見せつけるようにサニー号へ接近、そうはさせまいと急いで戻るサンジだが、焼鉄鍋スペクトルの連打も通じず、ドフラミンゴの糸に絡め取られ身動きできなくなってしまう。何が起きたかわからずおどろくナミたちに、ジョーラはもうサンジは死を待つばかりと高笑いする。サンジは混乱するナミたちに逃げろと叫ぶが、その命を絶とうとドフラミンゴが狙いを定めた。

ギリギリのところでサンジを救ったローは、自分のミスを詫びるとサンジを連れてサニー号へ向かう。解放されなかったうえ、肝心の心臓は最初からローの手にあったと知り悔しがるシーザー。ローはゾウへ向かうよう指示するが、ルフィ不在のまま出航などできないと拒否するナミ。だが、藤虎が引き寄せた軍艦からの攻撃、さらに隕石の落下にたまりかね、ゾウ行きを了承した。サンジはローの行動に理解を示しながらも、本来の目的である四皇カイドウを倒すことより、ローがドフラミンゴにこだわり過ぎていることを指摘する。

サンジの追及に沈黙を守るロー。ドフラミンゴはなおもサニー号を追い、執拗に攻撃を仕掛けてきた。ローは咄嗟に刀で強靭な糸の鞭を受け、ドフラミンゴの動きを防ぐと、サンジに雲のない場所を探すように指示した。ドフラミンゴはイトイトの能力者で、糸を雲にかけることで空中を移動していたのだ。さらにローはジョーラに刀を突きつけ、ドフラミンゴに決断を迫る。自分のことなど気にするなとドフラミンゴに訴えるジョーラ。ドフラミンゴの動きが止まった、そのわずかな隙をつき、サニー号は脱出に成功したのだった。

ルフィと連絡を取るため闘技場へ入ろうとするゾロと錦えもんは、偶然、通りがかったバルトロメオに話しかける。ゾロに声をかけられ、うれしさのあまりまともに答えられないバルトロメオ。一方、攻撃のチャンスを得ながら、絶対に攻撃しようとしないレべッカにキャベンディッシュは疑問を抱く。そのころ、ドフラミンゴと対峙したローは、ルフィとの海賊同盟の終わりを告げ、自分の目的はドフラミンゴを倒すことで、もし失敗してもスマイルの製造を阻止することで、四皇カイドウの怒りを買い、葬らせるつもりだったと明かす。ローとドフラミンゴの因縁とは?はたして13年前に何があったというのか?

「ワンピース ドレスローザ編」27話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第28話のあらすじ

ナミたちをゾウへ向かわせ、ドフラミンゴと対決したロー。海賊同盟を組んだ真の目的を明かし、ローはジョーラを解放する。13年前の因縁を逆恨みだと罵倒され、怒りに燃えるローは恨みではなく、ある人の本懐を遂げるため、今まで生きてきたのだと叫び、ドフラミンゴに斬りかかった。すさまじい戦いが繰り広げられ、橋が崩壊するが決着はつかない。一方、追手から逃れ、一路ゾウを目指すサニー号では、フランキーと連絡を取っていたサンジが、モモの助の姿がいつの間にか竜に変わっていて、様子がおかしいことに気づく。

心配して声をかけたサンジに、モモの助はようやく重い口を開く。かつて、錦えもんと共にドフラミンゴの姿を見たときのことだ。戦意を失った剣闘士を手にかける現場を目撃し、人の命を娯楽のコマ扱いする、あまりの残酷さにおびえ、捕われのカン十郎を心配していたのだ。人質ならばひとまず安全なはずだとモモの助を慰めるサンジは、町で別れたヴァイオレットを思い出していた。サニー号の危機をサンジに教えたヴァイオレットは、バトルショーの中継でレベッカが戦っているのを見るとモニターを破壊、一路、王宮へ向かう。

憧れのゾロに声をかけられ、すっかり舞い上がったバルトロメオ。しどろもどろになりながら、どうにかルフィが偽名でショーに出場していることを話した。正体を知られ、おどろくゾロだが、詳しく聞こうにも会話にならない。しかし、何とかバルトロメオはサインをもらう代わりに、ルフィを探すことを請け負う。そのころ、コロシアムでは激しい戦いが続き、強豪と呼ばれる選手たちが順当に勝ち進んだ。その中でも一際目立つ、ローリング・ローガンは、ダイナミックな技と、その容赦ないファイトで観客の人気を攫っていた。

ローガンと対照的に、集中攻撃をかわして勝利しながらも、観客たちから激しいブーイングを受けるレベッカ。唇を噛みしめ堪えながら、幼い頃、片足の兵隊と共に修業した日々を思い出していた。辛く厳しい稽古、そして自らを守るために強くなれという教えに闘志を振るい起こす。場外ギリギリまで下がり、相手の力を利用して付き落とす、背水の剣舞によって、今まで無敗を誇っていたレベッカ。その剣舞を見聞色の覇気によるものだと見抜いて声援するルフィ。だが、安堵する間もなく、レベッカの前に不敵な笑みを浮かべたローガンが立ちふさがった!

「ワンピース ドレスローザ編」28話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第29話のあらすじ

ルフィ捜しに奔走するバルトロメオ。しかし、肝心のルフィは見つからず、探し回るうちに地下医療待合室を発見する。一度は中に入ったが、ルフィがいるはずもないと部屋を後にする。一方、サイは未だチンジャオが戻らないことを問い詰めていたが、出口が奥にあるため戻ってこないと説明され納得してしまう。そして、検査のためベッドに上がったサイだが、突如、地下へ落とされ、チンジャオや治療を受けていたはずの選手たちと再会する。キング・パンチすら通じないほど地下深く、脱出不可能なこの場所は一体なんなのか?

Dブロックでは今まさにローガンとレベッカの戦いが始まろうとしていた。派手なアクションで観客を煽ったローガンは、レベッカの全身の骨を砕くと宣言する。ローガンから必死に逃れるレベッカだが、次第に追い詰められ逃げ場を失う。ローガンが捕えようとしたとき、背後から別の選手が襲い掛かるが、逆に捕まり、レベッカへの見せしめに骨を砕かれる。その隙を見て逃げたレベッカだが、他の選手の戦いに巻き込まれ、ダマスクの炎を避けようとして剣を落とし、さらにマントの裾を掴まれローガンの手中に落ちてしまう。

レベッカの血を求め熱狂する観客たち。締め上げられ、たまらず悲鳴を上げるレベッカに上機嫌のローガン。遠のく意識の中、レベッカは幼い頃の修行、そして兵隊から大会出場を止められたことを思い出して悔し涙を流す。不気味な笑みを浮かべ、ローガンがとどめを刺そうとしたとき、女剣闘士のアキリアが乱入するとローガンに斬りつける。流石のローガンもこれにはたまらずレベッカを解放し、後ろに下がった。息も絶え絶えで礼を言うレベッカに、アキリアはメラメラの実が欲しいなら戦う覚悟を決めろと厳しい忠告をする。

逆上したローガンに応戦するアキリアだが拳を顎に食らい吹っ飛ばされる。レベッカはアキリアの背を踏み台にしてローガン目がけ剣を振り上げ、攻撃するとみせかけたところでローガンを場外に落とす。だが、今度は他の選手たちが二人を狙ってきた。この場を一手に引き受けてくれたアキリアに優勝を誓うレベッカ。一方、もっと見やすい場所へ移動しようとしたルフィは、一見、幸せに見えたこの国が、勝者と敗者に分けられたことから、グレイターミナルを思い出していた。そのころ、必死にルフィを捜すバルトロメオは、場内へ戻ったルフィと鉢合わせになって、あまりのことにおどろくのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」29話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第30話のあらすじ

思わぬ形で憧れのルフィと遭遇したバルトロメオ。感激で言葉にならないものの、どうにかルフィを呼び止める。そのころ、地下にはなおも敗者たちが落下していた。困惑する敗者たちの中で、ドレスローザの軍団長タンクはリッキーに膝まづき、リク王ではないかと尋ねる。兜を脱ぎ自分がリク王だと認めるリッキー。タンクは涙を流してドフラミンゴに下ったことを詫びるが、リク王はヴィオラを守るためだとねぎらう。リク王との再会を喜ぶエリザベローは、リク王が消えて国同士のバランスが乱れ、戦争が絶えないことを嘆く。

サイやプーたちもコロシアムで戦った真の目的は、花の国の王に頼まれ、戦争を煽り、各国に武器を売りつけるジョーカーこと、ドフラミンゴの武器工場とそのルートを叩き潰すことだと明かした。以前とは違うのだとエリザベローを説得しようとするタガマと睨み合うタンク。すると突如、伸びてきた粘着液によりサイが上に連れ去られる。そして身体中を粘着液で縛られ身動きできないまま再び意識を失い、目が覚めるとおもちゃにされていた。サイは逆らうことができぬまま、トレーボルの命令で工場へ働きに行かされてしまう。

花畑では、ガンチョがトンタッタ族とリク王家との絆をロビンたちに語り始めていた。かつて海へ出たトンタッタ族は、人間により絶滅の危機に瀕していた。さらにドンキホーテ王家に騙され、過酷な労働を強いられてしまう。ドレスローザの富と繁栄が小人たちの犠牲で成り立っていたと聞き言葉を失うロビンたち。だが、空白の100年の後、誕生したリク王家により解放され、心から謝罪を受け、さらに償いとして必要なものを持ち出していいと許可をくれたという。それが妖精の仕業で、リク王が国民たちに定着させたのだ。

かくしてトンタッタ族とリク王一族との間には信頼が生まれ、豊かではないものの、笑顔が絶えない、緑豊かな国となった。だが、その平和も突如として舞い戻った、かつての王の子孫であるドフラミンゴにより破られ、暗黒の歴史が繰り返されようになり、すでにマンシュリー姫や仲間たちが捕えられていたのだ。しかし、ウソップがいれば100人力だと意気を上げるレオたち。コロシアムの中継画像を見たロビンは片足の兵隊にレベッカのことを尋ねた。レベッカの命を守るためなら命を失ってもいいと断言する兵隊。そして、おもちゃである自分こそが、レベッカの父親だと衝撃の事実を明かした。

「ワンピース ドレスローザ編」30話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第31話のあらすじ

どうにかルフィに追いついたバルトロメオ。ゾロからの伝言を伝え、道案内を買って出る。そのころ、花畑ではレベッカの父、片足の兵隊が10年前の事件の真相が語りはじめていた。かつて、貧しいながらも互いに助け合い、深い絆で結ばれた国ドレスローザでは、リク王一族が治める800年もの間、一度も戦争が起こらなかった。しかし、気づかないうちに、恐るべき計画が進み、その先兵としてモネが王宮に送り込まれたと聞き、ウソップとロビンがおどろく。そして、突如、舞い戻ったドフラミンゴにより平和な状況が一変する。

リク王と対面したドフラミンゴは、自分がこの国のかつての王、ドンキホーテ一族の末裔だと明かし、国を返すか100億ベリーで買い取れと要求した。その金額を一晩で集めるのは無理だと訴えるリク王に、ドフラミンゴは国民の財産をかき集めろと強要する。さらに国外への援助、一切の事情を明かすことを禁じた。戦おうと言う臣下たちを説得し、リク王は無益な戦いを避けるため、100億ベリーを集めることを決断、タンクはじめ兵たちを国中へと向かわせる。そして町に入ったタンクは、人々に全財産を差し出すように命令した。

理由を明かさないため、人々から厳しく非難されるタンク。もはや迷う時間はなく、悲痛な覚悟で剣に手をかけようとする。だが、電伝虫の中継で、リク王自らが額を擦り付け、全財産を貸してほしいと人々に懇願した。そのなりふりかまわない必死の形相に、すぐさま国中からすべての財産が集められる。リク王への深い信頼を目の当たりにして、これで国が救われると涙するタンク。もしもの場合、リク王はドフラミンゴと刺し違えてでも人々を守ると、タンクに後のことを託していたのだ。しかし、王宮のリク王を悲劇が襲う。

王宮へ戻るタンクたちが見たのは、セビオの町で無抵抗の人々を傷つけ、火薬庫に火矢を放つリク王の姿だった。必死に止めようとする兵たちを斬り捨て、なおも暴走する。ドフラミンゴに操られ、自分ではどうにもならないまま、涙を流して暴れ回るリク王。我が目を疑い、リク王の身に何が起きたのかとおどろくタンクたちも、ドフラミンゴのパラサイトに操られ、人々に襲いかかる。これこそがドフラミンゴの罠だったと絶望するリク王。さながら地獄絵図と化したドレスローザを見下ろし、その時を待つドフラミンゴ。はたしてこれ以上、何をしようというのか…

「ワンピース ドレスローザ編」31話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第32話のあらすじ

ドフラミンゴの罠にはまり暴走するリク王。さらに兵士たちまでもが加わったことで被害者が続出する。国中のパニックを鎮めるため、ドレスローザは海軍の出動を要請した。目の前で繰り広げられる惨劇に目を疑うヴィオラだったが、侍女として入り込んでいたモネによって人質に取られ、王宮内へのドフラミンゴの部下たちの侵入を許してしまう。一方、ドフラミンゴの意のままに操られ、無念の涙を流すリク王は、自らの手で人々を傷つけることに耐え切れず、死すら願い絶叫する。しかし、その悲痛な叫びは誰にも届かなかった。

信じていたリク王の裏切りに、財産を、愛する者を奪われた人々は絶望し、悲しみの涙を流す。やがて絶望は激しい怒りへと変わり、憎しみの言葉でリク王を罵った。その様子を見ながら、絶好のタイミングを計っていたドフラミンゴは部下たちを従え、この国を救うため来たと宣言する。海賊であるドフラミンゴを信じていいものか、疑いの目を向ける人々だが、リク王たちから救ってくれるのならばと賞賛の声で受け入れる。無念の涙を浮かべるリク王をあざ笑うドフラミンゴ。かくしてドレスローザはドフラミンゴの手に落ちた。

ガンチョはリク王を信じ切ることができず、うかつにもドフラミンゴと接触したことを心から悔いる。無念のまま死んだのかとリク王に同情するウソップに、片足の兵隊は、リク王は死んでないと断言した。千里眼である王女ヴィオラはドフラミンゴに従う代わりにリク王の命乞いを要求したからだ。そして、今ではヴァイオレットと名を変え、ファミリーの幹部になっているという。リク王はこの国のどこかに生きているに違いない。またドフラミンゴに従い、護衛兵となった者たちも、その辛い気持ちはヴィオラ同様だと語った。

さらに兵隊はおどろくべきことを明かす。元の軍隊から考えると兵隊の数が合わないと言うのだ。おもちゃにされた者は自由を失い、その家族たちはおもちゃにされた者の記憶を失うからである。だが、おもちゃにされた時点で怒り、反乱する意志を持っていると考え、それらを結集して一大勢力を結集しようというのだ。そのころ、コロシアムでは地下のスクラップの中で話をするリク王とチンジャオ。しかし、その会話はすでにちぐはぐであり、おもちゃに変えられたブーたちはすでに自由を奪われていた。一方、場内を駆けずり回ったルフィは、ようやくゾロ、錦えもんたちと合流する。

「ワンピース ドレスローザ編」32話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第33話のあらすじ

場内を駆けずり回りようやくゾロ、錦えもんと再会したルフィ。幹部になるため、ルフィの命を狙うベラミーだったが、試合中に応援されたこともあり踏み切れずにいた。思わずナイフを落とすベラミー。その音で振り向くルフィだが、そこにはナイフだけが残されていた。立ち去ろうとするべラミーの前にデリンジャーが現れる。デリンジャーからドフラミンゴが自分の始末を命令していたと聞かされ耳を疑うベラミー。血相を変えるべラミーだが、豹変したデリンジャーのすさまじい蹴りを食らい、勢い余って壁に叩きつけられる。

少しでも時間を稼ぐべく、必死に逃げるローを狙い攻撃を仕掛けるドフラミンゴ。しかし、能力を使いすぎたローはもはや身動きもままならない。ディアマンテの報告で、ヴァイオレットの裏切りを知ったドフラミンゴは、すぐさまラオGたちを工場に配置するよう指示を出すと、渋るディアマンテをおだてコロシアムを任せる。ローを見下し、余裕さえ見せたドフラミンゴだが、そこまで麦わらの一味を信頼する理由が理解できず問いただす。不敵な笑みを浮かべたローは「Dはまた必ず嵐を呼ぶ」と言い、ドフラミンゴの怒りを買う。

ゾロからバトルショーに出たことを責められるルフィ。それを目撃した海兵は、ただちにバスティーユに報告した。すぐに動けばショーに出場した賞金首たちを一網打尽にする作戦が台無しになるため手を出さないバスティーユ。だが、中にいる賞金首たちが次々におもちゃにされているため、その記憶も徐々に消え、リストの名前を見ても何も思い出せなくなっていく。一方、サニー号のサンジは錦えもんからの連絡を受けると、チョッパーに指示してウソップの電伝虫とつなげ、ようやくローを除く全員の居場所と状況を確認する。

ルフィにリク王軍のことを説明するフランキー。コロシアムで会った片足の兵隊が、レベッカが命がけで救いたいと願う相手だと気づき、ルフィは軍を止めろと叫ぶ。しかし、小人たちの決意と強い覚悟に共感したフランキーは、作戦が台無しになるのを承知で、小人たちを見殺しにできないと訴える。そのフランキーの気持ちを理解し、好きに暴れろと言うルフィ、サンジたちもサニー号をドレスローザに向かわせる。やがてドレスローザの街に衝撃が走った。ドフラミンゴとローの戦いの影響だ。落下した瀕死のローに近づくドフラミンゴは、ルフィの目前で銃弾を撃ち込む。ルフィはおどろき、ローの名を絶叫する。

「ワンピース ドレスローザ編」33話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第34話のあらすじ

白昼堂々、瀕死のローに銃弾を撃ち込んだドフラミンゴは、周囲の人々に今回の『王位放棄誤報事件』の犯人であるローを処刑したと説明する。それを聞いた人々は胸をなでおろすと口ぐちに喜びの声を上げた。変わり果てたローの姿に、怒りをあらわにするルフィに、元の部下へのけじめをつけたとうそぶくドフラミンゴ。すぐにローを奪い返そうと飛び込むゾロと錦えもんだったが、ゾロは藤虎によって地中に落とされ、錦えもんはドフラミンゴに阻まれ失敗、加勢しようとしたルフィだが、海楼石の鉄格子に邪魔され力が出ない。

どうにか地上へ戻ったゾロ。酒場で会った盲目の男、藤虎が海軍大将だったことにおどろきを隠せない。ゾロの斬撃の威力に感心、いつぞやは世話になったと礼を言う。藤虎は部下に市民を避難させるよう命令、ゾロと一触即発の状態になるが、ドフラミンゴの耳打ちを合図に態勢を変える。そして、2人は上空へ飛ぶとローを連れ去った。残されたゾロと錦えもんは海兵に囲まれ、ひとまずこの場から逃げ出す。そのころ、サニー号ではとんでもない事態が起こっていた。なんと四皇、ビッグ・マムの海賊船と遭遇していたのだ。

突如、出現したビッグ・マムの海賊船にパニック状態のサニー号。海賊船ではペコムズとタマゴがシーザーを捕らえるため、サニー号を沈めようとしていた。サンジに問い詰められたシーザーは、ビッグ・マムから研究費をだまし取ったため、捕まれば殺されると白状して、泣きながら命乞いをする。そうこうしている間にも海賊船は砲門を開き、サニー号めがけ集中砲火を浴びせてきた。反撃できずどうにか砲弾を蹴りとばすサンジ。必死に舵を切り、命からがら逃げ出すサニー号だが、ドレスローザから次第に遠ざかってしまう。

大混乱のサニー号だが、ナミはそれぞれの状況を理解し、今はドレスローザに戻らないほうがいいと判断する。ドフラミンゴと奪い合うカード3つのうち、モモの助、シーザーの2つがこちらにある以上、ローが命がけで守ろうとしたカードをこちらから差し出しに行くのはローが報われないと主張した。ルフィから一足先にゾウへ向かえと言われたサンジは、その代わりにビッグ・マムの海賊船に反撃する許可を要求、ルフィはこれを承知する。フランキーたちが小人たちと工場破壊に、ルフィたちはローを奪い返すべくドフラミンゴが待つ王宮を目指す。一方、コロシアムの通路に、帽子をかぶった謎の男が現れていた。

「ワンピース ドレスローザ編」34話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第35話のあらすじ

ベラミー抹殺をドフラミンゴの命令だと明かし実行にかかるデリンジャー。にわかに信じられないベラミーは、逃げ出すが追いつかれる。ベラミーをあざ笑い、とどめを刺そうとするデリンジャーだが、バルトロメオのバリアに阻まれる。逆上してバリアを蹴破ろうとするがびくともせず、さらにラオGたちと工場を守れとの連絡に捨て台詞を残して去る。ドフラミンゴへの忠誠を踏みにじられ、涙を流すベラミーはバルトロメオに戦った相手をなぜ助けるのかと聞く。バルトロメオは一度戦えば戦友、自分は友を見捨てないと告げた。

ク王軍決起本部では片足の兵隊がみんなにSOP作戦の内容を説明していた。それは触った人間をおもちゃにしてしまう、ホビホビの能力者であるシュガーを気絶させるというものだった。成功すればおもちゃは人に、人間は記憶を取り戻す。だが、特別幹部であるシュガーは常にトレーボルに守られている。しかも、見た目は少女だが、ホビホビの実を食べたときから年をとらないため年齢は不詳だというのだ。少女と聞いて勝利を確信し、がぜんやる気をだしたウソップ、そしてフランキーにつられ、小人たちも気勢を上げる。

コロシアムの出口を探して場内を駆けずり回るルフィは、偶然、バルトロメオと出会う。ゾロと合流できた礼を言い、出口の場所を探していると話すが、ベラミーからコロシアムに出口などなく、一度入れば二度と出られないと吐き捨てられる。仲間が危ないと懸命に出口の場所を尋ねるルフィに、自分の後を付いてくれば出れるかもしれないと告げるベラミー。礼を言おうとするルフィを押し止め、あくまでも偶然で、ドフラミンゴを裏切れないと胸の内を明かす。口をはさもうとするバルトロメオだが、ベラミーはそれをさえぎる。

バルトロメオからメラメラの実のことをたずねられたルフィは、仲間の命に代えられないと残念そうに答える。そこでバルトロメオは必ずメラメラの実を手に入れ、ルフィに渡すことを約束した。喜ぶルフィだが、謎の男が現れ、メラメラの実を渡さないと告げる。そして謎の男は近づいてくると帽子を脱ぎ、親しげにルフィに話かけた。最初は怒っていたルフィだが、その顔を見たとたん、言葉を失い涙を流す。話は終わり、謎の男はルフィになりすまし、場内へ戻っていく。外へ出て錦えもん、ゾロと合流したルフィは着ぐるみに変装、泣きじゃくりながらもう大丈夫だと言い、ドフラミンゴを倒しに向かう。

「ワンピース ドレスローザ編」35話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第36話のあらすじ

オモチャに変装して街中を走るルフィたち。号泣するルフィを見て、面食らうゾロと錦えもん。ルフィは兄弟の絆は生きていたのだと泣き笑いで答える。一方、SOP作戦を開始したウソップたちだが、交易港へ続く地下通路が狭く、フランキーの身体では通れない。こうなれば王宮の下にある『オモチャの家』より入るしかない。兵隊から、家とは名ばかりで、囚われの小人たちと共に夜通し働かされていると聞いたフランキーは同情のあまり号泣、自分が騒ぎを起こしている間にシュガーをしとめろと、囮役を買って出た。

警戒厳重な『オモチャの家』だが、正面から現れたフランキーにおどろきパニック状態になる。騒ぎを一瞥し、セニョール・ピンクがフランキーの前に現れた。おしゃぶりを口に、まるで赤ん坊のようなスタイルのセニョールを変態だと言い放ち、フランキーは先制攻撃を開始する。たちまち周囲は大騒ぎとなり、その様子はドフラミンゴはじめ、幹部たちの元へも届く。シュガーを護衛するトレーボルは麦わらの一味の狙いは工場だが、もしもここまで来たらオモチャにしてやれとシュガーをそそのかし、シュガーも同意するのだった。

小人たちと地下通路を進むウソップとロビン。フランキーの身を案じる兵隊に、大丈夫と太鼓判を押すウソップだが、武闘派の幹部たちが続々と集まっているというのだ。派手な攻撃を続けるフランキーだが、その背後には地中からセニョールが接近する。しかし、後ろから攻撃せず前に回り込み、正面からの攻撃をもろに受けてしまう。だが、セニョールは顔色ひとつ変えず立ち上るとシブい台詞を言って、女たちだけでなく警備の男たちをもメロメロにする。再び地中に姿を消すセニョールに、フランキーはおどろきを隠せない。

レオの説明によると、ドフラミンゴファミリーには最高幹部3人と幹部10人による軍が組織されていて、トレーボルの特殊能力チーム。ディアマンテの格闘集団、ピーカ軍の特攻部隊の3つの軍、さらに国外には最高幹部ヴェルゴ、幹部モネがいるという。そのころ、コロシアムではすさまじい戦いが続いていた。アキリアと共闘するレベッカだが、疲労の色は濃く、さらにその前に首はねスレイマンが立ちふさがる。ようやく交易港へ到着したウソップたち。片足の兵隊はレオたちにシュガーを任せ、ドフラミンゴを倒すべく王宮へ急ぐ。物陰に隠れたウソップとロビンは、ここが巨大な港町であることにおどろいていた。

「ワンピース ドレスローザ編」36話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第37話のあらすじ

激戦のDブロックも残るは30名あまりになっていた。かつて『ディアス海戦』の英雄、今では戦犯として国を追われ人斬りとなったスレイマンと戦うレベッカだが、背水の剣舞も通じず圧倒的な力の差を見せつけられる。剣を失い、まさに絶体絶命のそのとき、飛び込んできたアキリアが自らを盾にしてレベッカを救った。処刑を邪魔されたスレイマンは怒り、アキリアをめった切りにする。駆け寄ったレベッカに必ず決勝へ進むように告げ、意識を失うアキリア。その思いに応えようとレベッカは涙をぬぐいスレイマンに立ち向かう。

オモチャになりすまして王宮へ向かったが、いつの間にかルフィたちとはぐれてしまったゾロ。誤って刀に触ろうとした子供を泣かせて、町を大騒ぎにしてしまう。警察に追われたゾロはその場を逃げ出し、ウィッカに怒られながらもどうにかルフィたちと合流する。一方、交易港ではウソップから隊長不在の理由を問いただされ、レオがSOP作戦の成功と同時に隊長が仲間と共に王宮のドフラミンゴを倒すのだと説明、ウソップに作戦を指揮してほしいと懇願する。思いがけず重大な役目を引き受けることになりあわてるウソップ。

話し声を聞きつけた見回りに見つかったウソップたちだったが、レオが見回りたちの服をはぎ取り『しっぽハンマー』で気絶させる。トンタッタ族のパワーにおどろくウソップとロビン。服を着替えて敵になりすましたウソップは、レオたちの力があれば勝ち目はあると強気になり、意気揚々と指揮をとる。一方、仲間を率いて木箱に隠れリフトに乗り込んだ片足の兵隊。だが、フランキーを捕らえようと『オモチャの家』に向かおうとする手下たちが多いのを見て、このまま往復が続けば埒が明かないとリフトの乗っ取りを決行する。

小人たちに隠れているよう指示すると箱から飛び出し、警備の男たちを叩きのめしていく片足の兵隊は、相手を叱責しながらレベッカとの修業を思い出していた。厳しさに泣き、守ってほしいというレベッカに、オモチャの自分はいつ壊れてしまうかわからないと、自分を守れる力を身につけさせようとした。すでにオモチャの身体には負担がかかっており、不器用な自分には強さしか教えられなかったと娘であるレベッカに心の中で詫びる。そのころコロシアムでは信じられない事が起きていた。なんと選手全員が倒れてしまったのだ。その中で、ゆっくりと立ち上がる選手、果たして勝者となるのは誰なのか?

「ワンピース ドレスローザ編」37話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第38話のあらすじ

一瞬の間に選手全員が倒れるという異常事態が発生した。ただ一人、立ち上がり勝者となったレベッカだったが、納得しない観客たちから激しい罵声を浴びせられる。それを見ていたバスティーユは部下たちにかつて、ロンメル王国で起きた『ロンメルのカマイタチ』について語る。それは、夜ごと人を切り裂く風が吹くという怪事件で、出動した海軍も犠牲者が続出した。ハクバという男が犯人だと突き止めたが、捕えることはできなかった。しかし、ハクバは行く先々で事件を起こし、そこには必ずある海賊が現れていたという。

倒れたまま眠るキャベンディッシュを複雑な表情で見つめるレベッカ。キャベンディッシュの異変に気づき、剣を見切って気絶を免れていたのだ。突然、眠ったキャベンディッシュは、選手たちすべてを一瞬で斬り捨てていた。バスティーユはハクバの正体がキャベンディッシュが眠っているときの別人格だと明かし、ハクバの強さはキャベンディッシュの倍だが、寝てしまう体質が大会には不向きだと話す。この戦いを見ていた謎の男はただ一人剣を見切ったレベッカの実力を認め、こういう戦い方もあるとつぶやき、決勝へ向かう。

戦力を引き付けようと『オモチャの家』に正面から乗り込み、大暴れするフランキーだが、地面を自在に泳ぐセニョール・ピンクに苦戦する。さらに女たちからセニョールのほうがカッコいいとこき下ろされるが、セニョールはフランキーに悪態をつく女たちを一蹴した。そして、さらなる攻撃を仕掛けるセニョール。一方、王宮『スートの間』では、ドフラミンゴがレベッカが勝ち残ったことを皮肉りながら、リク王自らが悪魔の実を得るため大会に出たばかりか、ヴァイオレットまでもが裏切ったことを、何の記念日なのかとあざ笑っていた。

無念の表情を浮かべ、今朝の王位を降りたことが誤報だったことが引き金だと答えるリク王。だが、ドフラミンゴはヴィオラが動いたのは感情だけでなく計算だと言い、ローとルフィに賭けたのだと分析する。だが、ローはすでにドフラミンゴの手中にあり、ルフィもコロシアムから出ることはできない。フランキーも幹部たちを相手では勝ち目はないと言い、残るゾロ、錦えもん、ロビン、そげキングの4人もここまでたどり着けるはずがないと豪語する。その頃、見張りに化けたウソップとロビンは、小人たちを先へ行かせる。一夫、ルフィたちの前にヴァイオレットが現れ、王宮へ入れてあげると告げるのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」38話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第39話のあらすじ

予選が終了し、決勝戦の開始を待つコロシアムでは、突如、出場選手の変更が告げられた。幹部たちの欠場に不満の声を上げる観客たちだが、ディアマンテの参戦に歓声を上げる。一方、辛くも勝利したレベッカは、負傷者の手当てでごった返す中、タンカで運ばれるアキリアに胸の中で礼を言い、そっと見送った。やがてルーシーに気づくレベッカだが、偽物だとわかって身構える。しかし、謎の男は悪いようにはしないと耳打ちした。バルトロメオと共に去った謎の男もまた、この国が俺たちの国と似ていると意味ありげにつぶやく。

ルフィたちの前に現れたヴァイオレットは、リフトを使えば王宮の玄関まで行けるが、途中で止められるリスクがあると告げる。一方、『オモチャの家』はフランキーの放ったロケットランチャーで大混乱となっていた。壁や地面をも自由に泳ぐスイスイの能力者であるセニョールだが、逃げようとせず正面から攻撃を受け止め負傷する。その理由が空から急襲、着地に失敗したマッハバイスを庇うためだと知り、ハードボイルドを貫く姿勢に感心するフランキーだが、バスティーユ率いる海兵たちに囲まれ、一戦交える覚悟を決める。

王宮スートの間では藤虎とドフラミンゴが対峙していた。海軍を動かしたことへの礼を言おうとするドフラミンゴを遮り、藤虎は、ルフィの狙いがドフラミンゴの首なら被害は甚大になるため、それを止めるのが自分の正義だと語る。そして自らの真意が王下七武海制度の完全撤廃だと明かした。激突するドフラミンゴと藤虎だが、やがて何もなかったかのように退く。藤虎はあまり悪い事をするなとドフラミンゴに釘を差し、この国の粗がさらけだされても自分は盲目だから見えない、今年は世界会議があり、否が応でも世界は動くと告げて立ち去る。

ヴァイオレットが王女だと知っておどろき、レベッカの母なのかと尋ねるルフィに、苦笑しながら、姪だと答えるヴィオラ。隠し扉を使って王家の者だけが知る緊急通路へ潜入し、ゾロは外に通じる階段ではなく、荷物用の滑車を利用することを思いつく。ゾロに指示され巨大な石を掴み、準備するルフィ。一方、コロシアムではまもなく決勝戦が始まろうとしていた。どうにか間に合ったと観客席に駆け込むコアラ。中央に決勝にふさわしく選手五人が戦う特設リングが設置された。歓声に沸くコロシアム、ルーシーとなった謎の男は勝利をエースに誓うかのように拳を天に突き上げる。

「ワンピース ドレスローザ編」39話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第40話のあらすじ

決勝開始が迫り、各ブロックの勝者たちの入場が始まった。謎の男が成りすました偽者と知らず、ルーシーに声援を送る観客たち。続いてバルトロメオ、バージェス、観客たちから罵声を浴びながらレベッカが入場する。最後に登場したディアマンテは、派手な登場とパフォーマンスで観客たちを煽り、場内のムードを盛り上げた。レベッカを挑発するディアマンテだが、突如、乱入してきたDブロックの敗者たちが試合を無効だと難癖をつけレベッカに襲いかかろうとすると、興業の邪魔をするなと言い放ち、その前に立ちはだかる。

闘牛士さながらマントを操り、男たちを挑発するディアマンテ。男たちは一斉に襲いかかるが、鋼鉄のマントに武器を破壊されてしまう。触れるものすべてをはためかせるヒラヒラの実の『旗人間』だと明かしたディアマンテは、『闘牛グレイプ』で男たちを闘魚の傍に弾き飛ばした。ここでディアマンテは決勝では闘魚も各群れのボスを集め、その中の一匹にメラメラの実を入れた樽をつけたことを明かす。それを手に入れ、最後まで立っていた者が勝者となるのだ。ここに今5人の選手がそろい、開幕を告げるゴングが鳴り響いた。

開始直後は誰もが動かず相手の動向を伺っていたが、最初にバージェスが動き偽ルーシーに仕掛けた。難なくかわした偽ルーシーだが、反撃しようとせず外周を走り始めた。一匹、また一匹と闘魚を見極める偽ルーシー。その狙いがメラメラの実を入れた樽つきの闘魚をおびき寄せるためだと気づき、割って入ったバージェス。闘魚と戦いながら楽しくなってきたと告げるバージェスに、ディアマンテは自分の興業なら当然だと言い返す。自分たちも客を沸かせる道具なのかと皮肉るバージェスに、ディアマンテはただ楽しめと告げる。

荷物用の滑車を使い、外壁塔の入口に到着したルフィたち。ヴィオラは王宮へ行くにはさらに上へ行かねばならず、最高幹部であるピーカに見つかれば、ドフラミンゴの元へ到達できないとルフィを説得しようとする。しかし、ルフィは話も聞かずに正面から突進、『ゴムゴムの銃』で壁を破壊した。ヴィオラも呆れながら、やむなく同行する。着ぐるみを脱ぎ捨て先を進むルフィだが、その姿は電伝虫に映ってしまう。ルフィ侵入の報告を受けたドフラミンゴは、コロシアムのルフィが偽者だと知って激怒する。ドフラミンゴの部下たちを倒し、前へ進むルフィはドフラミンゴの待つ王宮へと突き進む。

「ワンピース ドレスローザ編」40話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第41話のあらすじ

ドフラミンゴのいる王宮へと向かう途中、錦えもんとウィッカはオモチャの家へ向かい、ルフィたちは王宮へ続く通路を急ぐ。すると突如、振動と共に明かりが消え、石の壁が盛り上がると中から巨大な岩石人間が現れた。おどろくルフィに、ヴィオラは最高幹部の一人でイシイシの実の能力者ピーカの姿だと説明する。無言のまま、ルフィたちを一瞥すると、巨大な拳を振り下ろすピーカ。そのすさまじい一撃を一度でも食らえばただではすまない。しかし、逃げ回ることなどできないと、ルフィは覚悟を決めて戦闘体勢に入った。

ピーカ目がけ突進、ゴムゴムのJET銃乱打を浴びせたルフィ。崩れ落ちたかに見えたピーカだが、石でできた城と同化して先回りし、両側の壁を使いルフィたちを押しつぶそうとする。一方、オモチャの家ではフランキーと海兵たちの戦いが続いていた。セニョールは海軍がファミリーの支配地に踏み込んだことが気に入らず、一戦交えることも辞さなかったが、バスティーユから藤虎とドフラミンゴの間で話がついていると言われ。引き下がる。フランキーに手こずる海軍は新型砲弾による攻撃を開始、フランキーは炎に包まれた

苦しそうな声を上げて膝をつくフランキー。しかし、それは芝居で、すぐに立ち上がると海兵たちを挑発する。一方、レオは幹部塔から続々とオモチャたちが出てくるのは、シュガーがいる証拠だとウソップたちに説明していた。幹部塔は、方々に伸びたパイプでドレスローザの各所にある『スクラップ場』の入口と繋がっていて、壊れたオモチャや大人間たちが落とされてくるというのだ。そのころ、ようやく意識を取り戻したキャベンデイッシュはネバネバで動けず、姿を見せたトレーボルとシュガーに助けるよう言っていた。

シュガーに膝を触られオモチャにされてしまったキャベンディッシュ。さらに契約のため反抗どころか自分の意志で動くこともできないまま、港に連れて行かれ、すでにオモチャにされたサイたちと働かされる。物陰に潜み、様子を伺うウソップとロビンは、シュガーが本当に子供であることにおどろく。レオはシュガーの好きなグレープそっくりに作った世界一辛い調味料タタババスコを食べさせようとしていて、その効果は100%気絶すると自信満々だ。決行のときを前に奮い立つレオ、そしてトンタッタの小人たち。はたしてシュガーにタタババスコを食べさせることができるのか?

「ワンピース ドレスローザ編」41話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第42話のあらすじ

地下幹部塔前では物陰に潜んだレオたちが、シュガーを気絶させるチャンスを伺っていた。隙を見て動き出したレオだが、トレーボルが一撃で背後のハエを叩き落とすのを見たロビンが引き止める。コロシアムでは、メラメラの実の入った樽をつけた01闘魚が浮上、他の魚も追従するように集まり選手たちに襲いかかった。それを軽々と倒し、実力を見せつける選手たち。しかし、レベッカだけが01闘魚にはじき飛ばされ、メラメラの実を巡る戦いは、01闘魚の頭上に飛び移った偽ルーシーと、それを狙うバージェスの一騎打ちになる。

偽ルーシーの放った『竜の鉤ぎ爪』がバージェスの防具を破壊した。息をつかせぬ戦いに観客は熱狂する中、これまでと明らかに違うルーシーの戦いぶりに不審を抱くディアマンテ。ライバルたちとの圧倒的な実力の差を見せつけられたレベッカだが、片足の兵隊、そして共闘してくれたアキリアに誓ったことを思い出し、命のやり取りを覚悟してディアマンテめがけ突進する。そのころ、外壁塔リフトを制圧した片足の兵隊たちの前にラオGが現れていた。ドフラミンゴを倒し、リク王国を取り戻すと言う兵隊をせせら笑うラオG。

激しくにらみ合う兵隊とラオG。一方、身体を膨らませてどうにか壁につぶされるのを免れたルフィはゾロと共にピーカを攻撃するが、何度崩そうと再生され苦戦する。一方、ウィッカと共にオモチャの家に向かった錦えもんだが、ルフィたちの戦いの影響により、通路がせり上がり足止めされてしまう。焦る錦衛門だが、ウィッカからオモチャの家に行くためには王宮に上がり、そこからリフトで降りねばならないと教えられる。引き返そうにも警備は厳重だと聞き、錦えもんは一計を案じ、絶対に疑われない人物に姿を変えた。

オモチャの家正面では海兵とフランキーの戦いが続いていた。業を煮やしたバスティーユは部下を下がらせるとフランキーを攻撃してきた。しかし、決着はつきそうにない。合流したデリンジャーはファミリーの支配地で海軍が戦うことを快く思わず、自らの手でかたをつけようとする。どんな攻撃をしようともピーカには通じず、盛り上がった通路により再び囲まれてしまうルフィたち。このままでは埒が明かない。通路を切り崩し、道を開いたゾロはルフィにヴァイオレットを連れて王宮へ向かい、ドフラミンゴを倒せと送り出すと、ピーカと決着をつけるべく刀を抜くのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」42話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第43話のあらすじ

ピーカの相手を引き受け、ルフィとヴァイオレットを王宮に行かせたゾロだが、何度、身体を切り崩そうとすぐさま再生するピーカに苦戦していた。ラオGと片足の兵隊たちを乗せたリフトは王宮一Fへ到着する。地下交易港のスマイル工場では、小人たちがマンシュリー姫の病気を治すためだと騙され、ロクな休みも与えられずに重労働させられていた。不良品を見咎められ鞭で打たれながらも、姫に会わせてほしいと懇願する小人たちだが、見張りの男から病気がうつったら大変だとうまく言いくるめられ、あっさりと騙されてしまう。

シュガーに接近しようとするのを邪魔され、不満を口にするレオに、ロビンはトレーボルの動体視力と能力を甘く見るのは危険だと忠告する。そこでシュガーからトレーボルを引き離そうと、ロビンが一計を案じた。積荷に偽装したビアンたちが停泊中の海賊船を襲撃、その騒ぎを利用してトレーボルを誘いだそうというのだ。計画は順調に進み、海賊船は大混乱となる。見張りに化けたロビンは、海賊の暴動だとトレーボルに報告した。見かけない顔だと怪しまれたものの、ロビンの迫真の演技により、シュガーとの分断に成功する。

レオたちと一緒に戦おうとせず、自信をつけさせるためあえて後方から見守ると嘘をつくウソップ。その言葉を信じて行動を開始するレオたち。そして、隙を見てシュガーのグレープのかごに、タタババスコを紛れ込ませることに成功する。シュガーが食べるのを固唾を飲んで見守るが、偽物だと見抜かれ捨てられてしまう。このままSOP作戦が失敗すれば、他の作戦が崩れるのは明らかだと、意を決したレオたちはシュガーの前に姿を現した。工場で働かされている仲間を解放しろと迫り、シュガーを気絶させると意気をあげるレオたち。

仲間なんか知らないととぼけるシュガー。うっかり騙されそうになるレオたちだが、ウソップに指摘され我に返った。小人たちの正面攻撃にシュガーは自分が弱く思われているのかと腹を立て、一斉に向かってきた小人たちをオモチャにすると、幹部塔にいる者を皆殺しにしろと命令、小人たちに同士打ちをさせようとする。シュガーから罠だと呼び戻され、騙されたことに気づいたトレーボルはロビンを捕えようとするが逃げられた。ロビンが麦わらの一味だと気づき、怒りの収まらないトレーボルは、ベタベタの能力で海賊船を持ち上げ幹部塔に叩き付ける。

「ワンピース ドレスローザ編」43話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第44話のあらすじ

城と一体化したピーカにより苦境に立たされたルフィたちだったが、ゾロがその場を引き受け、ルフィはヴァイオレットを連れてドフラミンゴを倒すべく王宮へとひた走る。そのころ交易港ではロビンに一杯食わされたトレーボルが幹部塔を破壊して大混乱となっていた。一方、コロシアムでは背水の剣舞を捨てディアマンテに攻撃を仕掛たレベッカだが、刃のない剣で通じるはずもなく返り討ちにあってしまう。血を流し倒れ伏すレベッカをあざ笑うように、ディアマンテはレベッカの母の最期とオモチャの兵隊のことを語りはじめた。

気絶したウソップを救出したロビンは、レオたちがトレーボルに捕まったと説明して物陰から様子を伺う。トレーボルから協力者を教えろと迫られ、拒否するレオだったが、誘導尋問にひっかかりウソップと片足の兵隊が仲間だと教えてしまう。それでも最後まで戦うと闘志を失わないレオたちに、トレーボルはベタベタの粘液に火をつけ爆発させた。がれきの下からレオを助け出したウソップは、もう無理だから逃げろと命令するが、レオはSOP作戦が成功すれば、必ず片足の兵隊がドフラミンゴを倒してくれると信じて疑わない。

もうろうとする意識の中、片足の兵隊はコロシアムでレベッカと別れた時のことを思い出していた。あの朝、ドフラミンゴが王位放棄するという報せに、囚人たちや仲間を奪われたトンタッタ族は大喜びしていた。だが、誤報だとわかり希望を失ったレベッカは大会に出ることを決意したのだ。それを止めようとする片足の兵隊に、反発したレベッカは心無い言葉を浴びせてしまう。本心からの言葉ではなかったが、片足の兵隊には自分の無力さをつきつけられたことになり、せめて出場を止めてくれることを祈って去るしかなかった。

ピーカの起こした激しい揺れによってラオGの攻撃が止まり、その隙をついたカブたちは兵隊を連れて脱出を図った。残された仲間たちはラオGにしがみついて少しでも時間を稼ごうとする。片足の兵隊は戻って仲間を助けようとするが、カブからドフラミンゴを討てるのは隊長だけだと説得される。一方、騒ぎに紛れ、がれきの下敷きになったレオを助け出したウソップはおどろくべき事実を知る。10年前、シュガーがこの国で初めてオモチャにした人物に契約をし忘れるという失態をおかし、記憶を失わずにたった一人で闘ってきた、そのオモチャの兵隊こそがコロシアムの英雄、伝説の剣闘士、キュロスだったのだ。

「ワンピース ドレスローザ編」44話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第45話のあらすじ

ルフィたちを王宮へ行かせて残ったゾロは、何度切り崩しても再生するピーカに苦戦していた。一方、王宮1階ではピーカ軍の幹部グラディウスが出現、片足の兵隊を逃がすために二手に別れて突っ込んだカブとランポーは捕まって、グラディウスが起こした爆発の餌食となった。二人の気持ちを無駄にしないために振り返らず進む片足の兵隊だが、追いつかれて首を掴まれ吊るし上げられてしまう。もがく片足の兵隊に、グラディウスは自分がパムパムの能力者で、自身の身体と触れた無機物を破裂させることができると教える。

危機迫る片足の兵隊だったが、その場に駆けつけたルフィの一撃がグラディウスを貫く。衝撃で吹き飛ばされた片足の兵隊を受け止めたルフィは、グラディウスと一戦交えようとするがヴァイオレットに止められ、その場を後にした。彼女の裏切りに怒ったグラディウスはヘルメットを破裂させる。その破片でヴィオラが負傷、ルフィは窓をぶち破って一気に先に進む。そこへドフラミンゴに化けた錦えもんが現れ、グラディウスに遭遇、ウィッカのおかげでその場を乗り切るが、地下のスクラップ場からカン十郎が消えたと聞いて動揺する。

壁を登り一気にスートの間へ侵入したルフィたちは窓の外から中の様子を伺っていた。ドフラミンゴと決着をつけようとはやるルフィをSOP作戦の邪魔をさせまいと止めるヴィオラ。一連の動きに不審を抱いていたドフラミンゴは、なぜシュガーを狙うのかローを尋問するが、ローはすでにルフィとの同盟は終わっているとしらを切った。捕まっているリク王の姿にヴィオラはおどろき、片足の兵隊はかつて出会った時のことを思い出し、レオたちの作戦が成功すれば、必ずドフラミンゴを仕留めると決意を新たにするのだった。

同士討ちにより壊滅寸前に追い込まれながら、何度でも立ち上がり戦おうとするレオは、止めようとするウソップに、シュガーにタタババスコを食べさせるのが役目だと言って、再び立ち向かっていく。ロビンはレオたちに加勢、トレーボル、シュガーを背後から捕え、身動きできなくする。このチャンスにシュガーの口めがけて飛び込もうとするレオだが、一瞬早くシュガーの手がロビンをオモチャに代えてしまった。そのため、ロビンに関する記憶を無くしたウソップは何が起きていたのかわからなくなる。トレーボルは無情な宣告をするとガレキをレオめがけ振り下ろした。

「ワンピース ドレスローザ編」45話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第46話のあらすじ

シュガーにタタババスコを食べさせるのに失敗、オモチャにされたロビンは最後の望みをウソップに託す。一方、デリンジャーや海兵たちを相手に暴れるフランキーだったが、このまま追手を連れて地下へ行けば、小人たちの邪魔になると考え、ここに踏みとどまることを決意する。トンタッタ族の小人たちのことを千里眼で見たヴァイオレットは顔を曇らせるが、ルフィはウソップがいるなら大丈夫と言う。そのころ、ウソップはこの場から逃げ出そうとしていたが、電伝虫が拾った小人たちが自分の名を呼んでいる音声を聞いてしまう。

トレーボルに痛めつけられ、負傷しながらもウソップの名を呼び続ける小人たち。その声は逃走中のウソップの耳から離れない。トレーボルはそこまで頼りにされるウソランドが誰なのか、その正体を聞き出そうとした。レオはウソランドこそ、囚われた仲間や、みんなを救ってくれる伝説のヒーローだと教える。トレーボルはレオたちが騙されているだけだと笑い、助けに来ないのが何よりの証拠とあざ笑う。なおもウソランドを罵るトレーボルが許せず、トレーボルを怒鳴りつけたレオは、ウソランドは嘘をつかないと言い返した。

どこまでもウソップを信じるレオはウソランドとの約束を明かし、ヒーローが自分たちを騙すはずがないと言い、これ以上侮辱することを許さないと怒った。他の小人たちも声をあげ、それらは電伝虫を通じて交易港で働くオモチャたち、そしてウソップの元へも届いていた。不気味な笑みを浮かべながら聞いていたトレーボルは、レオや小人たちの身体を次々と踏みつぶす。断末魔のような悲鳴が上がる。たまらず耳を塞ぎ、逃げ出そうとしていたウソップだったが、どこまでも自分を信じるレオたちを見捨てられず姿を現した。

ウソップの姿を見つけ胸をなで下ろすロビン。近づこうとする小人たちを遮り、ウソップは自分がウソランドなどではなく、海賊、麦わらの一味の狙撃手、ウソップだと明かした。それでもヒーローであることを信じるレオだが、ウソップから騙していたと言われ、大粒の涙をこぼす。トレーボルはウソップが戻ってきた事をバカにするが、ウソップは自分が死んだらノーランドの横に銅像を建てろと言い、レオたちに伝説のヒーローになってやると約束して、トレーボルめがけ必殺緑星を放ち、トレーボルにダメージを与えることに成功する。それを見た小人たちは歓声を上げ、ウソランドの名を叫んだ。

「ワンピース ドレスローザ編」46話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第47話のあらすじ

トレーボルを攻撃、かなりのダメージを浴びせたかに見えたウソップだが、すぐさま復元され慌てふためく。一方、ヴァイオレットからリク王が偽名を使い、試合に出場していたと聞かされた片足の兵隊は、出会ったころを思い出していた。かつて、親友の命を奪われたキュロスは復讐を果たし、警備兵たちに追われていたところをリク王に引き取られる。そして、わけもわからないまま剣闘士としてコロシアムの試合に出場した。勝利を収めたキュロスの素質を認めたリク王は、剣闘士として100勝すれば仮釈放することを約束する。

圧倒的な強さで快進撃を続けるキュロス。100勝を達成して自由の身となるが、観客たちから人殺しと罵られ受け入れられない。自ら牢へと戻り、帰る場所などないと戦い続けるキュロスだったが、4年が過ぎ、連勝を続けるうちに観客たちの罵声は徐々に歓声へと変わっていった。だが、その頃からキュロスに変化が起きる。人の命を奪ったことへの罪悪感が募り、悪夢に苦しめられるようになったのだ。墓の前に座り込むキュロスはリク王に、どんなに強くなろうと自分は獣だと言って、自分を忘れてくれないかと涙を流すのだった。

リッキーと名を変え、試合に出場したリク王を破り、ついに3000勝の記録を打ち立てたキュロス。この戦いでリク王はキュロスが自分に手加減をしたことを指摘、もはや獣などではなく、償いはすんだと諭す。そして、キュロスをリク王軍の軍隊長に任命した。人々から賞賛され、受け入れられたキュロスだったが、警護を命じられた王女、スカーレットだけはキュロスに心を許そうとしなかった。しかし、海賊に誘拐された自分を、単身、追ってきたキュロスに救われたことからスカーレットは心を開き、いつしか惹かれあっていく。

キュロスとスカーレットのことを理解しながらも、リク王はそれが民衆たちに受け入れがたいと悩む。しかし、スカーレットの意志は固く、リク王はスカーレットを病気で死んだこととしてキュロスと共に王宮から送り出す決断をする。新たな生活をスタートした二人に子供が生まれ、レベッカと名付けられた。天使のような愛らしさに、自分の汚れた手で触れられないと手袋をはめ、レベッカを抱き上げるキュロスは、いつでもそばにいると呟く。親子3人の幸せな生活だっだが、10年前、王宮に異変が起こった。燃えさかる炎にリク王たちの安否を心配するキュロス。それは悲劇の始まりだった。

「ワンピース ドレスローザ編」47話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第48話のあらすじ

王宮に火の手があがる。異変を察したキュロスはスカーレットに合流場所を言い残して王宮へ向かうが、すでに城はドフラミンゴの手に落ちた後だった。ヴィオラも捕えられて、モネにより案内された先には、捕えたリク王と、ドフラミンゴファミリーが待ち受けていた。さらにキュロスは足に海楼石の錠をはめられて動きを封じられてしまう。剣で切り付けても壊れず、捕われたキュロスに部下になれと迫るドフラミンゴ。断るキュロスだが、ドフラミンゴはすでに王家の血を引くスカーレットたちの元にも部下を差し向けていた。

海楼石の錠ごと左足を切り落とし、ドフラミンゴに斬りかかったキュロスだが、シュガーによりオモチャにされてしまう。何とかリク王を救って脱出するが、王の記憶からはオモチャにされたキュロスの存在が失われていた。そして、スカーレットたちとの待ち合わせ場所に向かうキュロスの目の前で、ディアマンテによりスカーレットは撃たれる。駆け寄るキュロスだが、スカーレットもまた記憶を失わされ、オモチャにされた兵隊がキュロスだとわからない。この残酷な仕打ちに、キュロスはスカーレットの亡骸を抱いて号泣する。

ヴィオラの呼びかけに我に返ったオモチャの兵隊。1階からはまんまとドフラミンゴに化けた錦えもんにだまされたグラディウスが怒り心頭で接近していた。ウソップたちが間に合わない状況で、このまま挟み撃ちになるよりは、いっそドフラミンゴに奇襲を仕掛ける方が得策と考えるキュロスだが、ルフィはまったく動じない。一方、コロシアムではいまだ、決着がつかず、激しいバトルが繰り広げられていた。すでにコロシアム自体がかなりのダメージを負っており、このままでは持たないと兵たちが不安がっている状況にあった。

バージェスの波動エルボーをかわす謎の男は戦いを楽しんでいるかのようだった。レベッカはディアマンテが母の仇だと知るが、悔しさで身動きすらできない。その頃、オモチャの家では倒れ伏したフランキーがウソップに最後の希望を託していた。オモチャたちの必死の願いに応えて戦うウソップだったが、とうとうトレーボルの粘液攻撃によりボロボロにされて捕まってしまう。シュガーは、とどめにタタババスコ入りのグレープをウソップに食べさせた。すべて終わりかと思われたその時、あまりの辛さに目が飛び出し火を吐くウソップ。その姿を見て、シュガーはおどろきのあまり気を失ってしまう!

「ワンピース ドレスローザ編」48話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第49話のあらすじ

シュガーの気絶によりホビホビの呪いが解け始めた。慌てふためき、シュガーを起こそうとするトレーボル。しかし、すでに遅く、まもなくロビンや片足の兵隊をはじめ、国中のオモチャたちにされた者たちが元の姿へと戻り始めていた。その様子を見て、ルフィたちにSOP作戦の成功を伝えるヴァイオレット。地下の交易港ではキャベンディッシュをはじめ、バトルショーの参加者たちも自由を取り戻す。そして、各地では元の姿となった海賊たちが、今まで虐げられた恨みをはらすべく、ドフラミンゴ一味に逆襲を開始していた。

倒れたウソップの元へ駆け寄るロビンは、元の姿に戻れたことを告げ、作戦の成功を教える。レオたちから作戦成功を賞賛されるウソップだが、傷ついたその姿から、死んでしまったと勘違いされる。どうにか生きていることを伝え、すべて計算の上だと強がると、後は自分の仲間を頼れと言って倒れてしまう。一方、オモチャたちが元に戻ったことにより、シュガーにより消えていた人々の記憶も復活した。家族との再会を喜ぶ者、不幸な行き違いに悲しむ者、元に戻ったリク王軍の兵たち、みんなドフラミンゴへの怒りを感じていた。

ドレスローザ各地で起きた反乱はもはや手下たちだけで押さえられない。10年かけて築いたものを台無しにされ、怒り心頭のドフラミンゴ。各地に散らばる幹部たちも異変に気づく。何が起きたのかとおどろくバスティーユに、藤虎はこの国に潜んでいた闇の深さを伝える。記憶が戻りキュロスのことを思い出したヴァイオレット、リク王、そしてレベッカ。命を救われたにも関わらず、キュロスを忘れていたことを悔いるリク王。オモチャから元に戻ったキュロスはリク王を救うべく、窓から飛び出すとドフラミンゴへ強襲をかける。

すべてを思い出したヴァイオレットは、ルフィに兵隊こそがキュロスでありレベッカの父だと説明した。キュロスはオモチャにされた10年間、本当のことを告げられぬまま、娘であるレベッカの傍を離れず見守り続けていたというのだ。 コロシアムの銅像、伝説の剣闘士がキュロスだったと知っておどろくルフィ。すさまじい勢いで見張りの兵たちを倒し、ついに宿敵、ドフラミンゴを前にしたキュロスは、リク王に10年ぶりに助けに来たことを告げると、真のドレスローザを取り戻すと宣言、渾身の怒りを込めてドフラミンゴに斬りかかり、その首を討ち果たすのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」49話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第50話のあらすじ

一刀のもとドフラミンゴの首を斬り捨てたキュロスは、すべての偽りを終わらせると叫ぶ。先を越されたとぼやきながらも、ヴァイオレットを連れて、ローの救出に飛び込むルフィ。一方、コロシアムでは大混乱が続く中、ホビホビの呪いが解けたレベッカは、父・キュロスのことをようやく思い出し、家族が幸せだったころの記憶を取り戻す。謎の男はそれこそがこの国のからくりで、物には核があると言うと、何かを探すように拳で床を叩き始めた。やがて、謎の男は試合にけりをつけると言い、拳に覇気を纏わせ地面に一撃を放つ。

リングが崩壊、場内に闘魚ごと水が流れ込み、観客たちは先を争って逃げ出した。メラメラの実の箱を背にした闘魚を見つけ、謎の男はすぐさま箱を手に入れようと飛び出す。そうはさせまいとするディアマンテだが、海水を浴び脱力して間に合わない。大混乱の中、リングにいるのは箱を手に入れた謎の男ただ一人。優勝者となった謎の男はメラメラの実を食べ、落下寸前のレベッカを救い出す。そしてルーシーの変装を投げ捨て、拳から燃えさかる炎が出現したことにおどろきながらも、エースの名をつぶやき技をもらうと構えた。

謎の男により蘇った火拳の威力はすさまじく、コロシアムはおろか地下の交易港までをも貫く。一方、ロビンはレオたちに傷ついて動けないウソップを頼み、面子を潰され逆上するトレーボルと戦う。そこへ巨人族の戦士、ハイルディンが現れ、ボロボロになったウソップを連れて行く。そしてウソップの身体を天に掲げ、ウソップこそ自分たちを解放してくれた英雄だと賞賛した。興奮した海賊たちから感謝の声が上がる。さらに天井が崩壊して光が差し込み、天の使いかと見間違える神々しさに、海賊たちは圧倒されて言葉を失う。

息をするのもやっとだというのに、勝手な事を言う海賊たちに怒り、悪態をついたウソップ。しかし、上手く発音できず聞き違えられた結果、救世主として祭り上げられ、海賊たちを導くはめになってしまう。我に返ったウソップは何が起きたのかわからないまま、恩を返すという海賊たちに、後ろにある工場の破壊と仲間である小人たちの救出を指示した。黙って聞いていた海賊たちだったが、ウソップの言葉を承知すると同時にすさまじい歓声が上がった。海賊たちと小人たち、自分を賞賛する声が響き渡る中、当のウソップだけが何が起きたのかわからずにとまどっていた。

「ワンピース ドレスローザ編」50話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第51話のあらすじ

ウソップの指示に従い、トンタッタの小人を救出、スマイル工場の破壊を実行しようと突き進む海賊たち。そうはさせまいと気絶したシュガーを回収して工場へ先回りするトレーボル。一方、メラメラの実を奪われ面目を失ったディアマンテの前にオモチャだった者たちがなだれ込んでくる。謎の男に救われ、合流したコアラと共に地下の交易港へ潜入したレベッカ。そこにはショーの出場者だったハックが待ち受けており、驚いたレベッカは謎の男の正体と偽ルーシーについて尋ねた。自分たちを革命軍だと明かした謎の男、その正体はかつて、船を天竜人に砲撃され、死んだと思われていたサボだったのだ。

最初のルーシーの正体はルフィで、自分の弟だと明かしたサボは、かつて、エース、ルフィと兄弟のサカズキを交わした日のことを懐かしく思い出す。革命軍の兵士がなぜここにいるのかというレベッカの疑問の答えとして、ハックは荷箱を正拳で破壊、中には銃が入っていた。驚くレベッカに、サボはこの国から輸出される武器が戦争を助長しており、自分たちはそれを止めるために来たと明かす。今まで何人もの革命戦士が潜入したものの、オモチャにされ連絡が途絶えていたのだ。サボは武器の生産地が分かればドラゴンへのいい手土産になるとつぶやくのだった。

ドレスローザ各地が大混乱となる中、リフト前ではドフラミンゴに化けて潜入した錦えもんがオモチャだった者たちの襲撃を受けた。とっさに天井に張り付き難を逃れるが、この場所で襲われたのは、おそらく作戦が成功したからだというウィッカの言葉に従い、元の姿に戻る。コアラと再会したロビンは、連れてきたウソップを仲間だと紹介、バルトロメオはウソップが手配書のそげキングに違いないと興奮を隠せない。一方、王宮スートの間ではドフラミンゴを討たれ逆上したバッファローの頭部をキュロスが抑え込んで外へ投げ飛ばす。続いて攻撃してきたベビー5も気絶させてしまう。

自分を助けにやってきたルフィに驚くロー。工場の破壊はどうしたのかと問い詰めるがルフィはかまわずローの手錠の鍵を外そうとするが、海楼石に触れられず手こずる。キュロスもリク王を救出した。そこへピーカが出現、かけつけたグラディウスもドフラミンゴの姿を見て言葉を失うが、そこに信じられないことが起きる。不気味な笑い声と共に討たれたはずのドフラミンゴがしゃべり始めたのだ。オモチャたちを失い、革命軍の潜入を許したことに怒りの表情を見せたドフラミンゴは、おもむろに鳥カゴを使うことを宣言するのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」51話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第52話のあらすじ

ウソップの指示を遂行すべく、工場へ向かった海賊たちだったが、待ち構えていたディアマンテとトレーボルに反撃され、壊滅寸前に追い込まれてしまった。一方、王宮では話し始めたドフラミンゴめがけ、再度キュロスが斬りつける。だが、その背後から別のドフラミンゴが出現、キュロスを狙って蹴りを放つが、間一髪、割って入ったルフィによって救われた。二人のドフラミンゴが現れたことに驚くベビー5。キュロスに討たれたドフラミンゴは糸でできた偽物だったのだ。偽の身体を操り、ルフィに攻撃が迫る。

咄嗟にかわしたルフィのゴムゴムの乱打銃と覇気で武装したドフラミンゴが激突する。だが、背後から攻撃され負傷するルフィ。さらにドフラミンゴの武装硬化した拳が炸裂、その勢いで壁に叩きつけられてしまう。ドフラミンゴはリク王に10年前の事件を覚えているかとたずね、これから起こることはその時とはくらべものにならないと不気味な宣告をすると、ピーカに命じてみんなを王宮の外へと放り出した。ルフィはとっさに身体を膨らませ、みんなを救う。リク王はこれ以上、この国を荒らさないでくれと悲痛な叫びをあげる。

操り人形の糸を天に向けて伸ばすドフラミンゴ。広がっていく糸を見て、ローは絶望的な表情を浮かべ鳥カゴと呟く。ドフラミンゴは島の秘密を守るため、ここにいるすべての人間の命を奪うつもりなのだ。ドレスローザを包み込んだその形はまさしく鳥カゴそだった。その糸は触れれば身体はおろか、砲弾すら切断してしまい、海軍の通信さえも遮断する。伸びた糸はさらにドレスローザの各地に降り注ぎはじめた。やがて糸によって操られた人々が誰彼かまわず、無差別攻撃を始める。混乱する海兵たちの中で藤虎は糸を掴みとる。

町に火の手があがり、逃げ惑う人々により阿鼻叫喚となるドレスローザ。ドフラミンゴに操られた人々は涙を流し、止めてくれと懇願しながら破壊の限りを尽くす。惨劇が繰り広げられ、何が起きているのかと驚くバスティーユ。ピーカにより轟音と共に台地がせり上がりはじめ、王宮が引き離された。王宮のドフラミンゴは島の人々に向けてあるゲームを持ちかける。ドフラミンゴを殺すか、ドフラミンゴの指定した人物に懸賞金を付け、その人物全員を仕留めれば終わりにするというのだ。助かりたければ誰かを仕留めるしかないと、ドフラミンゴは過酷な宣告をつきつける。はたしてドフラミンゴの指定する人物とは?

「ワンピース ドレスローザ編」52話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第53話のあらすじ

ドフラミンゴの鳥カゴによって、脱出はおろか通信さえも断たれたドレスローザ。さらに寄生糸に操られた人々の無差別攻撃により犠牲者が続出、国中が大混乱となっていた。人々の恐怖心を煽り、全員がこのまま死ぬか、ルフィたちを捕えてゲームを終わらせるかの二択をつきつけるドフラミンゴ。操られた海兵の糸を切断、無言のまま考え込む藤虎。目の前の惨劇に、人々はかつてのリク王や軍もドフラミンゴに操られていたことを知る。一方、地下交易港では錦えもんがロビンたちと合流、連れて戻ったカブたちをレオに引き渡す。

ドフラミンゴは各地にルフィたち12人の姿と多額の懸賞金を発表した。星1つに1億ベリーとし、一ツ星としてレベッカ、ロビン、錦えもん、ヴィオラ、フランキーの名をあげ、続く二ツ星としてキュロス、ゾロ。さらに各組織の主犯各としてサボ、ルフィ、ロー、リク王を三ツ星に指名した。自分の名が出ず安心したウソップだが、ドフラミンゴからすべての元凶として五ツ星、5億ベリーの懸賞金をかけられる。それまでウソップに感謝していた海賊たちが懸賞金を狙って襲ってきたため、サボを先頭に一同は地上へ脱出する。

ドフラミンゴにより、恐ろしいゲームの開始が宣告される。人々の中には多額の懸賞金を狙う者、ドフラミンゴとの戦いを避ける者、リク王たちの命を奪わず捕えようとする者たちも現れた。騒ぎに紛れて密かにオモチャの家付近から脱出したフランキーだが、海賊たちに追いつかれ攻撃される。恩知らずだと吐き捨て蹴散らすが、自分の命を犠牲にしてもフランキーを捕えようとする市民たちを傷つけるわけにもいかず、目立たないように姿を変え工場破壊に向かう。一方、ロビンと連絡が取れたルフィはレベッカの安否を尋ねた。

ルフィに自分の無事を伝えるレベッカ。ルフィはキュロスのことを教えようとするが、彼はいつのまにか姿を消していた。兵隊の正体がどんな人かと尋ねるレベッカに、ルフィは兵隊こそがレベッカの父だと伝える。兵隊と過ごした日々を思い出しながら、いつしかその姿は父と重なり、こらえきれず号泣してしまうレベッカ。ルフィはレベッカを泣き止ませ、兵隊を助けることを約束する。さらにメラメラの実をやれなかった代わりとして、ドフラミンゴをブッ飛ばしてこのゲームを終わらせてやるから、生き残れと励ます。そして王宮を見上げると、待ち受けるドフラミンゴに宣戦布告するのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」53話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第54話のあらすじ

多額の懸賞金により、島中の人間から追われる身となったルフィたち。ロビンはレベッカ、ウソップを連れてルフィたちと合流しようとするが、サボとコアラは姿を消してしまう。ローはこのままではカイドウを怒らせ、戦うことになると忠告するが、ルフィはそんな先のことより、今この国がどうなっているか見ろと反論する。そして、ローとゾロを抱えて動き始めた。そのころ、バスティーユはドフラミンゴを捕えないのかと尋ねていたが、藤虎はあくまでも暴動を抑え、捕えるのはルフィとローの海賊同盟だと言い放っていた。

コロシアムの地下から脱出したメイナードは、命令違反を叱責されながらも、ドフラミンゴを捕えることで世界が傾くかもしれないとバスティーユに進言する。一方、地下交易港へ戻ったコアラはドエレーナ王国の船が海賊船に見せかけていることを見破り、色々な国の闇がここに集まっていることを知り、証拠を消すため船に火をつけようとする男たちを気絶させていた。そのころ、ドフラミンゴを捕えない真意を問われた藤虎は、人々の怒りに満ちた悲鳴を指摘、世界政府への憤りを静かにぶつけ、決定には従ってもらうと告げる。

移動した王宮では、ドフラミンゴ以下、ファミリーが集合していた。呼び戻されたトレーボルは工場を守らなくていいのかと聞くが、工場は海楼石の錠で閉ざされており、更にドフラミンゴはカギを壊して万全を図る。シュガーを守れず、メラメラの実を奪われた不手際をラオGに指摘され、詫びるトレーボルとディアマンテだが、ドフラミンゴは過ぎたことだと二人を許す。ディアマンテはこの状況では海軍は邪魔なだけで、どうするのかと聞く。ドフラミンゴは藤虎と話はついているが、利用し終えた後は始末することを匂わせる。

海軍や市民、ドフラミンゴファミリーたちが躍起になってルフィたちを探し回る。オモチャの家付近ではセニョール、マッハバイス、デリンジャーたちがおり、ルフィたちはその真っ只中に落ちてしまう。逃げだしたものの、地面を泳いできたセニョールに足を捕えられ、身体を伸ばして逃げようとしたところをマッハバイスに足を挟まれ、デリンジャーに狙われるが、ゾロが背後からデリンジャーを蹴り飛ばし、間一髪で難を逃れる。だが、その前には町の人々が待ち受けていた。むやみに斬るわけにもいかず、ルフィは覇気で気絶させようとする。しかし、そこへ藤虎が現れ、ルフィたちの前に立ちはだかった。

「ワンピース ドレスローザ編」54話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第55話のあらすじ

敵のまっただ中に着地してしまったルフィたち。行く手を藤虎に阻まれるものの、ルフィが先制攻撃を仕掛ける。硬化させたルフィの拳と藤虎の刀が激突、どちらも一歩も退かない。一方、王宮のドフラミンゴの元へ、ルフィたちと海軍が交戦中との報せが届く。ドフラミンゴの対応を手ぬるい、始末は自分が引き受けると告げるピーカ。だが、ドフラミンゴはこのゲームこそ、国民にどちらの王が相応しいか選ぶゲームだとうそぶく。納得しかねるピーカ。その巨体に似合わない甲高い声に。こらえきれず手下の一人が笑ってしまう。

豹変したピーカは自分を笑った男を石の中に生き埋めにすると叫ぶ。べビー5はそれでは遺体すら探せないとピーカを止め、手下たちの始末を引き受ける。8歳で母を失い、父を10歳で手にかけたと自らの境遇を明かし、苦楽を共にした幹部は家族であり、笑うものは許さないと部下に告げるドフラミンゴ。一方、逃亡中のウソップたちは、ロビンの提案で、地形の変動で王の台地に隣接したコロシアムの壁を登ることにする。追手たちを食い止めるハックとバルトロメオ。タンクに危ういところを救われ、レベッカはリク王と再会した。

カン十郎の行方を捜し、スクラップ場へ続く穴に飛び降りた錦えもん。オモチャだった者たちに、何が起きているのか尋ねられる。まもなく轟音と共に大地が動き始めた。振動により建物が壊れ、人々は恐怖のあまり逃げ惑い、町はパニック状態になった。あまりの光景にルフィたちも声を失う。そして、激しい土埃と共にピーカが現れる。その大きさにおどろくルフィだが、ピーカの声の高さに吹き出してしまう。ピーカの手下たちはルフィを必死に止めるが、ルフィはがまんできず腹を抱えて笑い転げ、ピーカを怒らせてしまう。

声を笑われて怒りの形相のピーカは、ルフィを始末すべく動き始めた。もはや国中が混乱しており、逃げる人々に紛れマッハバイスとデリンジャーは王宮へ戻っていく。ただならぬ気配を感じる藤虎。ピーカはルフィたち目がけ、ゆっくりと拳を構えた。慌てて逃げ出すルフィだが、運の悪いことにガレキに鎖がひっかかり転んでしまう。ルフィの叫び声に振り返るゾロ。その目前でピーカの拳が唸りを挙げて大地に激突した。ゾロはすさまじい衝撃と土埃に吹き飛ばされながらルフィの身を案じ、その名を叫ぶ。はたしてルフィとローは無事なのか?

「ワンピース ドレスローザ編」55話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第56話のあらすじ

怒りに燃えるピーカの一撃がルフィたちに襲いかかった。すさまじい轟音と震動によって街は崩壊、王の大地をはじめ、ドレスローザ各地に多大な影響を与える。ロビンの張ったスパイダーネットから落下、間一髪のところでレオとロビンに救われ命拾いするウソップ。一方、ピーカによって飛ばされたゾロは、運よく建物の先にひっかかっていたルフィたちと合流した。ピーカの巨大さに呆れながら、せめて倒し方だけでもわかればとぼやくゾロ。すると、その背後からいきなりキャベンディッシュが現れ、ローに斬りかかってきた。

とっさにローをかばい、キャベンディッシュの剣から逃れたルフィ。まさに一触即発かと思われたが、キャベンディッシュはウソップに救われた恩を返すため、ルフィとは戦わず、ドフラミンゴを倒すと言い出した。妄想するキャベンディッシュを置き去りにして、先へ進むルフィたちだが、懸賞金を狙って追手が迫る。それを蹴散らすルフィとゾロだが、追手の数はさらに増えていき、そのうえ、八宝水軍の首領・チンジャオ、サイ、ブーが追いかけてくる。たまらず逃げ出したルフィだが、チンジャオに行く手を塞がれてしまう。

身構えるルフィだが、チンジャオはもう恨みも争う意志もないと話す。そして、チンジャオはウソップへの恩返しにドフラミンゴをぶちのめすと宣言した。だが、ルフィは自分がやるから止めるように言い、険悪なにらみ合いになってしまう。さらにルフィたちを探していたハイルディン、エリザべローとダガマ、すっかりウソップに心酔したジェットとアブドーラ、さらにスレイマン、イデオ、ブルーギリー、キャベンディッシュまでもが集まり、誰もがドフラミンゴを倒して恩返しをすると言い張り、収拾がつかなくなってしまう。

いっこうに話がつかず、にらみ合いになるルフィと海賊たち。そこへ新たな追手が現れ、ルフィを狙ってきた。その顔ぶれが元はオモチャだったと気づいたハイルディンたちは恩知らずとののしり、にらみ合っていたことも忘れて一丸となって迎撃する。その騒ぎの中、ウーシーと再会して喜ぶルフィは、その背に乗って王宮を目指す。そのあとを追いかける海賊たち。そこへ今度こそとどめを刺そうとピーカが現れるが、海賊たちに声を笑われ激怒した。まとめてつぶそうとするが、エリザベローとチンジャオの予期せぬ合体攻撃がその腕を粉砕した。言い争いながらもルフィと海賊たちがドフラミンゴめざして突き進む!

「ワンピース ドレスローザ編」56話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第57話のあらすじ

同時攻撃によってピーカの腕を粉砕したエリザベローとチンジャオ。降り注ぐ瓦礫により町が大混乱となる中、破片の雨を掻い潜り突っ走るウーシー。このまま一気に王宮をめざそうとするルフィだが、いつのまにか同乗していたアブドーラとジェットに気づく。ウーシーに負担がかかるからと降りるように言い放つが、二人は同行を希望して降りない。一方、ルフィたちを行かせまいと銃で狙うピーカの手下たちだったが、ルフィの後を追ってきた海賊たちによって次々と倒されていく。その勢いはもはや誰にも止められなかった。

ドフラミンゴを倒すのだと言い張り、小競り合いを始める海賊たち。そこへピーカが再び出現した。もう一度攻撃しようとするエリザベローとチンジャオだが、ゾロは能力がわからないまま攻撃するのは無駄だと止める。打つ手はなく、ダガマは逃げることを提案する。回り道するほかないかと思われたが、ルフィはピーカの腕を駆け上がって接近した。今度こそルフィを潰そうと狙うピーカ。腕の上では逃げ場がないと危惧する海賊たち。ルフィはギア3を発動、覇気で硬化させた拳でピーカの顔面にゴムゴムの灰熊銃を叩き込んだ。

ルフィたちが王宮へ向かったとの報告を受けた藤虎は、ただちにバスティーユ中将へ連絡を取り、コロシアムを出た海賊たちの動きを告げ、島内に散らばった中将たちを王宮の麓に集結させるように指示する。今こそ自分たちが動くときだというのだ。王宮へ向かうキュロスは市民から逃れようと、がれきに姿を隠しながら、ドフラミンゴに操られ、残虐行為を行う人々を目撃する。10年前の惨劇を思い出し、レベッカのためにも必ずドレスローザを取り戻すことを誓う。そのころ、旧『王の台地』のロビンたちに危機が迫っていた。

憧れのロビンの張ったネットをよじ登り感激するバルトロメオ。背後からの追手にレベッカが足を掴まれ、引きずり降ろされそうになるがロビンに救われる。全員が登るとロビンはネットを外し、追手は落下した。一方、ピーカの頭部を粉砕したルフィは王宮へ向かおうとするが、ゾロは砕いたのは石像で本体は近くにいるはずだと言うと、その気配を読み、潜んでいる場所を突き止める。人間体を現したピーカは巨大な刀をルフィめがけて振り下ろした。しかし、ゾロがピーカの刀を受け切った。にらみ合いになる中、ゾロはルフィを先に行かせると、不敵な笑みを浮かべてピーカを挑発、自分が相手になると宣言する。

「ワンピース ドレスローザ編」57話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第58話のあらすじ

ピーカの相手をゾロに任せ、王宮へと突き進むルフィ。石像の動きが止まった今がチャンスだと、手下たちをなぎ倒し後に続く海賊たち。王宮前には藤虎率いる海軍が、その先にはファミリーの幹部たちが待ち受ける。状況を見たベビー5は戦局が、海賊たちコロシアム軍団、キュロス、ゾロとピーカ、ルフィとローの四か所だと分析した。そして、いつの間にかセニョールの姿が見えないことに気づく。一方、工場へ到着したフランキーの前に、そのセニョールが現れていた。扉の破壊を邪魔されたフランキーは再びセニョールと戦う。

人々との無用の争いを避けるために姿を隠していたキュロスだったが、平穏を求める民の必死の訴えを見過ごせず、剣を鞘に納めて姿を現した。そして、戦いを終わらせるためにも先へ行くと言い残し、再び王宮へ向かう。ゾロとピーカの激しい戦いはいまだ続いていた。それまで黙っていたローだが、覚悟を決めたと重い口を開き、自らドフラミンゴに一矢報いたかったと明かした。13年前、ローは命をくれた恩人をドフラミンゴに殺されたというのだ。その人物こそファミリーの最高幹部、コラソン。ドフラミンゴの実の弟だった。

どうにか新王の台地へ登ったウソップたち。ルフィに会えると喜んでいたバルトロメオだが、その姿がなくショックを受ける。だが、5分と同じ場所にいないと教えられ、さすがだと感心する。一方、ヴィオラは千里眼でローの手錠の鍵を発見、届けようとするが海賊という理由でリク王に止められた。しかしヴィオラは、この国がどれほど世界政府にひどい傷を負わされたのか、そんな相手に今さら助けてほしくない、ルフィたちは無法者かもしれないが、その言葉には血が通っている、それに国の運命を賭けたのだと逆に説得する。

さらにレオはリク王にウソップこそ呪いを解いたヒーローだと説明、その仲間であるルフィたち麦わら一味は希望の星だと訴えた。ヴィオラの見つけた手錠の鍵を、自分が届けに行くことを買って出るレベッカ。それならばと同行を名乗り出るバルトロメオ。レオは地上ではなく屋根の上を行くことを提案する。二手に別れ、レオとカブはレベッカたちと、インヘルと小人たちはフランキーと協力して工場を破壊、マンシュリー姫たちを救いだし、王の台地で合流することを約束する。一方、新王の台地に一番乗りを果たしたルフィは、向かってくる銃弾をすべてゴムゴムのお礼砲で跳ね返し、その先へ進むのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」58話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第59話のあらすじ

王宮のある大地へ一番乗りしたルフィ。後を追うコロシアム軍団もよじ登り始めた。下には藤虎、バスティーユ率いる海軍がいるのに、どうやって乗り越えてきたのかとおどろくデリンジャー。さらにルフィの快進撃を止められず、一段目に到着を許したとの報告が届き、手下たちのふがいなさをなじる幹部たち。コロシアム軍団の海賊たちもまた、自分こそが恩返しをするのだと、小競り合いをしながらもドフラミンゴの待つ王宮へ向かう。なおも続く海賊たちの接近に、ベビー5は海軍が足止めされていることを指摘するのだった。

藤虎、バスティーユの率いる海軍の前に立ちはだかるサボ。どうしてもどいてもらえないかと言う藤虎に、ルフィや、それを助ける者たちの敵を通す気はないと突っぱねるサボ。海賊の援護が革命軍の仕事なのかと尋ねられ、そうだと言いかけながらも、サボは兄としてだと言い直す。藤虎との間に不穏な空気が流れる中、攻撃しようとする部下たちを抑えるバスティーユ。しかし、サボの挑発に怒り、海兵たちは発砲する。命中したかに見えたものの不敵に笑うサボ。海兵たちから集中砲火をあびるも、ものともせず反撃を開始した。

サボを自然系の能力者だと断言、物理攻撃は聞かないと部下たちを下がらせ、自ら相手をするバスティーユ。鮫切り包丁がうなりをあげ、サボ目がけ襲いかかるが、上空へ逃られる。勢い余った斬撃は周囲の建物を切断した。怒涛のごとく何度も斬りつけるが、すべて避けられる。サボは自分からバスティーユに接近、振り下ろされた鮫切り包丁を爪で止めると、これは竜の爪だと言って、鮫切り包丁をたたき折る。さらにバスティーユの仮面を掴み、顔面ごと握りつぶすのも簡単とサボは言うが、上空から何かが接近するのに気づく。

まもなく隕石が落下するが、トリカゴに阻まれバラバラになった状態で各地に散らばった。当てが外れ、被害を心配する藤虎だが、部下から前もって教えてくれと懇願される。やがて現れた、バスティーユの仮面を砕いたサボを睨む藤虎。倒れたバスティーユに駆け寄る海兵たち。藤虎から兄というのは、ルフィの義兄弟のエースと同様の意味かと尋ねられ、昔のことを思い出すサボ。そして、もしもルフィが助けを求めたら、世界のどこにいてもかけつけると口を開く。それを聞いた藤虎は、これ以上は野暮だと刀を抜いた。上空から炎とともに藤虎を攻撃するサボは、ルフィは俺が守ると決意を新たにする。

「ワンピース ドレスローザ編」59話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第60話のあらすじ

王宮への一番乗りをめざすルフィだったが、先回りしたキャベンディッシュに追い抜かれ、他の海賊たちの接近に焦る。執拗に狙ってくる手下たちを相手に応戦中、突如、現れたケリーが手下たちをぶちのめした。おどろくルフィにケリーは自分も同じブロックの選手で、ゴッド・ウソップに助けられたと言い、王宮前のひまわり畑へ出る抜け道を知っているから案内すると持ちかけてきた。いまだ手錠が外れない状態で向かうのは危険すぎる、元へ戻れといら立つローだが、ルフィは一気に抜き返すチャンスだとケリーに案内を頼む。

ルフィたちに先へ向かうよう言うと、後は任せろと請け負うケリー。それに応えるべくウーシーの背から立ち上がり、礼を言うアブドーラとジェットだが、入口の桟にぶつかり落ちて気絶してしまう。かまわず暗がりの中を進むルフィとロー。やがてロビンからの連絡でローの鍵が見つかったと聞き、ひまわり畑で合流することになる。そして、ロビンたちの移動のため、カブが仲間を呼びよせる。一方、抜け道の前にケリーとその仲間たちが集まっていた。実は抜け道など真っ赤なウソで、ルフィをだまし討ちしようというのだ。

カブの呼びかけに応じ、整列したカブトムシ部隊イエローカブたち。これに乗ってほしいと言われ、呆気にとられるロビンたち。カブから紐を渡され、左右に一本ずつ持つよう説明されるが気が進まない。しかし、レオは有無を言わさず3人を下へ突き落す。おどろく3人にレオは飛ぶことはできないが、落下速度を落とすことができると言い、うまく屋根に乗り、離れるときに蹴りあげることで上昇を助けられると説明する。下からの攻撃に注意しなければならないが、これを繰り返してルフィの待つひまわり畑に行こうというのだ。

スマイル工場前ではなおも、フランキーとセニョールの戦いが続いていた。固唾を飲んでその様子を見つめながら、考えがあると告げるインヘル。一方、ピーカとゾロの斬り合いも決着が付かないでいた。そろそろ頃合いだと、ルフィたちを片付けるため中へ入ろうとするケリーたち。しかし、背後から現れた何者かが彼らを倒す。一方、奥を進むうち、水が流れていることに気づいたロー。元に戻ろうとするルフィだが先へ行こうとするウーシーが暴れてもたついてしまう。そこへ背後から近づいてきた相手に息をのむルフィ。なんと現れたのは王宮にいるはずのドフラミンゴだったのだ。

「ワンピース ドレスローザ編」60話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第61話のあらすじ

ケリーにより井戸に誘い込まれたルフィの背後にドフラミンゴが現れた。逃げ場を失ったルフィはすぐさま攻撃するが、ドフラミンゴには通じずウーシーが弾糸によって倒れ、水面に落下してしまう。その様子を見下ろし、頂上戦争の頃からルフィの実力を認めていたと語るドフラミンゴだが、危機感のなさを指摘、ローになぜルフィを選んだのか尋ねる。お前のようになりたくないとローに言い返されたドフラミンゴは怒り、わざとコラソンの名を出し、腑抜けでなければなぜ、つまらない死に方をするのかとローに狙いを定めた。

間一髪、背後からドフラミンゴに斬りかかるアブドーラとジェット。だが、討ち取ったかに見えたドフラミンゴの身体が糸のようにほどける。おどろく二人にローは、これが糸人形だと教える。水中から引き上げてもらったルフィは、ケリーを倒したのがドフラミンゴだと教えられ、それでは助けられたことになると怒る。さらに、キャベンディッシュたち始め、コロシアム軍団の海賊たちが2段目に到着していると聞き、いてもたってもいられない。一気に逆転しようと近道がないなら作ればいいと言うと。ゴムゴムの象銃を放った。

ドフラミンゴの手下たちを倒し、王宮へ進むコロシアム軍団。その足元が揺れ、地割れと共にルフィの拳が飛び出してきた。おどろきながらも各々3段目へと向かう海賊たち。倒すどころか足止めすらできない手下たちに怒りをあらわにするグラディウス。そして、アブドーラたちにウーシーの手当を頼み、ローを担ぐと一気に外へと躍り出たルフィ。一方、王宮へ向かうキュロスは懸賞金狙いの海賊たちに狙われたところを老人に助けられるが、どうか捕まってほしいと懇願され、振り切りながら必ずドフラミンゴを倒す決意を固める。

インヘルたちが工場の扉を開ける間、時間を稼いでセニョールを足止めすることを引き受けたフランキー。一方、王宮のある台地4段目では、ドフラミンゴの真意を確かめようと、ベラミーがひまわり畑を進んでいた。そして。王宮ではトレーボルたちにドフラミンゴはローと初めて会った日のことを覚えているかと尋ねていた。かつて、幼いながらも、いずれは自分の右腕になる男だと見込んでいたのに、自らの手で始末することを残念がる。10年前、ドフラミンゴの前に現れ、仲間に入れてくれと願い出た一人の少年。白い町で育ったと言い、長く生きられないと告げる。そんなローの姿をドフラミンゴは思い出していた。

「ワンピース ドレスローザ編」61話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第62話のあらすじ

ドレスローザ各地が大混乱となる中、王宮のドフラミンゴと対峙したベラミー。そして、デリンジャーを刺客に差し向けた理由を問いただす。しかし、この世界を壊したかった自分とは目的が違うと言われ愕然とする。一方、2段目ではコロシアム軍団と幹部たちの激突が始まった。デリンジャーに道を開けるように迫るスレイマンだが、強烈な蹴りと高速移動にわずかな隙を突かれ倒れる。3段目をめざしたチンジャオも、グラディウスの仕掛けた地雷により落下してしまう。幹部たちの猛攻に、徐々に押されていくコロシアム軍団。

旧、王の台地から燃える町を見下ろし、10年前の悲劇が繰り返されることを怖れるリク王。自分の仲間たちがそうはさせないと励ますウソップだが、レベッカを捜していた町の人々に見つかってしまった。これ以上、犠牲者を出さないため、ウソップたちを人質に他の仲間を捕えようと人々が押し寄せてくる。一方、スクラップ場の地下に飛び込んだ錦えもんだが、囚われているはずの侍同心、カン十郎は見つからず焦り始める。どこからか聞こえてくるいびきに耳をすませ、その音を頼りに錦えもんはカン十郎の行方を懸命に探す。。

フランキーが時間を稼ぎ、工場の天窓に接近するインヘルたち。そして、ビアンの指揮するピンク・ビーを使い、仲間たちに騙されていたことを伝える。詳しい事情は分からないが、仲間を信じて反撃に出た小人たちは、たちまち手下たちを気絶させる。一方、2段目では幹部たちの攻撃に押され、コロシアム軍団が苦戦していた。もはや一番乗りを争う場合ではなく、このままでは負けるとエリザベローに言われ、今こそ軍師である自分の出番だと請け負うダガマ。そこへ遅れを取り戻そうとローを担いだルフィが突っ込んできた。

このまま一気に王宮へ向かおうとするルフィ。だが、その前にキャベンディシュが立ちはだかる。邪魔をするつもりかと問いただすルフィだが、キャベンディッシュはルフィにファルルに同乗することを許し、自分が壁を切り、道を開く間に3段目に進めと申し出る。引き続き到着したキュロスは、レベッカの身を案じながら、ドフラミンゴを倒して国を取り戻すほか、もう一人討ち取りたい男がいると胸の内を明かす。その覚悟に死ぬ気かと尋ねるルフィに、人間の身体で負けないと断言する。ダガマの作戦によって、みちがえるような勢いを取り戻したコロシアム軍団の力を借り、ルフィは3段目へと突き進む。

「ワンピース ドレスローザ編」62話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第63話のあらすじ

コロシアム軍団の力を借りて、一気に3段目の突破をめざすルフィたち。そうはさせまいと立ちはだかるグラディウス、マッハバイスは手下たちに命じてルフィたちの足を止めようとする。しかし、エリザベローたちに邪魔をされ失敗してしまう。サイとイデオもグラディウス、ラオGと戦うが、グラディウスの地雷パンクによって負傷する。先ほどまでの対立がウソのように団結して戦うコロシアム軍団に違和感を覚え、チンジャオに問いただすベビー5だが、ルフィにはそれだけの価値があると言い返されてしまう。

団結して戦うコロシアム軍団、その鍵がダガマだと見抜いたベビー5。デリンジャーはエリザべローに続きダガマを狙い、腹部に傷を負わせるが、ダガマは渾身の力を振り絞り、デリンジャーを捕まえる。一方、スクラップ工場の地下でカン十郎を捜す錦えもんは、壁の中から聞こえてくるいびきと寝言を聞きつけ、壁に耳を近づける。壁が偽物だと見抜き、その壁を取りのぞくと、人の起き出す気配がした。暗がりの中から現れた人物を見たとたん、目に涙を浮かべる錦えもん。その人物こそ探し求めた侍同心、カン十郎だった 。

カン十郎と感動の再会を果たした錦えもん。聞けば、カン十郎は壁の中に隠れるうち、眠ってしまったというのだ。モモの助の無事を聞き、安心するカン十郎は、ここから出るためだと壁に雀の絵を書き始めた。やがて信じられないことが起こった。なんとカン十郎が命じると、絵から雀が飛び出し、生きているかのように動き始めたのだ。画力が残念だと言われるが、錦えもんを連れ、雀に乗ってここから脱出しようとするカン十郎。それを見た人々から連れて行ってほしいと懇願され、はじごを描き、全員で抜け出すことになった。

ファルルを駆り、道を切り開くキャベンディッシュはルフィに、ドフラミンゴは武器の密売とオモチャの秘密を守るため、ゲームに勝っても命はないだろうと自分の考えを明かした。つまり生きて島を出るにはドフラミンゴを倒すしかないと言うのだ。狡猾な男だが、たった一つの落ち度があるとすれば、コロシアム軍団の猛者たちを1か所に集めたことだと言うと、自分が討ち取ると言うキャベンディッシュ。しかし、ルフィ、ロー、キュロスたちは自分こそがドフラミンゴを倒すのだと譲らない。そして、一気に上をめざし、道を切り開いて駆け上がったルフィたちの前に巨大な人形が出現、行く手を阻まれてしまう。

「ワンピース ドレスローザ編」63話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第64話のあらすじ

巨大なブリキの兵隊たちに行く手を塞がれたルフィたち。不気味な動きを繰り返す兵隊たちをかわしながら、キャベンディッシュはこのまま一気に駆け抜けようとした。突然、襲いかかってきた兵隊をかわすと、頭を噛まれそうになったとおどろくルフィに、自分の身は自分で守れと忠告するキャベンディッシュ。一方、ピーカと激しい斬り合いを続けるゾロは、空中を移動中のロビンたちを見つけた。今、ピーカに攻撃されてはひとたまりもない。ロビンはゾロに自分たちがここを通るまでピーカを足止めしてほしいと頼んだ。

王宮へは行かせまいと先回りしてレベッカたちを狙うピーカだが、間一髪で駆けつけたゾロによって巨大な体も切断、本人もダメージを負う。ゾロはピーカを見下ろすと麦わらの一味はルフィとゴッド・ウソップだけでないと言い、自分はいずれ世界一の大剣豪になる男だと言い放つ。一方、スマイル工場ではいまだ、居場所のわからないマンシュリー姫を探すため、側近のマウジイが先発隊のもとへ向かう。部下たちから報告を受けた工場長キュイーンは怒りをあらわにし、小人たちを力づくで懲らしめようと実力行使に打って出る。

小人たちに武器を奪われ、素早い攻撃の前に次々と倒されていく手下たち。もう一度、マンシェリー姫の病気を理由に小人たちをだまそうとするが、機転を利かせたインヘルが耳栓を使って阻止する。先発隊と合流したマウジイは自分たちが騙されていたことを知ると、すぐさまマンシュリー姫の行方を探しに走る。そして、姫の身を案じるあまり駆けずり回り、隔離部屋を探し当てる。だが、勢い余って立入禁止のドアに激突してしまった。中に入ってしまったことを詫びるが、そこは荷物が置かれただけの倉庫だったことにおどろく。

工場前ではフランキーとセニョールの激戦が続いていた。困っている老婆がいるとセニョールに教えて、工場から引き離すフランキー。一方、工場の中の小人たちに危機が迫っていた。キュイーンは調子に乗るなと小人たちを怒鳴りつけると、もとよりお前たちはスマイルを作るための奴隷だと言い放ち、吸引マシンで逃げようとする小人たちを回収しはじめた。こうなったら扉を開けるしかないと頑張る小人たち。必死な小人たちを吸い込んでいくキュイーン。もう限界かと思われたそのとき、僅かな光が差し込んだ。フランキーの両手がついに工場の扉を開いたのだ!

「ワンピース ドレスローザ編」64話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第65話のあらすじ

工場の扉を押し開き、小人たちと合流したフランキー。仲間が助けに来てくれたと歓声を上げる小人たち。その健気さと頑張りに感激してもらい泣きするが、姫とキュイーンを間違えて呆れられる。小人たちへの折檻を邪魔され怒るキュイーンは自ら仕留めようとするが、フランキーに抱きつかれて身動きできなくなる。そのころ、いまだ行方のわからないマンシュリー姫を血眼になって探し回るマウジイ。姫の姿を求めて工場内を駆けずり回り、あやうく見張りの男たちに気付かれそうになるが、ネズミだと思わせて何とか逃れる。

3段目を進むルフィたちは不気味な頭割り人形に囲まれてしまった。目の前の敵を倒すものの、次から次へと現れる人形たちに手を焼かされる。一方、騙されたと気づいて工場へ引き返したセニョールはフランキーを攻撃するが、キュイーンを盾にされ失敗する。勝手に抱きつかれ、道具代わりに利用されたと怒るキュイーンだが、強引にキスされると一転、乙女のように恥じらう。なおも言葉を続けようとするキュイーンを子供扱いし、黙らせるセニョールとフランキー。工場の破壊をかけ、再び壮絶な戦いが始まろうとしていた。

どうにか頭割り人形たちを倒し、先を急ぐルフィたち。ピーカを足止めして、ロビンたちを先へ行かせたゾロ。目の前でレベッカを取り逃がし、怒りに燃えるピーカは再びゾロを攻撃するが、全て躱されてしまう。ゾロの強さに感激するバルトロメオだが、ロビンから、まもなく2段目に到達うるのでジャンプの着地点に気をつけろと忠告される。マウジイから、工場内の仲間が解放されたと聞いて喜ぶレオだが、肝心のマンシェリー姫が行方不明だと聞き、不安の色を隠せない。一方、旧王の台地のウソップたちにも危機が迫る。

戦いを終わらせるため、ウソップたちを捕えようと人々が押し寄せる。逃げようと主張するウソップだが、どこへ逃げるのかとヴィオラに一蹴される。リク王はマンシュリー姫は王宮のどこかにいると言うと、ヴィオラに千里眼で王宮内を探すように指示する。そこへ錦えもんとカン十郎が到着。外の様子におどろきながら、ウソップにカン十郎を紹介する錦えもん。現状を説明しようとするウソップだが、カン十郎の描いた網で人々が登ってくるのを見てパニックになる。一方、マンシュリー姫が見つからず焦るヴィオラだが、記憶をたどって、ついに礼拝堂の裏の小部屋で泣きじゃくるマンシュリー姫を発見した。

「ワンピース ドレスローザ編」65話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第66話のあらすじ

幼い頃の記憶をたどり、ついにマンシェリー姫の居場所を突き止めたヴィオラ。そのころ、王宮のある台地を通過、ひまわり畑に近づくにつれ、ルフィとの対面を妄想するバルトロメオ。ヴィオラからの連絡で、マンシュリー姫の居場所が、おしおき部屋だと聞き目に涙が浮かべたレオは、レベッカにそこはいたずらが過ぎてリク王に叱られた幼いヴィオラと一緒に反省した場所だと教える。そして、こっそり食料を持ってきてくれたレベッカの母、スカーレットのことがみんな大好きで、小人たちはみんな彼女を慕っていたと語った。

王宮をめざすルフィたちの行く手を阻む頭割り人形たち。反撃に出たルフィたちだが、剣で斬られても、腹に風穴を開けられても立ち上がる人形たちに手を焼く。一方、ヴィオラによって、シュガーの完全復活を聞き、ルフィたちに危険が迫っていることを知ったウソップ。自分の失敗を挽回すべく、国中の人間たちをオモチャにしなければドフラミンゴに申し訳ないと毒づくシュガー。ルフィたちに連絡が取れない今、自らの手でシュガーを倒すほかない。ウソップは一度きりのチャンスを成功させるため、ヴィオラに協力を頼む。

激しい戦いを繰り広げる幹部たちとコロシアム軍団。提督の威厳を見せつけ、手下たちの動きを封じ、一気に倒すオオロンブス。変形して空中からサイを攻撃しようとするベビー5。さらにチンジャオ、ラオGは互いに相手を子供扱いして譲らず、にらみ合いののちに激突する。そのころ、敵に気づかれないように移動していたロビンたちだったが、ついにグラディウスに見つかってしまった。レベッカにローの鍵を託し、ひまわり畑へ向かうように指示をするロビンと、バルトロメオはグラディウスの攻撃を受けて落下してしまう。

ゴムゴムのUFOで一気に頭割り人形たちを倒すルフィ。だが、何度倒しても人形たちは立ち上がり、ルフィたちの前に迫る。打つ手はなく、手錠さえ外れればと悔しそうなロー。そのとき、上空から何かが接近、落下してきたバルトロメオ、ロビンたちと再会したルフィ。鍵をよこせと要求するローだが、鍵は4段目に向かったレベッカが持っているとロビンは告げる。レベッカを逃したことに怒り、まとめて相手をしようとするグラディウス。その前に出たロビンとバルトロメオは、ルフィたちを先に行かせ、自分たちがこの場を食い止めることを買って出る!

「ワンピース ドレスローザ編」66話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第67話のあらすじ

レオたちと進むレベッカは、ついに4段目のひまわり畑に到着する。ここまで送ってくれたイエローカブ、さらにマンシュリー姫を助けに向かうレオたちを見送り、レベッカはひまわり畑で一人、ルフィたちの到着を待つ。そのレベッカの前に、なんと最高幹部ディアマンテが現れた。おどろきのあまり言葉を失うレベッカに、ディアマンテは不気味な笑みを浮かべて迫る。一方、グラディウスに反撃しようとするルフィの前に出たバルトロメオは、自分に任せてほしいと言うとバリアで破裂玉を防ぎ、ルフィに感心されて舞い上がる。

思わぬ邪魔が入り、怒るグラディウスは頭割り人形たちをルフィたちに差し向ける。負けじとギア2を発動、JET鞭で頭割り人形を倒すルフィ。その戦いぶりに目を輝かせるバルトロメオは、ルフィに使ってもらおうとバリアで階段を作った。その階段で一気に4段目に向かおうとするルフィを狙い、頭割り人形たちが襲ってくる。一方、藤虎を相手に熾烈な戦いを続けるサボ。周囲には激しい炎が渦巻き、メイナードすら近づけない。藤虎の真意を測りかね、その狙いを聞き出そうとするサボだが、うまくはぐらかされてしまう。

サボの力量を認めた上で、自分の立場を察してほしいとしらを切りとおす藤虎。そもそもサボの目的は海軍の足止めではないかと尋ねるが、差別はしないと言い返されてしまう。すぐさま重力刀を振るい「猛虎」でサボを攻撃、建物がひしゃぎ、崩れる。真横に重力をかけるという予想外の技におどろきながらも、垣間見せた大将藤虎の実力に納得するサボ。だが、一気に間合いを詰め、藤虎に接近、互いに譲らず激突するも決着はつかない。結果がどう転ぼうと、自分の首を賭ける覚悟だと言う藤虎のたとえ話に何事か感じとるサボ。

ルフィに襲いかかった頭割り人形を一刀のもとに切り倒し、レベッカの待つひまわり畑へ向かうキュロス。なおも襲い掛かる頭割り人形を倒し、ルフィを先に行かせるキャベンディッシュ。ルフィを狙った破裂玉から身体を張ってルフィを守り、バルトロメオはボロボロになって倒れる。一度に出せるバリアの量には限界があり、階段に使ってもう出せないというのだ。呆れながらもキャベンディッシュはルフィたちが戻るまで手伝いを買って出る。バルトロメオの心意気を組んだロビンは、ルフィは勝利の切り札で、命を賭ける価値があると言うと、グラディウスと頭割り人形たちを相手に立ちはだかった。

「ワンピース ドレスローザ編」67話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第68話のあらすじ

グラディウス、頭割り人形たちをロビンたちに任せ、4段目へ続く階段を一気に駆け上がるルフィ。一方、ひまわり畑のレベッカに危機が迫っていた。圧倒的な力の差を見せつけ、自らが母の仇だと挑発し、レベッカをあざ笑うディアマンテ。怒りに我を忘れ、剣を握るレベッカだが、ルフィの言葉を思い出し、自分がすべきことは錠の鍵を届けることだと戦いを避け、ひまわり畑を逃げ回る。どんな挑発にも乗らず、戦おうとしないレベッカに業を煮やしたディアマンテはレベッカを用済みだと言い放つと、卑怯にも背後から攻撃する。

何とか立ち上がろうとするレベッカだが力尽き倒れてしまう。情け容赦ないディアマンテは、スカーレットと同じ銃で殺すと言って銃口を向ける。涙を流しレベッカが兵隊に助けを求めたそのとき、飛び込んできたキュロスがディアマンテに斬りつけた。そして、レベッカに今まで戦わせたことを詫び、もう戦わなくていいのだと言い聞かせ、ディアマンテに決着をつけると言い放つ。キュロスとの再会に涙を溢れさせるレベッカだが、自分の名を呼ぶ声に気付く。ルフィたちがバリアの階段を駆け上がり、すぐ近くまできていたのだ。

手を伸ばし、レベッカに鍵を渡すように叫ぶルフィ。その背後には頭割り人形が迫っていた。手を伸ばし、レベッカから鍵を受け取るルフィ。その直後、背後から迫る頭割り人形に飲まれたかに見えたが、錠を外したローによって逃れ、ついに4段目に到着する。ここは自分が引き受けると言うキュロスの申し出を受け、ドフラミンゴを倒すことを約束して王宮へ向かおうとするルフィ。レベッカから本当にドフラミンゴを倒してくれるのかと聞かれたルフィは、自分の本当の名前を教えると、ドフラミンゴを必ず倒すことを約束する。

ルフィとローを王宮へ行かせてなるものかと、必死の攻撃を放つディアマンテ。だが、ローのほうが早く、攻撃から逃れ王宮へ到着する。便利な能力だと感心するルフィに、ローは体力を消耗するため、ここまで能力を封じられ、ルフィに運ばれたことは不幸中の幸いだと話す。ドフラミンゴに打ち込まれた銃弾を体内から取り出したローは、すぐにでもドフラミンゴのもとへ乗り込もうとするルフィを止めようとして言い合いになってしまう。見張りから二人が侵入したと報告を受けたシュガーは、10年かけて集めたオモチャを失った復讐の手始めとして、ルフィたちの存在をなかったことにすることを決意する。

「ワンピース ドレスローザ編」68話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第69話のあらすじ

ルフィとローをオモチャに変えようとするシュガーの企みを阻止することを決意したウソップ。しかし、そのチャンスは一度きり。ヴィオラの千里眼、カン十郎の力を借り、慎重に狙撃の準備を進めていくウソップ。千里眼だけで大丈夫かと不安を口にする錦えもんに、ウソップは狙撃手である自分がルフィたちを守ると断言する。やがてヴィオラがルフィとローに近づくシュガーを見つけた。崖下からはウソップたちを捕えようと人々が登ってくる。リク王はタンク、ハックと共に人々を食い止め、狙撃の時間を稼ぐ役目を買って出た。

ルフィとローを待ち伏せ、迷子のふりをして二人に近づくシュガー。大泣きするシュガーを前に面食らい、迷子なのかと尋ねるルフィ。こんなところに子供がいるのはおかしいと、先へ進もうとするロー。一方、人々に傷を負わせぬよう、必死に押しとどめるリク王たち。ここで外せばすべてが無になる。ウソップは外壁塔の窓や格子の数や幅、シュガーの立つ位置までを聞きとり、頭の中で位置を描き、綿密に計算して狙いを定めていく。そのころ、シュガーはグレープをあげるといってルフィをおびき寄せ、二人の間に入ろうとする。

プレッシャーのあまり緊張で狙いが定まらないウソップ。もし外せばルフィを失うばかりかすべてが無になる。シュガーはその間にも確実にルフィとローへ近づく。極度のプレッシャーから、ウソップは手元が狂って失敗、ルフィがオモチャにされる幻を見てしまう。その時、ウソップに異変が起こる。目を凝らすうち、ヴィオラですらやっと様子が掴めるかの王宮内部で、ルフィたちの気配を捕え位置を確認できたのだ。そのままシュガーめがけ渾身の一撃を放つウソップだが、その直後、押し寄せた人々に取り押さえられてしまう。

ウソップの放ったバグワームは計算どおりにシュガーをめざして飛び、目の前でウソップの人形が飛び出すのを見たシュガーはトラウマを思い出して再び気絶した。ウソップがカン十郎に頼んでいたのはこれだったのだ。シュガーの気絶と同時にロビンたちを狙う頭割り人形たちも動きを止め崩れ落ちる。途方もない狙撃を成功させたウソップに感動、ヴィオラは倒れたウソップに駆け寄り成功を伝える。気絶したシュガーに構わず、一気に王宮最上階へ上がり、宿敵、ドフラミンゴの元へ躍り出たルフィ。そして、何をしに来たのかと尋ねるドフラミンゴにお前をぶっ倒しにきたと宣戦布告する。

「ワンピース ドレスローザ編」69話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第70話のあらすじ

ウソップ決死の一撃によりシュガーが意識を失い、頭割り人形にされた手下たちも元に戻った。味方をも武器にする非情さに憤るキャベンディッシュ。バリアが使えるようになり、活気づくバルトロメオたちとグラディウスがにらみ合う。一方、王宮最上階へ乗り込んだルフィはドフラミンゴの足元に倒れ、ボロボロになったベラミーと再会する。ベラミーを離せと詰め寄るルフィに、ドフラミンゴはベラミーが二度のチャンスをものにできなかったことを罵り、ベラミーがここへ来たのはけじめをつけるため、殺されに来たのだと言う。

ドフラミンゴに足蹴にされ、殺してほしいと懇願するベラミー。所詮はチンピラだと吐き捨てるドフラミンゴめがけ蹴りを放つルフィだが、ベラミーを盾にされ傷つけてしまう。ローは怒りで感情のまま動けば、自分のように命を落とすと忠告する。ドフラミンゴはパンクハザードでの一件、モネを殺し、シーザーを連れ去り、さらにドレスローザでのオモチャたちの解放、今も工場を狙っていることにいら立ち、13年前の事件、コラソンという名を口にする。その途端、今度はローが激しい怒りを見せ、ドフラミンゴに刀を向ける。

影騎糸で分身を操り、ローを攻撃するドフラミンゴ。その隙に本体のドフラミンゴを攻撃しようとするルフィだが、糸で操られたベラミーが襲ってきた。自分を止められず、ルフィに止めてほしいと懇願するベラミー。一方、二段目ではコロシアム軍団と幹部たちの激闘が続き、その先では頼みの頭割り人形を失い、ロビンたちにグラディウスが劣勢に追い込まれる。工場前では、フランキーとセニョールが男の意地をかけ、激しく殴り合う。4段目ではキュロスとディアマンテが戦い、レベッカが戦いの行方を見つめていた。

最上階ではルフィとローがドフラミンゴの糸に苦戦していた。あくまでベラミーを傷つけまいとするルフィに、ローは攻撃を止めたければ意識を失うほかないと告げ、ベラミーも同意するが、ルフィは友達は殴れないと拒否する。自ら戦おうとしないドフラミンゴに怒りを爆発させ、ローの指示に従わず、攻撃体制のままローめがけ突進する。何をしようというのか訝しがるドフラミンゴだが、ローのROOMで至近距離に飛び込んだルフィの火拳銃が腹に命中する。ローのラジオナイフがトレーボルを切断した。秘策を台無しにされルフィを最悪だと罵るローに、ルフィはお前もその世代だと不敵な笑みを浮かべる。

「ワンピース ドレスローザ編」70話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第71話のあらすじ

ローとの連携技で至近距離からの攻撃に成功、ドフラミンゴへダメージを負わせたルフィだったが致命傷を与えられず、糸人形と本体の二人がかりの攻撃に苦戦する。一方、藤虎と別れたサボはコアラと合流、立場を考えず藤虎と戦ったことを叱責されながら、海軍はこの国でヒーローになれないという藤虎の言葉をかみしめる。一方、ウソップたちに危機が迫っていた。ゲームを終わらせようとする人々に捕まり動けないところへ、後から追ってきた海賊たちが乱入してきた。ウソップたちを倒し、賞金を手に入れようと襲ってくる。

海賊たちを止めようとする国民たちだが、海賊たちは耳を貸さず人々に襲いかかった。それまで黙ってみていたリク王だったが、国民たちが傷つくのを見ておられず、タンク、ハックと反撃を開始、海賊たちを片付ける。リク王に救われた国民たちは、ウソップたちの縄を切り、ドフラミンゴに騙されていたことを悔い、リク王に助けてほしいと懇願する。ルフィの勝利を信じ、もう少し待ってみないかと人々を諭すリク王。そこへ、いつの間にか現れていた藤虎はサイコロを操り、自分もリク王と同じ、ルフィに賭けていると告げる。

反撃の手を緩めず、糸人形と本体を相手に戦うルフィ。一方、ローのラジオナイフで切断されたトレーボルだが、オペオペの能力を知り尽くしていると豪語、元に戻ろうとするが、切り口が違うため、接合できない。腕を伸ばしゴムゴムの銃で攻撃するルフィだが逆に腕を捕えられ、片手で振り回された挙句地面に叩き付けられる。かつて面倒をみたと恩に着せてローを言いくるめようとするトレーボルだが失敗、剣を鼻水で受け止めようとする。しかし、ローの渾身の一撃は、割って入ったドフラミンゴによって阻止されてしまう。

トレーボルに足を取られ、降無頼糸に体を刺し貫かれ倒れたロー。助けようとしたルフィを操られたベラミーが襲う。避けてくれと叫ぶベラミーだが間に合わない。ドフラミンゴは傷つき倒れるルフィとローを見下ろし、自分は天竜人だと明かした。衝撃の事実におどろくルフィたち。ドフラミンゴの過去、それは父によって天竜人の身分を捨て、この世界に降り立った結果、人々から憎悪の対象にされ、この世の天国と地獄を味わったことだった。元の身分に戻ろうと父を殺し、マリージョアへ首を持ち帰ったものの、裏切り者として受け入れてもらえず、この地獄から脱出するため、すべての破壊を決意したというのだ。

「ワンピース ドレスローザ編」71話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第72話のあらすじ

自らを天竜人だと明かし、ルフィとローの処刑を開始したドフラミンゴ。一方、北西の町プリムラも海賊たちの略奪、ドフラミンゴに操られ暴徒と化した人々、さらに猛獣たちが暴れ出し、人手も麻酔弾も足りず、手の付けられない状態だった。そんな中、部下からの報告で、サボと藤虎の勝負が痛み分けだと聞き、耳を疑うメイナード。ドフラミンゴを捕えようと進言した際、藤虎が一瞬見せた激しい怒りを思い出すが、今はそれどころではない。部下たちに暴れる者、海賊たちをできるだけ傷つけず麻酔弾で眠らせろと命令する。

手を後ろで封じられたまま、操られたベラミーとドフラミンゴ、二人がかりの攻撃に苦戦するルフィ。ついにドフラミンゴの蹴りを顔面に受け、叩き付けられる。処刑開始を告げられたローは身分を捨てたドフラミンゴが、なぜ『CP-0』を動かせたのかと尋ねた。ドフラミンゴは世界政府を揺るがす存在、聖地マリージョアの国宝のためだと答えた。最初は秘密を知るドフラミンゴを抹殺しようとしたが叶わず、協力するようになったというのだ。そして、オペオペの実さえ手に入っていれば、世界の実権すら握れたと豪語する。

オペオぺの実がなぜ究極の悪魔の実と呼ばれるのか、それは永遠の命を与える『不老手術』にあった。だが、それを行えば能力者は命を失う。だから食べさせる気はなかったと言い、ドフラミンゴはファミリーの幹部たちと共に、戦闘のすべてを叩き込んでやった恩を仇で返したと罵る。ローは今があるのはコラソンのおかげだと言い返し激突する。どちらも退かず硬直する中、ドフラミンゴの元を訪れた日のことを思い出すロー。ファミリー入りを志願して、見習いになる小手調べとしてディアマンテを相手に戦ったときのことだった…

勝ったら幹部にすることを要求、本気にしないディアマンテに爆弾を見せ、どうせ死ぬから何も怖くないと言うロー。だが、ディアマンテにいいようにあしらわれる。トレーボルからいつ死ぬのかと尋ねられ、3年と2か月後だと答え、ローは3年以内に全部壊したいと言い切る。ディアマンテからファミリーは子供でも受け入れるが、そのほとんどが逃げ出し、バッファローとベビー5はその生き残りだと教えられる。やがて幹部の一人であり、ドフラミンゴの弟コラソンが戻った。ドジばかり踏み、ある事件によって口がきけないが腕は立つという。そんな子供嫌いのコラソンに、いきなり理不尽な仕打ちを受けるロー。

「ワンピース ドレスローザ編」72話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第73話のあらすじ

ローがドフラミンゴファミリーへの仲間入りを志願して一週間が過ぎた。コラソンに手ひどく扱われるローに、ラオGは血の掟を忘れるなと忠告する。ドフラミンゴは弟であるコラソンに傷をつけた者は死を与えると言うのだ。ジョーラとマッハバイスはローの肌が白く変色しているのを見て血相を変える。ドフラミンゴは騒ぐ二人を一喝、珀鉛病は伝染病ではなく中毒だと言い、ローにどうやって逃げたのかと尋ねた。ローは顔色ひとつ変えず、死体の山に隠れて国境を越えたと答え、自分を痛めつけたコラソンに復讐すると告げる。

裏切った相手の元へ乗り込み、圧倒的な力の差を見せつけるドフラミンゴファミリー。ベビー5からローのいた白い町について尋ねられたグラディウスは、かつてフレバンスと呼ばれ、童話の世界のように白く美しい国について語り始めた。珀鉛によって、人々は裕福に暮らしていた。だが、皮肉なことにその珀鉛が原因で国が滅んだ。100年前の地質調査で毒性のあることがわかっていたが、利益を優先する世界政府、王族たちはそれを隠した。何も知らずに珀鉛を扱った人々は体を蝕まれ、代々の寿命が縮んでいったというのだ。

医師の両親、妹ラミーと平和に暮らしていたローだが、ラミーが珀鉛病を発症したことで大きく運命が変わった。同じように肌や髪が白く変色、痛みに苦しむ人々が続出し、病院に押し寄せる。薬も人手も足りず、医師であるローの父ですら、発症した妹のラミーを前に嘆き悲しむことしかできない。やがて珀鉛病を伝染病だと信じた周囲の国々がフレバンスを八方から塞いで隔離してしまった。王族はすでに国を逃げ出し、自力で逃げ出そうとする者は容赦なく射殺される。残された人々は逃げ出そうと抵抗し、戦争が始まった。

避難船に乗ることを勧められるが、ラミーの容態を理由に断るローは、次の船で迎えにくるというシスター、同級生たちと再会を約束した。外の異変に気付き、ラミーを隠すローだが、侵入した兵士たちに殺された両親の亡骸を見つけ、すがりつき号泣する。追っ手から逃れ、夜に紛れ炎の中をさまよう中、避難船で逃げたはずのシスターと同級生たちの遺体に遭遇し、急いでラミーの元へ戻るローだが、炎に包まれた病院を目の当りにし、すべてを失い絶望し号泣する。こんな体験をすれば人格も壊れるとつぶやくセニョール。そのころ。コラソンに背後から襲い掛かるローだが、バッファローに目撃されてしまう。

「ワンピース ドレスローザ編」73話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第74話のあらすじ

少年時代の怖ろしい記憶にうなされるドフラミンゴ。それは天竜人を憎む人々によって父、弟と窓から吊るされ、矢で狙われるというおぞましいものだ。やがて電伝虫の呼び出しで現実へ引き戻されるドフラミンゴ。それは33年前、聖地マリージョアで何不自由のない生活を送っていたドフラミンゴだったが、父のホーミング聖が天竜人の身分を捨て、人間として暮らすことを選んだことにより環境は一変する。ほかの天竜人たちから裏切り者とそしられながら、家族4人で北の果てにある、世界政府の非加盟国に移住したのだった。

面倒なことをやらせる奴隷もなく、慣れない環境に癇癪を起すドフラミンゴ。市場へ出かけたホーミング聖は、どこから来たのかと聞かれ、自分が天竜人だったことを話してしまう。天竜人を目の前にして言葉を失う人々に、仲良くしてほしいと頼むホーミング聖。しかし、天竜人のきまぐれで家族を失い、傷つけられた人々の怒りを買い、家族全員を捕えようと集まった人々によって屋敷を焼かれ、命からがら逃げだすことになってしまう。闇にまぎれ、必死に逃げるドフラミンゴたちは、やがて廃墟同然の小屋に姿を隠した。

かつての仲間たちに自分の考えが甘かったと詫び、せめて妻と子供たちだけでもマリージョアへ帰還させてほしいと懇願するホーミング聖。しかし、願いは叶わず、妻は病気で倒れてしまう。ドフラミンゴと弟ロシナンテは憂さ晴らしとして人々から袋叩きにされ、飢えを満たすためゴミをあさった。やがて母が亡くなり、家族全員捕まってしまう。子供だけは助けてほしいと涙を流して懇願するホーミング聖。自分たちを囲む人々の激しい憎しみを前に、ドフラミンゴは今までのことを思い出し、父へ怒りと憎しみをぶつける。

血の掟を破った罰を覚悟するローだが、意外にもドフラミンゴはローを正式にファミリーの一員として迎え、悪魔の実のことを教えた。運があれば3年の間に命を救われる可能性があり、10年後の右腕として見込んだというのだ。なぜコラソンが自分をかばったのか不思議に思いながら、幹部たちに鍛えられ力をつけていくロー。それから2年、子供同士で本名を教え合ったローは、自分がトラファルガー・D・ワーテル・ローだと教えた。隠し名のDを聞きつけ、血相を変えてローを連れ出すコラソン。しゃべれないはずの口を開き、その話が本当ならドフラミンゴと一緒にいてはいけない人間だとローに迫った。

「ワンピース ドレスローザ編」74話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第75話のあらすじ

コラソンの豹変ぶりにおどろきながらも、喋れないふりをしてドフラミンゴを騙していたのかと尋ねるロー。向こうが勝手に決めつけたと、かわすも納得しないローに辟易したコラソンは指を鳴らし、サイレントで自分たちの周囲の音を消してしまう。何が起きたのかとおおろくローにコラソンは防音壁を張ったと説明、自分がナギナギの能力者だと明かした。ローに能力のことを隠す理由を聞かれ、コラソンはファミリーを仲間だと思ったことはなく、自分の目的が兄であるドフラミンゴの暴走を止めることだと告げるのだった。

なおも反発するローにコラソンは、自分たちが聞いていた言い伝えとDの一族が神の天敵と呼ばれていることを教え、ファミリーを出て病気の治療法を捜せと説得する。しかし、残された時間が迫り、やけになったローには通じない。ドフラミンゴにすべて話すと脅され、力づくで止めようとするも反撃され見失ってしまう。ドフラミンゴに知られる前に姿を消そうとするコラソンだが、ローは2年前の借りを返すとコラソンの秘密を誰にも話さなかった。その後、海軍との交戦の騒ぎにまぎれ、コラソンはローを連れ船を脱出する。

縛り上げられた上、無理やり連れ出された怒りをぶつけるローに、病気を治すためだと説得するコラソン。その後、電伝虫で連絡を取った先は海軍本部だった。大将センゴクに任務を離れる許可を取るコラソン。そして、入れ替わるようにG5への移動希望者として、センゴクの前にヴェルゴが現れていた。一方、電伝虫でのやりとりを聞いていたローは会話の内容から、コラソンの正体が海兵ではないかと疑う。政府への激しい憎しみを見せるローに、コラソンは違うと告げる。こうしてローの病を治すための旅が始まった。

嫌がるローを連れ、大きな病院を訪れたコラソンだが、ローが珀鉛病でフレバンスから来たことを知るとパニック状態となり、心無い言葉でローは深く傷つく。医師を殴り飛ばし、次の病院へ向かうコラソンだが、どこの病院も同じで、政府に知らせようとする有様。次こそいい病院が見つかると、ローを必死に励ますコラソン。しかし、半年経っても治療法は見つからない。治療のためとはいえ、ローを傷つけたことを悔い、刺されたときもも痛くなかったとコラソンは涙を流す。そのコラソンの本心を知り、声を出さずに泣くロー。翌朝、ローに朝食を作ってもらい、コラソンはおどろきながら笑顔を見せる。

「ワンピース ドレスローザ編」75話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第76話のあらすじ

ローの病気を治すため、ドフラミンゴの元を離れたコラソン。ドフラミンゴがオペオペの実の取引を襲うと聞き、従うと見せかけ横取りすることを決意する。コラソンが食べてローを治せと言う、ドフラミンゴの命令だが、すでに能力者のコラソンでは食べられない。むしろオペオペの実は医療知識のあるローが食べてこそ真価を発揮する。すでにドフラミンゴは裏切りに気付いているはずで、戻ればただですまない。ローがオペオペの実を食べ、病気が治ってもドフラミンゴのもとへは戻らず、二人で身を隠そうとコラソンは告げた。

センゴクへドフラミンゴの計画を連絡、取引が三週間後、北の海ルーベックで行われることを聞き出したコラソンは、取引の3日前、スワロー島でドフラミンゴたちと合流することを報告した。ここでファミリーの一掃を狙うセンゴクは、島に近づくなと命令する。しかし直後、ローの様態が急変した。高熱のローを連れたまま、大荒れの海に出たコラソン。熱で朦朧となるローから政府の仲間なのかと聞かれ、コラソンは違うと答えて安心させ、オペオペの実を手にいれることは政府もドフラミンゴも敵に回す、覚悟しろと告げた。

高熱のローを置いていけず、元海軍将校の海賊「ディエス・バレルズ」のアジト、ミニオン島へと一緒に上陸したコラソン。すでにセンゴクの指示で監視船が張り付いており、スワロー島にも軍艦が差し向けられていた。政府との巨額の取引を前に宴を開き上機嫌の海賊たち。ここまでローを連れてきたものの、この先は無理だと判断したコラソンは周囲の音を消すと、小屋にローを置いていくと一人で海賊たちのアジトへ向かう。その後ろ姿を見送ったローは、やがて崖の上の館から音もなく火の手が上がるのを見つけるのだった。

すべての音を消して宝物庫に火を放ち、混乱状態を起こしたコラソン。さらにランプを壊し、闇に紛れてあわてふためく海賊たちを奇襲、見事にオペオペの実を奪うことに成功する。しかし、脱出のさい、逃げる姿を見張りの男たちに見られてしまう。これでようやくローの病気を治せると喜びのあまり、急いで戻ろうとするコラソンだが、うっかり足をすべらせ、運悪く見張りの男たちの前に落ち、銃口をつきつけられてしまう。すぐに戻ると言ったコラソンを信じて、帰りを待ち詫びるロー。だが、やがて非情にも銃声の音が雪原に響き渡る。

「ワンピース ドレスローザ編」76話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第77話のあらすじ

センゴクの指示により、ドフラミンゴたちを待ち伏せする中将つる。一方、バレルズのアジトを襲撃、コラソンはローのもとにオペオペの実を持ち帰った。だが、ローに無理やりオペオペの実を食べさせると、力つきて倒れてしまう。血まみれのコラソンに驚き、オペオペの能力で手当をしようとするローだが、使いこなすことができない。海軍の監視船に文書を届けてほしいと頼まれ、重症のコラソンから離れることをためらうローだったが、一国の運命がかかっているのだと説得され、後ろ髪をひかれる思いで西の海岸へと向かう。

海兵たちの姿を見かけたものの、今までの不信感から声をかけられないローだが、意を決して一人で行動する海兵を呼び止め、文書の入った筒を手渡した。心配した海兵から優しい言葉をかけられ、ローは大事な人を助けてほしいと大粒の涙を流して懇願する。そして、海兵を信じて案内するが、その顔を見たコラソンは驚きのあまり声を出してしまう。海兵は極秘任務でファミリーを離れていたヴェルゴだったのだ。しゃべれないはずのコラソンの声を聞き、裏切りを確信したヴェルゴは激怒、瀕死のコラソンに容赦ない一撃を加える。

コラソンを守ろうとヴェルゴに飛びかかったローだが、叶うはずもなく雪の上に投げ飛ばされてしまう。ローから託された文書を一読すると破り捨て、8歳で行方不明になり、14年後、再び姿を現したコラソンを内心では疑っていたが、ドフラミンゴは実の弟として信頼していたのだと言うと、怒りのままに全身へ覇気をまとわせて瀕死のコラソンに拳を放ち、自分を呼び捨てにしたローを殴って気絶させる。コラソンが海軍のスパイだとヴェルゴから聞かされたドフラミンゴは、海軍の軍艦に待ち伏せされ、裏切りを悟ったと答える。

もはや信頼できるのは苦楽を共にしたファミリーだけだと言うドフラミンゴは、オペオペの実を奪い返すまではコラソンを殺すなとヴェルゴに命令した。しかし、逃げ出したと聞くと、町から逃すまいとイトで町を覆ってしまう。隙を見てどうにかヴェルゴから逃れたコラソンは、ドフラミンゴの考えを見抜き、逃げ場のないことを悟る。操られて互いに殺し合い、鳥カゴで逃げ場を失いパニック状態の海賊たち。何が起きているのかと尋ねらたローのほほに触れると、初めて会った時から今日までのことを思い出すコラソン。すでに自分の死期が近いことを覚悟し、ローだけでも逃がしたいとある決意を固めるのだった

「ワンピース ドレスローザ編」77話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第78話のあらすじ

鳥カゴに閉じ込められ、パラサイトによる殺し合いで大混乱となる中、難を逃れ脱出した少年ドリー。一方、アジトを強襲したドフラミンゴは、オペオペの実、コラソンの行方もわからず、横取りを許したバレルズを間抜けと罵り始末する。その間、宝物庫から宝を運び出すマッハバイスたち。バッファローと共に、上空からコラソンを捜索中だったベビー5は、少年が海軍に保護されたという情報をキャッチする。バレルズを始末した銃を見つめ、ドフラミンゴはトレーボルたちと出会い、自ら父を手にかけた日のことを思い出す。

深手を負いながらも、ローを逃がすため、時間を稼ごうと幹部たちを挑発するコラソン。トレーボルたちを相手に応戦するが、数人がかりでは歯が立たず、壁と同化していたピーカに捕まってしまう。話せないふりをしていた理由を追及されても、憎まれ口を叩くコラソンに、裏切りの報復をするファミリーの面々。宝箱の中から、様子を聞いていたローはたまらず外へ出ようとするが、重しのため開けることができない。やがて、ピーカの報告を受け、コラソンの前に現れたドフラミンゴは、半年ぶりに再会した弟を冷たく見下ろす。

コラソンはあらためて本名を名乗り、海兵であることを明かすと、ローにウソをついていたことを謝る。とうに気づいていたと叫ぶローだが、その声はコラソンの能力で聞こえない。コラソンはドフラミンゴに、ローがオペオペの能力者となって、海軍の保護下にあると告げた。さらにベビー5からの報告を聞き、血相を変えるドフラミンゴ。偶然に驚きながら、窮地に必ず救いの手が差し伸べられる強運に、あらためてローが生かされていることに納得するコラソン。だが、ドフラミンゴはあきらめず、ローを奪い返すことを告げる。

自分のために死ねるようローを教育すると冷酷に言うと、二度も肉親を手にかけさせるのかとコラソンに苛立ちをぶつけるドフラミンゴ。その剣幕にコラソンの身を案じるロー。宝箱に入れられる際、コラソンは弟の自分が殺されることはないと安心させていたのだ。コラソンはローを自由にしてやれと迫るが、ドフラミンゴの銃弾を浴びる。どうすることもできず、ただ号泣するロー。少しでもローが遠くへ行くまでは死ねないと懸命に生きようとするコラソンだが、やがて力尽きてこと切れてしまう。そして海軍の砲撃が始まり、隙を見て宝箱から脱出したローは、コラソンを失った悲しみにただ号泣する。

「ワンピース ドレスローザ編」78話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第79話のあらすじ

自らの命と引き換えに自由を与えてくれたコラソン。その恩に報いるべく、憎き仇のドフラミンゴに挑んだローだが必死の攻撃も通用しない。ドフラミンゴに嘲笑されながらもローは、ここに来たのは13年前のけじめをつけ、コラソンの本懐を遂げるためだと言うと、自由になるのはドフラミンゴを止めたときと攻撃を仕掛けた。ドフラミンゴが天竜人であることを引き合いに、神の天敵と呼ばれるDの名を持つルフィをどう思うかと尋ねるロー。バカバカしいと一蹴するドフラミンゴだが、ローが自分もDの一族だと明かすと豹変する。

ドフラミンゴに操られ、自分の意志とは裏腹に容赦なく斬りつけてくるベラミーに手を焼くルフィ。一方、リク王に問われるまま、千里眼で各地の状況を分析したヴィオラは、現在の戦局が王宮のある台地、ピーカの石像、スマイル工場の3つに大きく分かれており、いまだに犠牲者の数が増え続けていると表情を曇らせる。ウソップに残っているドフラミンゴファミリーの幹部たちの数をたずねられ、その数は10人以上だと答えるヴィオラ。どの戦局で戦う者たちもすでに満身創痍で、決着が近づいていることを告げるのだった。

最も激しい戦局となった王宮のある台地。4段目ではキュロスとディアマンテによる熾烈な戦いが繰り広げられていた。レベッカの見守る中、顔に傷を付けられたディアマンテは、ひまわり畑ごと地面をはためかせ、キュロスの足場を奪う。そのころ、レベッカを一人で危険な場所へ向かわせたことを心配するロビンだが、この場を引き受けるというバルトロメオの申し出を受け、4段目へ向かう。憧れのロビンを守ることができたと浮かれるバルトロメオ。3段目では手下たちを倒したキャベンディッシュがグラディウスに戦いを挑む。

2段目ではサイやチンジャオたちと幹部たちの戦いが続き、王宮内ではマンシュリー姫のもとへレオたちが突き進む。リク王を始め、不安そうな人々に戦いの決着が付いても、ドフラミンゴを倒さねば未来はないと断言するヴィオラ。もはや海賊たちにすべてを賭けるほかないのだ。一方、Dの名でドフラミンゴを挑発、怒りに任せた攻撃を受けながら、射程距離に捕えることに成功するロー。渾身の注射ショットを放ち、ドフラミンゴに傷を負わせ、自分の目的が13年前、優しいコラソンがどうしても引けなかった引き金を代わりに引き、決着をつけるために来たのだとローは本心を明かす。

「ワンピース ドレスローザ編」79話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第80話のあらすじ

渾身の注射ショットによって、ドフラミンゴに傷を負わせたローだが、致命傷を与えられないまま、空中へ逃げられてしまう。すぐさま後を追い、攻撃を仕掛けたが、ドフラミンゴに通じず、攻撃はすべて封じられてしまった。再度、至近距離からドフラミンゴを狙おうとしたローだが失敗して捕えられる。一方、ドフラミンゴに操られたベラミーをゴムの腕でぐるぐる巻きにして抑え込んだルフィ。動きを封じられたベラミーから涙ながらに自分を倒してほしいと頼まれ困惑しながら、ベラミーを物のように扱うドフラミンゴに怒る。

王宮のある台地2段目。何度斬ろうと、すぐ別の場所に移動するピーカに手を焼くゾロ。後を追わせまいと、ゾロの前にピーカの手下たちが立ちはだかるが、オオロンブスによってボウリングのピンのように倒されてしまう。やがてゾロの前に、台地と同化したピーカの巨大な顔が現れた。もはやゾロに勝ち目はないと、高笑いするピーカだが、声を笑われて激怒し、味方を巻き込むのも構わず、ゾロを狙いチャールストンで攻撃してきた。すさまじい威力を目の当たりにしながらも、ゾロは斬りがいがあると不敵な笑みを浮かべる。

本気で自分を殺したかったのなら予定通り、カイドウとぶつけるべきだった。自らの手でコラソンの本懐を遂げようと考えたときから、ローの死は決まっていたと、その考えの甘さを指摘するドフラミンゴ。かつてコラソンはドレスローザを救おうとしたが、たとえどんな妨害があっても、いずれこの国の王座につくとうそぶくドフラミンゴ。コラソンの行動を無駄と罵られ、自分が死ぬまでにやる事すべてがコラソンの残した功績だと言い返したローだが、ドフラミンゴに裏切りの代償として、右腕を切断され激痛にもがき苦しむ。

ギア2を発動、ベラミーの頭上を飛び越え、偽ドフラミンゴを攻撃するルフィ。手ごたえを感じ、追撃の手を緩めない。一方、腕を切断され苦しむローめがけ、ゆっくりと銃口を向けるドフラミンゴ。かつて、実の父と弟を手にかけたように、死をもってローをも許すと言うと、ゆっくりと引き金に手をかける。そのとき、ルフィのJETガトリングで突き上げられた偽ドフラミンゴが飛び出してきた。その勢いは止まらず、偽ドフラミンゴは鳥カゴに激突してバラバラになってしまう。そして、忌々しい偽者をついに倒したルフィは、最上階のドフラミンゴに宣戦布告を突きつける!

「ワンピース ドレスローザ編」80話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第81話のあらすじ

怒りの一撃で偽ドフラミンゴをブッ飛ばしたルフィ。そしてベラミーを操るドフラミンゴに怒り、自由にしろと叫ぶ。攻撃をかわすだけのルフィに、ベラミーを始末させるのをあきらめるドフラミンゴ。ベラミーを解放すると今まで通り、自由にしてやると言い放つ。傷つき、地面に投げ出されながら、かつて、ドフラミンゴと交わした約束を思い出すベラミー。裕福な街、ノーティスに育ったベラミーは退屈を嫌い、同じ北の海出身のドフラミンゴに憧れ、傘下に入れてもらうおうと仲間たちを従え、ドフラミンゴの元へ乗り込んだ。

子供扱いされながらも、ドフラミンゴのような海賊になりたいと懇願するベラミー。ドフラミンゴは、一度でも負けたら返却する条件でシンボルを貸し与える。弱い部下はいらないと言われ、ベラミーは誰にも負けないと豪語する。しかし、ルフィに一度敗北し、コロシアムでも惨敗、さらにルフィ暗殺を実行できず、ドフラミンゴから処分されようとしていたことを思い出すベラミー。ローの身を案じ一人で最上階へ行こうとするルフィの前に立ちふさがるベラミーは、ルフィの強さを認め、自分も強くなったのだとルフィに迫った。

王宮のある台地ではファミリーの幹部たちと猛者たちの激しい戦いが続いていた。にらみ合うサイとベビー5だったが、サイの言葉を誤解したベビー5は求愛されたと思い込み、攻撃の手を止めてしまう。自分が必要なのかと迫られ、思わぬ展開に驚き言葉を失うサイ。一方、マッハバイスを相手に戦っていたハイルディンだが、重さを武器に襲いかかるマッハバイスに押しつぶされそうになり、力尽き地面に倒れてしまった。巨人族のハイルディンを倒したと上機嫌のマッハバイスは、次の相手として、ピーカを追うゾロを狙ってきた。

マッハバイスの攻撃で地面に倒れ、身動きすらままならないハイルディン。巨人族のプライドを踏みにじられた挙句、このままルフィたちへの恩返しもできないまま終わるわけにいかないと、全身の力を振るい越して立ち上がった。差し違えるのを覚悟で残る力のすべてを右腕に集め、英雄の槍をマッハバイスめがけ放つ。すさまじい重さにこらえきれず、負傷した手足の骨が折れ、歯が砕けるがその巨体ごと撥ね退け、鳥カゴに激突させて勝利した。しかし、鳥カゴを壊すことはできない。再び倒れたハイルディンをねぎらい、ゾロが後を引き受ける。

「ワンピース ドレスローザ編」81話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第82話のあらすじ

偽ドフラミンゴをブッ飛ばし、すぐさま最上階へ向かおうとしたルフィだが、傷ついた身体で、なおも戦いを挑むベラミーに足止めされていた。このままでは命が危ないとベラミーを止めようとするが、敵の心配をしている場合かと一蹴される。一方、王宮のある台地2段目で対峙したサイとベビー5の間に異変が起こっていた。取り逃がすまいと迫るサイの言葉を、プロポーズと思い込み舞い上がるベビー5。予想もしない展開に驚き、慌てて打ち消そうとするサイだが、すっかりその気になってしまったベビー5の耳に入らない。

ラオGの攻撃に倒れたチンジャオだが、サイの結婚話を聞くと起き上がり、猛反対した。敵であるベビー5の豹変ぶりが信じられないサイは、死んでくれと無茶な要求を突きつける。幼い頃、役に立たないことを理由に母親から捨てられたベビー5は、誰かの役に立てることが何よりも嬉しかったのだ。それで役に立てるのならと笑みを浮かべ、こめかみに銃口を当てるベビー5。あわててそれを止めようとするサイをチンジャオがさえぎる。やむを得ずチンジャオに一撃を放つサイ。その結果、チンジャオの錐頭をへし折ってしまう。

間一髪、ベビー5の頬を叩き、死のうとすることを止めさせたサイ。なぜ叩かれたのかわからず、役に立ちたかったと訴えるベビー5。その表情にウソはなく、どれほど過酷な環境で生きてきたのかと言葉を失うサイ。そして、本当に自分がチンジャオの錐頭をへし折ったのかと倒れたチンジャオを凝視する。意識を取り戻したチンジャオはもう怒ってはおらず、サイが自らの力で奥義を極め、自分を超えたことに感極まり、サイの武脚跟に錐龍錐釘の名を許した。そして八宝水軍の継承、結婚を含めすべて自由だと抱擁するのだった。

その喜びもラオGの奇襲によって断たれてしまう。秘技、戦闘保拳により取り戻した全盛期の力と練り上げた技でサイを始末しようとするラオG。そして、サイをひよっ子同然にあしらいながら、敵であるベビー5を盾にしなかった甘さをバカにする。ラオGが自分を助けにきてくれたと喜ぶベビーだが、その理由が便利な女として利用するためだと知って涙を流す。それなら自分が勝ったらベビー5を妻にもらうとサイは言うと、ラオGを錐龍錐釘で倒した。このサイの活躍によって、ラオG、ベビー5の二人の幹部が脱落。今、ここに八宝水軍新棟梁サイが誕生、勝どきを上げるのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」82話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第83話のあらすじ

王宮のある台地2段目のラオGとベビー5との戦いは決着したが、戦いは激しさを増していく。姿を隠し、舞踏石を繰り出すピーカの執拗な攻撃に手こずるゾロだが、加勢を申し出たエリザベローに、これから先、何が起こるかわからない以上、宝刀は取っておくべきだと忠告する。一方、4段目、ひまわり畑ではディアマンテとキュロスの激しい斬り合いが続いていた。ディアマンテは俺とお前には因縁しかないと、スカーレットを失い、嘆き悲しんでいた姿をバカにしてキュロスを挑発、勝負を仕かけると見せかけレベッカを狙う。

間一髪でレベッカを救ったキュロス。このままでは足手まといになると、自ら戦おうとするレベッカを押しとどめ、スカーレットの分まで守らせてほしいのだと心情を明かした。それがレベッカに戦いを教えてしまったせめてもの償いで、人間に戻った今、二度と剣は振らせないと言った。一方、問答無用でルフィに攻撃を続けるベラミーだが、戦おうとしないルフィに、憧れる男を間違えたからといって、今さら手のひらを返してルフィにつくような真似はできないといい、自分なりの筋を通すため、最後のケンカを買えと叫んだ。

ケンカを買う理由がないとベラミーの攻撃を止めさせようとするルフィ。だが、ベラミーの意思は固く、渾身の一撃を腹に叩き込まれる。一方、王宮スートの間では、ローに危機が迫っていた。どうにか刀を拾い上げたローだが、反撃するより早く背後に回り込まれ、地面に蹴り倒されてしまう。いつまで復讐ごっこを続けるのかとあきれ、残ったローの左手を何度も踏みつけるドフラミンゴ。激痛に顔を歪めるローを、すぐには殺さずトレーボルと二人がかりでゆっくりといたぶる。激痛を堪えてローは立ち上がり意地を見せる。

ドフラミンゴに斬りつけ、返り討ちにあいながらドフラミンゴを射程距離にとらえ、カウンターショックを命中させたロー。しかし、深手を負わせることはできず絶体絶命の危機に追いつめられる。一方、王宮のある台地3段目ではキャベンディッシュがグラディウスに戦えと要求すると、まもなく地面全体が膨らみ始める。このままでは地面ごと吹き飛ぶ。驚くキャベンディッシュは急ぎ、バリアの中に避難しようとするが、ロビンに危険が及ぶとバルトロメオに拒否されてしまう。大混乱となる中、グラディウスは味方を犠牲にすることもかまわず大地を爆発させる。

「ワンピース ドレスローザ編」83話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第84話のあらすじ

味方を犠牲にすることをいとわず、計画を実行したグラディウス。各所で上がった悲鳴と怒号でまさに大混乱となる。間一髪でバリアの中に逃げ込み、難を逃れたキャベンディッシュだが、すぐに入れようとしなかったバルトロメオに怒りをぶつけて言い合いになってしまう。一方、グラディウスの投石パンクからロビンを救い、お礼代わりのウィンクに興奮するバルトロメオ。もはやテンションは最高潮となり、その勢いは誰にも止められず、一触即発のキャベンディッシュとグラディウスをも巻き込み、バリア突進牛で突き進む。

二人相手に戦うのは手に余ると、グラディウスから加勢を要請されたデリンジャー。ルフィたちのため、時間を稼ごうとするイデオをあざ笑い、デリンジャーは素早い動きで四方から蹴り飛ばし痛めつけた。倒れた仲間たちのためにも、ここで倒れるわけにいかないと立ち上がるイデオ。苛立つデリンジャーは帽子を破り捨てると、その姿が豹変させ隠していた本性をむき出しにした。するどい歯でイデオに噛みつき、下へ突き落とす。そして、グラディウスに合流しようとするが、突如現れた謎の男によって斬りつけられる。

どうにか起き上がったデリンジャーだが、何が起きたのかわからないまま、斬られた傷から流れ出る自分の血を目の当たりにうろたえる。相手が誰なのか問い詰めようとするが、無言のままメッタ斬りにされる。まさに一瞬でデリンジャーと手下たちを倒し、土埃の中から姿を見せたのは身に着けているものこそキャベンディッシュと同じだが、その顔はまるで別人のハクバだった。状況が以前のDブロックで起きたことと同じだと気づいたバルトロメオだが、目の前のハクバがキャベンディッシュと同一人物と信じられず問いただす。

バルトロメオの質問に答えようとせず、執拗に斬りつけてくるハクバ。そのすべてを弾き返し、自分のバリアの強さを誇るバルトロメオだが、あまりのしつこさに根を上げ、冗談もほどほどにしろと怒る。しかし、バリアを破壊するのを諦めたハクバが、狙いを自分からロビンに変更したことに気づいてあわてる。バリアを解除すると危険を顧みず、ハクバを止めようとするが、あまりの速さに追いつけず取り逃がしてしまう。レベッカの元へ急ぐロビンに接近するハクバ。しかし、尋常ではない殺気を感じたロビンは巨大な両手でハクバの動きを封じ、捕えるのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」84話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第85話のあらすじ

あざやかな手並みでハクバを捕えたロビン。噂に聞いていたものの、交互に入れ替わり、二重人格のように豹変するキャベンディッシュを目の当たりに驚きを隠せない。ハクバを抑えつけ、ロビンに斬りつけたことを謝罪したキャベンディッシュは、ハクバを無差別に斬りつける厄介者だと説明する。入れ替わろうとするハクバと言い合いになり、ついには互いの表情が半分ずつ出たまま固まってしまう。それを半ば呆れるバルトロメオだが、グラディウスが壁ごとロビンを吹き飛ばそうとしているのを見抜き、阻止しようと突進した。

身体を極限まで膨らませたグラディウスは、毒針で身動きできないバルトロメオに、自分の身体が破裂すれば無数の毒針がロビンたちに襲いかかるが、倒さねば壁ごと吹き飛ぶと非情な選択を突きつける。いずれにせよロビンが傷つく、どうすれば守れるのか必死に考えるバルトロメオ。キャベンディッシュを盾にすることを思いつくが、すでにハクバと入れ替わって話にならない。最後の手段として、道連れを覚悟でバリアボールにグラディウスを閉じ込め、急所を狙うが、グラディウスの全身破裂によって無数の毒針を浴び倒れる。

命がけでグラディウスの喉笛を狙ったバルトロメオだが、膨張した身体で狙いを外す。勝利を確信したグラディウスは、身動きすらできず地面に倒れたバルトロメオをあざ笑い、膨らんでいく壁を見せつける。ハクバと入れ替わったキャベンディッシュは、ハクバのスピードを利用して、ロビンをひまわり畑へ逃がすことを提案した。しかし、殺意をあらわにするハクバを信用していいのか迷う。グラディウスは無情にもバルトロメオの目前で壁を爆破、跡形もなく吹き飛ばす。ロビンを守れなかった無力さにバルトロメオは号泣する

バリアの頑丈さを皮肉り、バルトロメオに結果を見せつけようとしたグラディウスだが、ハクバを抑えつけたキャベンディッシュにより阻止される。ロビンを逃がし、眠ってしまうキャベンディッシュ。ロビンの無事に安心したバルトロメオは、ルフィに憧れて故郷を離れ、コロシアムで対面した日のことを思い、自分を奮い立たせ立ち上がる。実力不足を認めながら、いつか必ずルフィの役に立てる男になるのだと誓い、ゴムゴムの銃ならぬ、バリバリの銃でグラディウスを叩きのめす。一方、ひまわり畑に到着したロビンは、ディアマンテの剣からレベッカを救い、鍵を届けた礼を言うと、今度は自分が守ると告げた。

「ワンピース ドレスローザ編」85話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第86話のあらすじ

間一髪、ディアマンテの剣からレベッカを救ったロビン。処刑を邪魔されて怒るディアマンテと、すでに怒りも限界となったキュロスは一触即発の状態になる。一方、王宮1Fの礼拝堂には、続々と戦闘不能となった幹部たちが担ぎ込まれていた。グラディウスまでもが敗れたと知ったジョーラは、戦況の不利を逆転させるため、マンシェリー姫の能力を使って、幹部たちを復活させようとしていたのだ。千里眼でジョーラの企みを知ったヴィオラは驚き、外壁塔を移動中のレオとカブにマンシェリーの身に危機が迫っていると教えた。

マンシェリーを救うため、礼拝堂に急ぐレオとカブだが、激しい砲撃でレオ一人で礼拝堂をめざす。幹部たちを復活させるため、マンシュリーに、魔法の水を出すジョーロを要求するジョーラ。しかし、ドフラミンゴがウソをついていたことを知ったマンシェリーに拒絶される。仲間たちを人質に言いなりにしようとするジョーラだが、もう悪い人を助けるのは嫌だと言われ激怒、力づくで従わせようと痛めつける。そして偶然、マンシェリーの涙が当たった手下が元気になるのを目撃、涙にも治癒能力があることに気づいてしまう。

涙さえあれば幹部たちを復活させることができる。情け容赦なくマンシェリーに手を上げるジョーラ。痛みと恐怖で涙を流し、レオに助けを求めるマンシェリー。あまりに酷すぎる光景を見て、急いでとレオに指示するヴィオラ。そして、レオがようやく礼拝堂に到着、手下を叩きのめし突入した。勝利を確信したジョーラは第2ラウンドの始まりを宣言してマンシェリー姫の涙を倒れた幹部たちに降り注ごうとする。だが、そこへ遅れて到着したカブが突入、レオに姫を救えと言い、渾身のビートルアッパーで幹部たちを吹き飛ばす。

間一髪のところで幹部たちの復活を阻止することに成功した。驚き、すぐさまやり直そうとするジョーラの身体に、幹部や手下たちの身体を縫い付け動きを封じ、ジョーラを倒したレオは、みごとマンシェリーの救出に成功する。助け出されたマンシェリーは、まるで王子様のようだとレオに甘えるが、気づいてもらえず怒りをぶつける。一方、ベラミーの一方的な攻撃を受けながら、ベラミーの怪我を心配、戦うことを止めさせようとするルフィ。しかし、ベラミーの意思は固く、たとえ死んだとしても、ルフィを倒せばドフラミンゴの記憶に残るかもしれないと叫ぶ。その言葉を聞いたルフィの目に決意の色が浮かぶ。

「ワンピース ドレスローザ編」86話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第87話のあらすじ

マンシュリーの奪還に成功、幹部の復活を阻止したレオ。ただちにヴィオラたちの元へ戻ろうとするが、レオに甘えたいというマンシェリーの恋心に気がつかず、わがまま扱いして怒らせる。カブに鈍いと呆れられながら、マンシェリーを背負い脱出するレオ。ボロボロの身体を引きずり、ドフラミンゴへ事態を報告しようとするジョーラ。万一、工場に何か起きても、チユチユの能力で復元する計画が、マンシェリーを奪われた今となっては叶わないからだ。だが、すでに体力は限界、セニョールに最後の望みを託し、力尽き倒れる。

工場で熾烈な戦いを続けていたフランキーとセニョールにも決着の時が近づいていた。すでに体力は限界、満身創痍となっても、どちらも一歩も退かずに同じ技を受け切る。その真意を尋ねられたフランキーは、技を真向から受け切って勝つのが自分のスタイルと言い、小人たちに勝利を約束する。セニョールもまた、フランキーの勝負を受け、この技を受けて立ち上がれたら負けを認めると言うと、すさまじい勢いで突進、フランキーごと空中へ飛び出し、妻と息子の名をつぶやきながら、フランキーの生身の背中を地面に叩きつけた。

叩きつけられて倒れたかに見えたフランキーだが、不敵な笑みを浮かべ立ち上がり、セニョールに拳の雨を降らせた。敗北を認め、約束通り正面から攻撃を受けるセニョールはいつしか、妻ルシアンと出会った日のことを思い出していた。雨宿りがきっかけで知り合ったが、海賊が嫌いというルシアンに本当の事が言えず、銀行員だとウソをついてしまうセニョール。季節は巡り、二人は結婚、やがて一人息子のギムレットが生まれ、すべてが上手くいっていた。だが、ある日、セニョールの不在中に取り返しのつかない悲劇が起きた。

高熱を出したギムレットを抱え、セニョールと連絡がつかずうろたえるルシアン。家に戻ったセニョールは、一週間前にギムレットがこの世を去ったことを告げられ、銀行印でなかったことが明らかになってしまう。嵐の中へ飛び出したルシアンを追いかけるが見失い、本当の事を言えなかったことを後悔するセニョール。さらに悲劇は続き、ルシアンが土砂崩れに巻き込まれ植物状態になってしまう。感情を失ったルシアンを前に慟哭するセニョール。毎日、見舞いに行くが変化はない。もう一度、笑顔が見たいと願い、街で見かけたギムレットと同じボンネットをかぶって話しかけると、一瞬だけ、ルシアンに笑顔が戻ったのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」87話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第88話のあらすじ

マンシュリーの奪還に成功、幹部の復活を阻止したレオ。ただちにヴィオラたちの元へ戻ろうとするが、レオに甘えたいというマンシェリーの恋心に気がつかず、わがまま扱いして怒らせる。カブに鈍いと呆れられながら、マンシェリーを背負い脱出するレオ。ボロボロの身体を引きずり、ドフラミンゴへ事態を報告しようとするジョーラ。万一、工場に何か起きても、チユチユの能力で復元する計画が、マンシェリーを奪われた今となっては叶わないからだ。だが、すでに体力は限界、セニョールに最後の望みを託し、力尽き倒れる。

工場で熾烈な戦いを続けていたフランキーとセニョールにも決着の時が近づいていた。すでに体力は限界、満身創痍となっても、どちらも一歩も退かずに同じ技を受け切る。その真意を尋ねられたフランキーは、技を真向から受け切って勝つのが自分のスタイルと言い、小人たちに勝利を約束する。セニョールもまた、フランキーの勝負を受け、この技を受けて立ち上がれたら負けを認めると言うと、すさまじい勢いで突進、フランキーごと空中へ飛び出し、妻と息子の名をつぶやきながら、フランキーの生身の背中を地面に叩きつけた。

叩きつけられて倒れたかに見えたフランキーだが、不敵な笑みを浮かべ立ち上がり、セニョールに拳の雨を降らせた。敗北を認め、約束通り正面から攻撃を受けるセニョールはいつしか、妻ルシアンと出会った日のことを思い出していた。雨宿りがきっかけで知り合ったが、海賊が嫌いというルシアンに本当の事が言えず、銀行員だとウソをついてしまうセニョール。季節は巡り、二人は結婚、やがて一人息子のギムレットが生まれ、すべてが上手くいっていた。だが、ある日、セニョールの不在中に取り返しのつかない悲劇が起きた。

高熱を出したギムレットを抱え、セニョールと連絡がつかずうろたえるルシアン。家に戻ったセニョールは、一週間前にギムレットがこの世を去ったことを告げられ、銀行印でなかったことが明らかになってしまう。嵐の中へ飛び出したルシアンを追いかけるが見失い、本当の事を言えなかったことを後悔するセニョール。さらに悲劇は続き、ルシアンが土砂崩れに巻き込まれ植物状態になってしまう。感情を失ったルシアンを前に慟哭するセニョール。毎日、見舞いに行くが変化はない。もう一度、笑顔が見たいと願い、街で見かけたギムレットと同じボンネットをかぶって話しかけると、一瞬だけ、ルシアンに笑顔が戻ったのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」88話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第89話のあらすじ

死の星屑を浴び、満身創痍になりながらディアマンテへの攻撃を続けるキュロス。その気迫に押され、焦るディアマンテから痛みを感じないバカの塊だと罵られても、痛みを感じられることが人間の証だと言い返す。かつて自分が味わった絶望、そしてこの国を襲った悲劇に比べれば、こんなものは痛みですらないと言い放った。すべての人々の怒りの塊となりディアマンテを倒すことを宣言、すさまじい斬り合いが続き、ついにキュロスの剣がディアマンテの鉄の傘を切断する。しかし、バランスを崩して地面にひざをついてしまう。

形勢逆転とばかりキュロスを見下ろし、とどめを刺そうとするディアマンテ。もとより避けるつもりないと、それを正面から受けて立つキュロス。千里眼で状況を見ていたヴィオラは、かつて、スカーレットの死を告げられたときのことを思い出していた。ディアマンテの嘲笑に耐えきれずナイフを手にしたヴィオラだが、自ら王宮にとどまり、ヴィオラを守るというタンクに押しとどめられていたのだった。コロシアムの英雄は自分だと、剣を振り上げたディアマンテにキュロスは渾身の力で雷の破壊剣をふるい、剣を叩き折った。

勢い余ってスカーレットの墓に後頭部を打ち付け意識を失ったディアマンテ。涙ぐむレベッカの背を押し、キュロスの元に向かわせたロビン。花傘でレベッカを守ったがその背中を負傷していた。キュロスがディアマンテを倒したことを人々に伝えるヴィオラ。喜びに沸く人々にルフィたちにより幹部たちが倒され、残る戦力は4人だと語りかける。リク王はまだできることがあるはずだと、タンクと共に台地から降りることを決断する。人々もルフィたちを捕えることを止め、街の人々に希望があることを教えるのだとその後に続く。

藤虎の姿が消えていることに気付いたウソップは、カン十郎から藤虎はとっくに下へ降りたと告げられる。街中へ出た藤虎は海兵たちから状況を聞き、人々を守るために一か所へ集めるよう指示をだしていた。一方、ゾロの攻撃をかわすピーカは勝負を中断すると移動を開始。すさまじい振動と共にひまわり畑に出現した。母、スカーレットの墓を花で飾っていたレベッカ、キュロスは大地が揺れるショックで地面に叩きつけられそうになる。意識を失って倒れているディアマンテを見下ろし、情けないと吐き捨てるピーカ。レベッカを守ろうと再び剣を取ったキュロス。はたしてピーカの狙いはなんなのか。

「ワンピース ドレスローザ編」89話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第90話のあらすじ

渾身の一撃を放ち、ついにディアマンテを倒したキュロス。しかし、安堵する間もなく突如としてピーカが立ちふさがる。二人を見下ろしたピーカはすぐに攻撃しようとせず、キュロスとレベッカにとってリク王とは何なのかと尋ねた。キュロスがリク王は義父であり大恩人、そしてリク王家こそは真の平和の意味を知る尊い一族として、国民たちが再び王座につくことを望んでいると言い放った。それを聞いたピーカは了解したといい、ひまわり畑から姿を消す。再び移動して3段目に出現したピーカは周囲に構わず攻撃を開始した。

このまま移動されては仕留めることができないといら立つゾロ。すでに3段目では敵味方の区別なく破壊の限りをつくすピーカにより、ハイルディンほか、ベビー5をかばったサイや猛者たちに被害が続出していた。負傷者を攻撃するピーカに怒るゾロのもとにピーカが出現、巨大な顔面を一刀で切断されながら、リク王が再び王座につくことを望む者たちを目障りだといい、王はドンキホーテひとり、ここはドンキホーテの国だと言うと、巨大な身体で移動を開始した。ピーカの狙いがリク王の命だと気づいたゾロは急いで後を追う。

旧王の台地をめざし歩き出したピーカ。その衝撃で大地が割れ、建物が崩壊、逃げようとする人々で街中が大混乱となる。ピーカを阻止しようと海軍も砲撃を開始するが、ピーカの巨体の前に通用しない。まんまとピーカの罠にはまりおびき出されたことに気づいたゾロだが、距離がありすぎてすぐには追いつけない。このままピーカの前進を許せば、一撃で旧王の台地はもとよりウソップたちもつぶされ命はない。ひまわり畑からピーカの狙いに気づいたキュロスたちだが、どうすることもできず、たた見ていることしかできない。

状況を打開すべく考えを巡らせるゾロ。いくつかの作戦を思いつくが、そのいずれもピーカとの距離が開きすぎて実現できそうにない。その間にもピーカは旧王の台地に接近、その巨大さに震え上がり、パニック状態になるウソップ。3段目からリク王に危機が迫るのを見たエリザベローは今こそ自分の出番だとキングパンチを放つ準備を始める。その場へ駆け込んだゾロは何度破壊しようと本体を倒さない限り無駄だといい、2分待つように告げる。刀を手に思案、最後の作戦として空を飛び、ピーカをぶった切るという途方もない方法を思いつく。はたしてゾロはリク王たちを救うことができるのか。

「ワンピース ドレスローザ編」90話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第91話のあらすじ

地響きと共に旧王の台地に到着したピーカ。集中砲火を浴びせ、動きを封じようとした海軍だが、ピーカの巨体の前に通じず蹴散らされる。タンクとヴィオラはピーカの呼びかけに応じようとするリク王に避難を勧めるがリク王はそれを拒み、自分がピーカを引きつけている間に、皆を連れて逃げろと指示した。リク王を処刑しようと巨大な手を振り上げたピーカだが、リク王を守ろうとする人々を前に手を止め、くだらないと吐き捨てる。一方、ゾロは空中からピーカに接近する方法として、オオロンブスに自分を投げ飛ばせと頼む。

オオロンブスのキラーボウリングで、空中からピーカに接近するゾロ。すさまじい風圧に耐えながら、拳から刀へと覇気を纏わせていく。ピーカから王の器でないと罵られながら、リク王は国を守れなかったことを認め、再び王位に就くことはないと語る。そして、人を殺さねば生きられないのなら、自分は進んで死を選ぶと断言した。その言葉をあざ笑い、台地ごと押し潰しにかかるピーカ。だが、間一髪、突入したゾロがピーカの身体を三刀流奥義、一大・三千・大千・世界で真っ二つに切断した。目の前の光景に誰もが言葉を失う。

ピーカが上半身へ逃れたことを確かめ、すぐさま後を追いかけるゾロ。攻撃の手を緩めず一刀のもと頭部を切断する。たとえいくつに分かれようと、本体が潜むのは一つだけに違いないと確信したゾロは、地面と同化するのを防ぎ、空中でけりをつけようと矢継ぎ早に斬りつけピーカの石像をバラバラにしていく。すさまじい地響きが起こり、がれきが崩れ落ちる中、軽々と身をかわしながら、いつまで隠れているつもりかとピーカを挑発するゾロ。プライドを傷つけられ、怒ったピーカはついに隠れていた石の中から本体を現した。

たとえ石から出たところで、覇気を纏えば斬られることはないと言い放ち、全身に覇気を纏うピーカ。空中からたたき落とせばお前の負けだと勝ち誇るのに、俺の覇気を上回ればと言い返し、かつてミホークと戦って敗れ、自分の強さへの驕りを井の中の蛙だと指摘されたことを思い出すゾロ。やがて最後のけりをつけるべく、ピーカの両拳とゾロの三・千・世・界が激突。ピーカに致命傷を与えることに成功する。そして空中から台地に降り注ぐがれきは、ゾロの指示で待機していたエリザべローのキングパンチで吹き飛ばした。かくしてゾロは作戦を遂行、最高幹部ピーカを倒したのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」91話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第92話のあらすじ

死闘の末、ついに最高幹部ピーカを倒したゾロ。足場を失い、どうにか壁に捕まりながら刀の状態を確かめ、刃こぼれしていないことを確かめる。かつてミホークのもとでの修行の際、刀に覇気を纏わせてあれば折れることはなく、刃こぼれすら恥だと思えと言われていたのだ。一方、瓦礫を空中で浮かせ落下を阻止した藤虎は、部下から被害状況を聞くと自ら先頭に立ち、人々を安全な場所へ避難させるべく動き出した。戦いの状況を見ていた猛者たちはあらためてゾロの強さに驚きながら、リク王の命が救われたことに安堵する。

スマイル工場で爆発が起こり、燃え盛る工場を見ながら小人たちは、これでもうこき使われることはないとうれし涙を流す。ひまわり畑へ到着したレオはキュロスとコロシアムの英雄の像が似ていることに驚き、自分たちの隊長こそがコロシアムの英雄だと気付く。キュロスは自分を治そうとするマンシェリーを気遣いながら、能力に制限があるなら、自分ではなく他の人たちに使ってほしいと頼む。そして、工場破壊に成功した今こそ、戦いの正念場で、王宮の最上階で戦っているルフィにこの国の希望がかかっているのだと語る。

コロシアムで逃げ遅れた囚人たちを避難させていたサボ。外壁塔の中に潜入したコアラから応援を頼まれ、距離を理由に断るが、ルフィに危機が迫っていると聞き、すぐに王宮へ向かう。一方、ピーカを討ち果たしたゾロはウソップたちと合流、賞賛と共に迎えられるが、喜びに沸く人々に鳥カゴが残っているのはドフラミンゴが健在な証拠、この状態では勝ったとはいえず、安心するのはまだ早いと一喝した。千里眼を凝らし、王宮を見据えるヴィオラ。そのころ、王宮一階のルフィとベラミーの対決に、終わりの時が近づいていた。

瀕死のベラミーを案じ、戦いを止めさせようとするルフィだが、すでに覚悟を決めたベラミーに通じない。それでもルフィはドフラミンゴはベラミーが自分と戦って死ぬように仕向けたと説得するが、もとよりドフラミンゴの本心など知った上で、それでも自分を友達と呼んでくれたルフィに倒されるのなら本望だと最後の攻撃を仕掛けるベラミー。それがベラミーのプライドを賭けた行動で、そうするほかないと理解して受けて立つルフィ。別れの言葉と共に突っ込むベラミーを地面に叩きつけたルフィだが、怒りは収まらず最上階で待つドフラミンゴに怒りの咆哮を上げるのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」92話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第93話のあらすじ

ベラミーとの決着をつけたが、怒りが収まらずドフラミンゴの待つ最上階へ向かうルフィ。旧王の台地では、ヴィオラが千里眼でルフィとベラミーの戦いが終わったことを見届けていた。これで戦況が有利になったと言うタンクに、ヴィオラはローが倒されたことを伝える。余裕をみせて最上階でルフィを待ち受けるドフラミンゴ。その足元には痛めつけられたローが倒れていた。力の差を見せつけたドフラミンゴは、ルフィが迷わずベラミーを倒せばローを救えたかもしれないと言うと、コラソンの復讐を誓うローの執念をあざ笑った。

ローに銃口をつきつけて死の宣告を下しながら、ドフラミンゴは自分に不老手術を施して死ねばその代わりに、どんな望みでも叶えてやるともちかけた。その要求に意外にも応じたローだったが、その願いとは、コラソンを生き返らせることだと言って、ドフラミンゴの逆鱗に触れる。どこまでも逆らい、あてつけのように服にコラソンの名を刻み、ハートの海賊団を名乗ることへ怒り、ローの身体に何発も銃弾を撃ち込むドフラミンゴ。倒れたローを見通したヴィオラは、ここまで撃たれては到底助からないと言葉を濁すのだった。

大混乱の市街地を見下ろし、街へ降りて傷つき、逃げ惑う人々を救う決意をしたリク王。戦えずとも自分たちにもできることがあると人々も後に続く。一方、怒りにまかせてローに銃弾を浴びせたドフラミンゴだが、我に返り、オペオペの実はまた手に入れればいいとすべての始末にかかる。一階から目の前に飛び出してきたルフィと対峙したドフラミンゴ。約束を守ったと嘯かれ、ベラミーを引くに引けない状態に追い込んだことの怒りで、ドフラミンゴを攻撃するルフィだが、繰り出す技をことごとく蜘蛛の巣がきで防がれてしまう。

ゴムゴムの“鷹銃乱打“をくりだすがドフラミンゴには通じず、反対に“荒浪白糸”に追い込まれた。間一髪、避けたルフィは血まみれのローを見つけた。驚いて声をかけるが反応がないことに癖然とするルフィに、ドフラミンゴはローの死を伝えた。怒りの叫びと共に攻撃を開始したルフィ。しかし、ドフラミンゴとトレーボル、二人を相手に苦戦する。一方、移動を開始したリク王は、鳥カゴが縮んでいるのに気付き、人々にその場を動くなと指示する。ゲームを終わらせようと迫るドフラミンゴと戦おうとするルフィに、死んだはずのローから、待てとの声が聞こえてきた!

「ワンピース ドレスローザ編」93話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第94話のあらすじ

国の秘密を守るため、ドレスローザの国民はおろか、島全体をも処分すべく鳥カゴを収縮させたドフラミンゴは、ルフィにあと一時間ですべてが終わる。どこへ逃げても無駄だと告げた。各地では鳥カゴが迫り、切り刻まれた建物が崩壊、海兵たちは逃げ出した人々を街の中心へと誘導する。街へ出たリク王はドフラミンゴの卑劣さに憤る。状況を知り、どうすればいいのかとうろたえるウソップだが、頼れるのはルフィだけ、なんとかしてドフラミンゴを倒してもらうほかないと、錦えもんたちと共に王宮のルフィへ声援を送った。

不気味な笑みを浮かべながら、誰も助ける気はないと断言するドフラミンゴは、ルフィにベラミーやローは一足先に死んだだけで、国はまた作るとうそぶいた。ローの死をぶざまだとバカにされ、怒りにまかせドフラミンゴめがけ突進したルフィは、おまえを倒せば状況を変えられるとすぐさま攻撃体制に入った。激しい攻防が続き、余裕さえ見せて応戦するドフラミンゴだが、予想もしなかったことが起こった。なんと死んだはずのローが目の前に出現、驚くドフラミンゴの身体を渾身の力を込めたガンマナイフで貫いたのだった。

ガンマナイフで内臓を破壊され、深手を負い血を吐いたドフラミンゴ。あの状況で生きていられるはずはないと、取り乱すトレーボルに追及されたローは、かなりのダメージがかかるが、目に留まらないほど大きなROOMを張り、ドフラミンゴを攻撃する機会を待っていたと明かした。あのとき、ドフラミンゴに撃たれはしたが、急所は外れ、とっさにそばにあった死体を身代わりにして入れ替わることでドフラミンゴたちの目を欺いていたのだ。そして、ローの仇を取ろうとするルフィに、ひそかに作戦があると告げたのだった。

ドフラミンゴといえど、体内を防御することは不可能。渾身の力を振り絞り、ガンマナイフでドフラミンゴの内臓を破壊しようとするロー。一杯食わされた怒りをあらわに、再度、ローにとどめを刺そうとしたドフラミンゴにJETスタンプを叩き込むルフィ。まさかの苦戦にトレーボルは目を疑い、叫びを上げる。このまま一気にけりをつけようとするルフィを止めたロー。とうに体力は限界、這いずるのがやっとの身体でドフラミンゴに近づくと、気力を振り絞って立ち上がった。優しかったコラソンの事を思い浮かべ、その思いを果たすべくドフラミンゴに狙いを定めるのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」94話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第95話のあらすじ

ガンマナイフを振るい、ドフラミンゴの内臓を破壊するロー。たまらず血を吐くドフラミンゴを目の当りに、トレーボルがローに襲い掛かろうとするが、ルフィに蹴り飛ばされる。コラソンの命を奪ったことを言及され、残念だと答えたドフラミンゴだが、迷わず撃つと言ったローを自分と同類だと挑発する。さらにコラソンを足手まといだと罵り、怒ったローのカウンターショックを浴びる。だが、直後にルフィの呼びかけで意識を取り戻したロー。しかし、その前には糸によって体内を応急処置を施したドフラミンゴが立ちはだかる。

処刑を続行しようと、ゆっくりとルフィたちのもとへ歩き出すドフラミンゴ。驚きのあまり、身動きすらできずトレーボルのベタベタに捕まり、地面に叩き付けられるルフィ。今度こそ息の根を止めようと、ドフラミンゴがローの頭めがけ足を振り下ろすが、間一髪のところでルフィの足がそれを阻止した。二人の覇気がぶつかり、周囲にすさまじい衝撃が起こった。トレーボルはドフラミンゴだけでなく、ルフィも覇王色の覇気を持っているのかと驚いたが、いわくありげに笑うと、ルフィには絶対にドフラミンゴに勝てないと呟く。

かつて、天竜人の身分を捨て、一家四人で人間として暮らし始めたドフラミンゴだったが、天竜人に恨みを持つ人々に処刑されそうになる。プライドを踏みにじられ、理不尽に傷つけられた怒りが生んだ激しい憎悪によって覇気が発動、人々を気絶させる。それを聞いたトレーボルはドフラミンゴが覇王色の覇気の持ち主だと確信する。ドフラミンゴを王の資質を持つ、天に選ばれた男だと持ち上げた。さらに、男なら自分を試せといい、殺したい奴がいるかと尋ねると、復讐するなら力を与えるといって銃と悪魔の実を与えた。

殺したい奴は山ほどいると答え、銃を受け取り、父を手にかけたドフラミンゴ。その出生が狂気を育み、激しい憎悪によってドフラミンゴは夜叉へとなっていった。ルフィとドフラミンゴではモノが違うのだとあざ笑い、ドフラミンゴこそ天に選ばれた真の王だと断言するトレーボル。覇王色の覇気がぶつかり合い、どちらも一歩も退かず、すさまじい肉弾戦が続いていた。ゴムゴムの鷲バズーカを放ったルフィだが、ドフラミンゴの足剃糸で地面に叩き付けられる。そして、ドフラミンゴはローを葬りさろうと、不気味な笑みを浮かべるのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」95話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第96話のあらすじ

ルフィとドフラミンゴ、覇王色同士の激突ですさまじい衝撃が起こった。はじき飛ばされたルフィはトレーボルに捕まる。ベタベタで自由を奪われ、さらに、ドフラミンゴがローの処刑を再開しようとするのに焦り、ベタベタの能力が自然系なら武装色の覇気が通じるはずだとトレーボルの腹を拳で連打した。しかし、穴が開いたにもかかわらず、一向にダメージを与えることができない。おどろくルフィにトレーボルをハリボテよばわりするロー。その言葉に逆上したトレーボルは、タベタでローを?地面に張り付けてしまう。

サングラスを上げ、凶悪な素顔をのぞかせたトレーボルは、自分たちがどうやってドフラミンゴを悪のカリスマへと育て上げたのかを語りはじめた。父の首を持ちマリージョアへ帰還したドフラミンゴだが追い返されてしまう。ドフラミンゴが覇王色の覇気を持つことを確信したトレーボルたちは、ドフラミンゴを王として掲げ、ファミリーを結成する。そして、逆らう者を決して許さず、対抗勢力の縄張りを力づくで奪った。その勢いは誰にも止められず、次第にドフラミンゴファミリーは人々から怖れられる存在となった。

ドフラミンゴは王だが、最高幹部との関係は対等であり家族同然だと話すトレーボル。しかし、ローからドフラミンゴの本心は違うと指摘される。逆上したトレーボルは、ドフラミンゴの制止も聞かず、ローを火で焼くのではなく、串刺しにしようと口をこじ開けにかかった。だが、ROOMを構えていたローは、失った手を操りトレーボルの腹を上から斬りつけた。悲鳴を上がり、血と共に大量のべタベタが流れ出て、痩せ細ったトレーボルの姿があらわになる。これでは自分のパンチが通じないはずだと納得するルフィ。

ドフラミンゴに失態を罵られ、ローを道連れにしようとするトレーボル。まもなく王宮に火柱が上がり、ヴィオラは千里眼でトレーボルが倒れ、残るはドフラミンゴ一人になったと告げる。状況がわからないまま、異変を察して涙する小人たちを叱咤、鳥カゴから逃げろと指示するフランキー。加勢したいというレオたちを足手まといになるだけだと止めるロビンは、ローを助け出したルフィから後のことを託される。まだ終わっていないとロビンを狙い放ったドフラミンゴの弾糸とルフィの鷹鞭が激突するノーブル。しかし、全てを防ぐことができず、こぼれた弾糸がロビンとローめがけ襲いかかる!

「ワンピース ドレスローザ編」96話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第97話のあらすじ

降り注ぐ弾糸から身を挺してローを守ろうとするロビンは、間一髪のところで眠りから覚めたキャベンディッシュに救われる。二人の無事を確かめたルフィは、キャベンディッシュにみんなを連れて下へ行くように頼む。ドフラミンゴを前にせめて一太刀と一旦は断ったキャベンディッシュだが、ルフィを自分のファンだと勘違いして請け負い、ロビンにバルトロメオの能力を使って下へ行くように指示した。ローの容態を尋ねるキュロスに、レオとマンシェリーは傷を縫い合わせることさえできればジョウロで治癒できると告げる。

ルフィに、いいかげんローを楽にしてやるべきだとうそぶくドフラミンゴ。そうしたければ自分に勝ってからにしろと言い返すルフィ。相当のダメージを負っていると指摘されるルフィだが、ローの攻撃を受けたお前も同じだと言い返し、熾烈な戦いが再開した。クロコダイルを倒して以来ルフィを気にかけていたとドフラミンゴは明かし、頂上戦争を生き延びて、ここまで来たことをほめながら攻撃してくる。一方、避難しようとするキャベンディッシュは、意識を取り戻したローからこの場所に置いていけと頼まれ困惑する。

13年間、ドフラミンゴを討つため生きてきたと胸のうちを明かすロー。そして、やるべきことはすべてやり、後をルフィに託したからには、最後まで見届け、万一負けたときには自分もここで命を落とすべきだと食い下がる。ロビンの説得も聞かないローの意思は固く、その瞳に強い決意を見たキャベンディッシュは説得をあきらめ、それなら自分もここに残ると地面に座り込む。そして、背中を負傷したロビンに自分のマントを渡し、バルトロメオに作らせた階段で先に行かせる。レオたちもローを置いていけないと、残ることにした。

鳥カゴの収縮が進み、ドレスローザは大混乱となる。止める手立てはないかと走り出すゾロたち。一方、ギア2に続き、ギア3を発動したルフィだが、隙だらけだと顔面を蹴り飛ばされる。力の差を見せつけ、鳥カゴの制限時間の一時間とは完全に閉じる時間で、30分もすれば死人が出るとドフラミンゴは非情な宣告を下す。ルフィさえ来なければこの国は平和だったと言うドフラミンゴに対して、ルフィはそれは上っ面だけだと言い返し、邪魔をしたのは自分ではなく、友達を悲しませ、仲間を怒らせたお前だと言い返す。そして、もう誰も死なせないため、全部自分が引き受けたのだと言うと、ギア4の名を口にする。

「ワンピース ドレスローザ編」97話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第98話のあらすじ

鳥カゴの収縮が進みドレスローザ崩壊の時が迫る。海兵たちは少しでも安全な場所へと、人々を中心街へ誘導する。王の台地2段目では、ベビー5からドフラミンゴの非情さを教えられたサイが、見過ごすわけにいかないと決意、猛者たちと共に立ち上がった。ここなら安全と思っていたウソップも、ヴィオラから収縮の中心がドフラミンゴの居る王宮の台地で、戦いが長引けば危険と教えられ悲鳴を上げる。一方、ゾロに続き、下へ降りた錦えもんたちは、ゾロが鳥カゴを止めに行こうとしているのを知っておどろきの声を上げた。

ひまわり畑ではマンシェリーによりローが意識を取り戻していた。キャベンディッシュは小人たちの存在におどろきながら、ドフラミンゴを倒した後、ルフィは世界に波紋を起こす台風の目になるとローに言う。そのつもりだと不敵に答えるロー。一方、ドフラミンゴを倒すためギア4を発動、覇気を纏った身体に空気を送り込み、おどろくべき変貌を遂げたルフィ。風船のように膨らんだルフィを前に、真面目にやれと呆れ、軽く見たドフラミンゴだが、2年間、巨大な猛獣と戦い続け会得したルフィの“猿王銃”で殴り飛ばされる。

吹き飛ばされて地上に落下したドフラミンゴ。その姿に人々もおどろく。捕えようと取り囲んだ海兵たちだが、ドフラミンゴににらまれた途端、戦意を失い地面に座り込む。ルフィの新技に小躍りして喜ぶバルトロメオ。一方、ドフラミンゴを逃すまいと、ゴムの弾力を利用して空中から追跡するルフィは、ドフラミンゴの背後に回り込み“犀榴弾砲”で顔面を蹴り飛ばした。所詮はゴムと軽く見ていたドフラミンゴも、ルフィが武装色の覇気で皮膚を固め張力を何倍も引き上げていることに気付くと、怒りもあらわに上空へ移動した。

空中でにらみ合うルフィとドフラミンゴ。ドフラミンゴの連続攻撃をかわして、その腕をとらえるルフィ。振りほどこうとするドフラミンゴだが、ルフィの圧倒的な力と技の前に次第に押され気味になる。隙をついてルフィの腹めがけ足剃糸を放つが傷を負わせるどころか、武装したままの弾力に手も足も出ない。おどろきを隠せないドフラミンゴに、そんなものは効かないと言い放ち、大蛇のように伸びた腕でドフラミンゴを追いかけるルフィ。しつこさに辟易したドフラミンゴの放った糸を力で跳ね返し、ルフィは渾身の“大蛇砲”をドフラミンゴの顔面に叩き込んだ!

「ワンピース ドレスローザ編」98話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第99話のあらすじ

ギア4を発動、圧倒的な力と技でドフラミンゴを追い詰めるルフィ。その戦いぶりに人々は、次第に声援を送り始めた。そのルフィの変貌におどろくキャベンディッシュに、ローは覇気を使いすぎていると危惧する。そのころ、姿を消していたバージェスが、ルフィを狙っていることを知ったコアラは密かにその後を追う。 ヴィオラから残る幹部はドフラミンゴだけと聞いたリク王は、倒せば鳥カゴも消えるはずだと確信する。一方、糸を止めようと走りだしたゾロだが迷子寸前のところで、抜け雀に乗った錦えもんたちと合流した。

小人たちと工場から脱出したフランキーは、思わぬことから工場の外壁が海楼石でできていて能力者の糸で切れないことに気づく。そして、合流したゾロたちが糸を止めようとするのを知り、あることを思いつく。一方、ルフィと対峙したドフラミンゴはルフィの能力に制限時間があることを指摘、さらに悪魔の実の能力には覚醒という上のステージがあると言い放った。やがて覚醒した能力に影響され、辺り一面、建物すら糸に変化してルフィを襲う。ドフラミンゴは自分の糸は無限で、お前は近づくこともできないとほくそ笑む。

ルフィを消耗させ、覇気が尽きるのを待って止めを刺そうとするドフラミンゴ。必死に糸をかわすルフィだが、そのしつこさに辟易する。そのころ、ドレスローザ各地から、鳥カゴを逃れようとする人々が中心街を目指し、大混乱となっていた。涙ながらにはぐれた子供を探す母親、走ることができない年寄りや怪我人たちの目にはあきらめの色が浮かぶ。病院では患者を避難させようとするが人手が足りず、誰もが避難するのに夢中で相手にしない。人々の絶望と嘆きを見過ごせず、リク王は電伝虫を通じて人々に語りかける。

リク王の声におどろいた人々は、足を止めて放送に聞き入った。リク王は混乱する人々にこれは夢でなく、10年間ドフラミンゴに支配され、鳥カゴの中で人形のように操られていた現実だと語った。しかし、この国に居合わせた猛者たちにより、ファミリーの幹部たちは倒れ、残るはドフラミンゴただ一人。現在戦っているルフィこそ、鳥カゴを破壊してくれるはず、その決着がつく数十分、どんなことをしても逃げのび、生き抜いてほしいと涙を流して訴えた。希望を見出した人々は、逃げ遅れた人々に手を貸して避難を始める。鳥カゴ収縮、ギア4の制限時間が迫る中、ルフィはけりをつけるべく反撃を開始する!

「ワンピース ドレスローザ編」99話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第100話のあらすじ

ドレスローザの命運を賭け、ドフラミンゴと死闘を繰り広げるルフィ。その戦うさまを見た人々は、ルフィに希望を託し、生き抜こうと必死に中心街を目指す。一方、渾身の大蛇砲でドフラミンゴを追い詰めたルフィだが、ギア4の制限時間が迫っているうえ、覚醒したドフラミンゴの反撃に苦戦する。何とか接近戦に持ち込もうとするルフィだが、ドフラミンゴの操る巨大な糸に挟み撃ちにされ糸の束に閉じ込められてしまう。逃れようともがくルフィをそのままに、ドフラミンゴはその隙に傷ついた内臓を修復を急いだ。

次々と出現する糸に邪魔され、ドフラミンゴに近づけないルフィ。上空から攻撃するが、向かってくる糸を防ぎ、バウンドしてかわすのがやっとだ。すかさず、とどめを刺そうと、周囲の建物を糸に変え、大波白糸を放つドフラミンゴ。その無数の糸をかいくぐり、反撃に出たルフィは頭を武装硬化すると、首を伸ばしてドフラミンゴに頭突きを食らわせた。ただちに反撃するドフラミンゴだが、ルフィは糸をかわすと、渾身の力で獅子・バズーカを放つ。轟音と共に吹き飛ばされたドフラミンゴは、王宮のある台地の壁に激突する。

ルフィの勝利に喜ぶ人々だが、あまりにも手配書と違う容貌におどろき、本人なのかと尋ねる。矢継ぎ早に質問され、困惑するルフィ。その中でただ一人、ギャッツだけが、コロシアムにいたルーシーの正体が、目の前にいるルフィだと気付く。しかし、鳥カゴはまだ消えていない。すぐさまドフラミンゴに追加の一撃を放とうとしたルフィだが異変が起きる。制限時間を超えた身体が耐え切れず、身体から空気が抜ける。そして、元の身体に戻ったルフィは地面に叩き付けられ、もはや息をするのもやっとの状態になってしまう。

ルフィが倒れたのを見届け、その命を奪い、ゴムゴムの実を奪うときだと王宮を後にしたバージェス。コアラはその動きにおどろき、ルフィの危機を伝えるためサボに連絡を取る。一方、ドフラミンゴが倒れたことを喜ぶ人々だが、ルフィも同じ海賊だと、疑いの目を向ける者もいた。その時、轟音と共に台地の壁が崩壊する。憤怒の形相を浮かべるドフラミンゴが現れ、人々は一目散に逃げ出す。鳥カゴが迫る中、ドフラミンゴと戦おうと、気力を振り絞るルフィだが、力尽きて身動きすらできない。それを見たドフラミンゴは残酷な笑みを浮かべ、無言のままルフィを見下ろした。

「ワンピース ドレスローザ編」100話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第101話のあらすじ

打倒ドフラミンゴまであと一歩と迫りながら、ギア4の制限時間を超え力尽きたルフィ。倒れたところをコロシアムの司会者ギャッツに助けられ、問われるまま謎の剣闘士ルーシーの正体が自分だと認める。どうりで強かったと納得、できることはないかとギャッツが協力を申し出た。ルフィは、ギア4を使うと10分間、覇気が使えなくなるが、回復さえできれば必ずかたをつけると約束する。ドフラミンゴが復活した今、ルフィを信じる他なく、覚悟を決めたギャッツは、コロシアムの出場選手たちに力を貸すよう呼びかけた。

歓声を上げ、突如現れた援軍をいぶかしがるルフィに、ギャッツはコロシアム参加者で力を貸さなかったほうの選手たちだと説明した。あのときは賞金に目がくらんだとルフィに謝った選手たちは、街へ降り立ったドフラミンゴの前に立ちはだかる。一方、背後を守らせながら、ルフィを背負って必死に逃げるギャッツ。その前にバージェスが出現する。ルフィの命を狙い、巨大なナイフの刃をかざし襲いかかってくるが、間一髪のところで駆け付けたサボがこれを阻み、バージェスの顔面を蹴り飛ばし地面に叩きつけた。

倒れたバージェスにサボは、ルフィが自分の弟だと明かすとエースを含め、自分たちが三兄弟だと告げ、ルフィのバックに自分がついていると宣言した。周囲が騒然となる中、革命軍に用はないと笑い飛ばすバージェスに、サボは炎で挑発する。コロシアムで自分を出し抜いた相手がサボだと気づき、怒るバージェス。サボはルフィに声をかけ、ドフラミンゴと戦う意思が固いことを知ると、頼もしくなったと笑顔を見せ、バージェスの相手を引き受けた。サボがエースの形見であるメラメラの実を食べたことにルフィも安堵する。

ルフィを逃がし、バージェスと対峙したサボは浮沈艦ラリアットをかわすと、竜爪拳に炎を纏わせた火炎竜王を叩き込んだ。ルフィを狙っていたバージェスが、メラメラの能力を見たとたん、迷うことなくターゲットを変更したことから、サボは噂に聞く能力者狩りを行っていると確信する。一方、ギャッツからサボがメラメラの能力を操れる理由を尋ねられたルフィは、決勝で入れ替わっていたと説明する。本来は反則だが、兄弟の思いを受け継いだのならいいと納得、ドレスローザの希望はもはやお前だけだと必死で逃げるギャッツ。だが、その背後には選手たちを血祭りにあげたドフラミンゴの魔手が迫っていた。

「ワンピース ドレスローザ編」101話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第102話のあらすじ

鳥カゴの収縮が進み、ドレスローザ中心街は逃げ場を求める人々と、戦いに巻き込まれぬよう避難する人々でごった返していた。単身、鳥カゴの前に立ちはだかり、収縮を止めようとするゾロを無謀だと止めた錦えもんとカン十郎だったが、ゾロの気迫に押され、3人がかりで鳥カゴに立ち向かう。スマイル工場ではフランキーの指揮のもと、小人たちが海楼石でできた工場を利用して収縮を食い止めようと奮闘する。ヴィオラから報告を受けたロビンは、おどろきながらも、いかにもゾロらしいやり方だと思わず微笑む。

王宮のある台地では押し寄せる人々とファミリーの残党兵たちが対立していた。銃で威嚇されても従おうとしない人々に、見せしめのため発砲するが、回復したコロシアムの猛者たちに蹴散らされる。自分たちの回復におどろくハイルディンに、レオはマンシェリー姫による延命措置で安心しないでほしいと説明した。歓声を上げる人々に、キュロスはく今すぐ台地をよじ登るように指示、サイは体力のある者は自分についてこいと命令する。そのころ、姿を消したルフィを誘い出すため、ドフラミンゴは鳥カゴの収縮を速める。

バージェスとの戦いを続けるサボは、鳥カゴの収縮が速まっていることに気付き、ルフィの身を案じる。鳥カゴを制止しようと必死なゾロたち。フランキーも小人たちと力を合わせ、工場を押し、食い止めようとする。だが、鳥カゴが台地に到達するのに3分。ルフィの回復には4分、その差は1分。これではルフィが回復しても間に合わない。もはや自分たちで倒すほかない。覚悟を決め、一斉に背後からドフラミンゴに襲い掛かる選手たちだが、かなうはずもなく、ルフィを誘い出すメッセージとして一瞬で倒されてしまう。

復活した猛者たちと共に、バルトロメオの張ったバリアで鳥カゴを押し返そうとするロビン。猛者たちの回復に疑問をもつが、レオからマンシェリー姫の涙の成分をもつチユポポの実によるものだと説明される。チユポポの綿毛で、猛者たちのほか傷ついた人々も超回復を果たすが、あくまでも一時的なもので、効果は数分しか持たないというのだ。武器も使えず、戦うこともできないけど、これが自分なりの戦いだとドレスローザを憂い、涙を流すマンシェリー。一方、ドフラミンゴから必死に逃げるギャッツの前にローが現れた。ルフィの状態を尋ね、覇気が戻るまでの時間を確認すると、あとは自分が預かると告げる。

「ワンピース ドレスローザ編」102話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第103話のあらすじ

東西に別れ、鳥カゴを阻止しようとするゾロたちだが、すさまじい力の前に苦戦していた。ウソップは避難しようとする人々に、仲間が鳥カゴを止めようとしていることを説明、元気な者は力を貸すように命令して各地へ向かわせた後、状況を見てもらおうとして、ヴィオラの姿が見えないことに気づく。一方、ルフィを誘い出そうと選手たちを血祭りに上げるドフラミンゴだったが、一向に出てこないルフィに苛立ち、選手たちを手にかけていく。その一部始終を千里眼で見ていたヴィオラは、あまりのむごたらしさに言葉を失う。

キュロスに指示を受け、避難民のいる中心街へ向かうレベッカ。鳥カゴの中心が王宮のある台地へ移動していることを報せ、すぐ避難するよう人々を誘導した。万一、鳥カゴが阻止できなければ、阻止しようとしている人々の努力は報われない。自らドフラミンゴと戦うことを決意したレベッカは、ドフラミンゴとヴィオラの対峙に遭遇する。ヴィオラはレベッカに立ち去るように言いつけ、ファミリーの幹部だったケジメをつけようと、ドフラミンゴに挑む。しかし、軽々とかわされた挙句、背後に回り込まれ蹴り倒されてしまう。

多数の海兵を率いて現れた藤虎だったが、意外なことにゾロたちを捕えようとせず、刀に覇気を纏わせると一緒になって鳥カゴを押し止めにかかった。藤虎の指示を受けた海兵たちが分散して東西へ向かうのを見て、人々は逃げることを止め、自分たちで国を守るのだと立ち上がった。各地で奮闘する仲間たちの元に、続々と人々が駆け付け、まさに一丸となってドレスローザを守るのだと力を合わせる。そして、一瞬だけだが鳥カゴが止まり、手ごたえを感じたゾロ。鳥カゴを止めることができたことで、人々を勇気づけられる。

再び収縮をはじめた鳥カゴが台地を切り刻み始めた。これ以上、縮めば犠牲者が続出する。リク王、タンクも人々と共に鳥カゴを止めようとする。工場前ではフランキーが小人たちに気合いをいれる。目鯨を飛ばし、ドフラミンゴをひきつけ、隙を狙うヴィオラだが通用しないばかりか背後に回り込まれ捕えられてしまう。ドフラミンゴは裏切り者であるヴィオラを処刑させようと、レベッカを糸で操り剣を取らせた。ドフラミンゴの意図を見抜き、おどろくヴィオラ。レベッカは自由を奪われ涙を流す。鳥カゴが閉じるまで60秒。いまだ眠るルフィは間に合うのか?

「ワンピース ドレスローザ編」103話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第104話のあらすじ

ドレスローザ滅亡まで60秒を切った。一瞬とはいえ、鳥カゴを止めたことに成功したゾロたちだが、再び動き始めた鳥カゴの前に苦戦する。一方、ドフラミンゴに操られ、母の妹であるヴィオラに剣を向けたレベッカ。必死に抗おうとするが、指一本自由にできず、涙を流し絶望の色を浮かべる。そのとき突如、ドレスローザ各地の人々へ呼びかけるギャッツの声が響き渡った。ショーを実況するように、コロシアムを沸かせた剣闘士ルーシーのことを語り始めるギャッツ。その名を聞いたレベッカは涙を流しルーシーに助けを求める。

謎の剣闘士ルーシーの正体が海賊・麦わらのルフィだと明かすギャッツ。動揺する人々に向かって、ルフィは海賊だが、10年間自分たちを騙し、支配したドフラミンゴとは違うと断言する。さらにルフィが真の王であるリク王をして、希望と言わしめた男で、あと一歩までドフラミンゴを追い詰めたと説明した。今は傷つき、回復の時を待っているが、復活すればドフラミンゴの一発KOを約束したと叫ぶと、腕をつきあげ人々を煽る。あと少し、ルフィ回復まで持ちこたえよう。いつしか人々の間からルーシーコールが沸き起こる。

レベッカとヴィオラの危機を見つけ、震えながらもドフラミンゴにここがお前の処刑場だと挑発、二人から気をそらそうとするギャッツ。そのころ鳥カゴを止めようと奮闘する猛者たちに異変が起きた。チユポポの効果が切れ、倒れる者が続出したのだ。自分の力が足りないことを責めるマンシェリーに、カブは人々が集まり、一丸となっている姿を見せ、十分できることをしたとねぎらう。沸き起こるルーシーコールは止まず、復活までのカウントダウンを開始したギャッツだが、ドフラミンゴの怒りを買い、イトで身体を貫かれる。

倒れながらも最後までマイクを離さなかったギャッツ。そして、一向にルフィが現れる気配はなく、人々の間に不安の色が浮かぶ。静かになったと満足するドフラミンゴは、次はお前の番だとヴィオラに処刑宣告をつきつけた。覚悟を決めたヴィオラは、レベッカの心に深い傷をつけてしまうことを詫び、貴女は何も悪くないと微笑みすら浮かべる。ヴィオラに言われるまま目を閉じ、耐え切れず泣き叫ぶレベッカ。その剣が振り下ろされたそのとき、復活したルフィが飛び込み、剣を叩き折る。湧き上がるルーシーコールの中で、立ち上がったルフィはドフラミンゴをにらみつけるのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」104話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第105話のあらすじ

間一髪のところで操られたレベッカの剣を絶ちきり、ヴィオラの処刑を阻止、ドフラミンゴと対峙したルフィ。しかし、疲労の色は隠せず、ドフラミンゴから立っているのがやっとだと挑発される。お前も同じだと言い返したルフィだが、イトの攻撃を避けられず、地面に叩きつけられてしまった。ドフラミンゴはなおも、ルフィを助けようとするレベッカを狙うが、機転を利かせたローによって妨害される。苛立ちながら、ドフラミンゴはローに見せつけるかのように、エバーホワイトで街を覆っていき、ルフィの手足を捕える。

操り人形にされてはたまらないと、逃れようとするルフィだが、イトを切れず追い詰められていく。腹を硬化して攻撃を防ごうとするが、数が多すぎて間に合わず傷を負ってしまった。猿王銃が通用しなかったことに、ルフィはかつて、レイリーから受けたアドバイスを思い出す。ギア4は身体の負担が大きく、通じない場合は違う方法を選ぶことを勧められていたのだ。ドフラミンゴはルフィを操りながら、人々をゴミよばわりし、逆らわず操られていればこんなことは起こらなかった。この大虐殺もルフィたちが招いたと言い放つ。

いいかげんにしろとドフラミンゴを怒鳴りつけたルフィ。一方、各地での人々の奮闘もむなしく、鳥カゴの収縮は止まらない。じわじわと王の台地を切り刻んでいく。はたして本当にこのまま持ちこたえることができるのかと危ぶむレオに、ルフィを信じるのだと声をかけ励ますロビン。一方、操られたままではいられないと、ルフィは再びギア4を発動する。身体を膨らませてイトを切断したルフィは、最後の戦いの場として上空へ移動した。このまま持つはずがないと判断したドフラミンゴも、ただちにルフィの後を追いかける。

上空でにらみ合うルフィとドフラミンゴ。すべてを支配しようとするドフラミンゴに、息がつまりそうだと怒りをぶつけ、倒すことを宣言したルフィ。ギア4を発動した状態で、さらに空気を送り込んでいく。そして、渾身の力とともに放ったルフィの大猿王銃とドフラミンゴの神誅殺が激突する。ルフィの勝利を信じ、声援を送る人々、その思いを受けて、歯を食いしばるルフィ。やがてすさまじい衝撃が起こり、瓦礫と共に地面へドフラミンゴが落ちていく。その姿にローはかつて、コラソンから聞いたDの一族が神の天敵と呼ばれることを思い出していた。

「ワンピース ドレスローザ編」105話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第106話のあらすじ

持てる力のすべてを込めた大技、大猿王銃によって、みごとドフラミンゴを倒したルフィ。その衝撃はすさまじく、周囲の建物を巻き込み、瓦礫と化して地上へ降り注ぎ、巻き込まれてはたまらないと、思わず人々は逃げ出した。仁王立ちのルフィを見上げ、それぞれ、今日まで抱き続けた思いを胸に涙を浮かべるレベッカとヴィオラ。とうに限界を超えていたルフィは、すべてを出しつくして力尽きてしまい、再び意識を失うと地面へ落下する。しかし、激突寸前のところでローに救われ、レベッカたちのもとへ届けられた。

ドフラミンゴとルフィの姿が消え、二人の戦いを見守っていた人々は、勝負の行方がどうなったのかとギャッツを問いただす。身体を心配するアシスタントの制止を押し切り、ふらつく身体でマイクを手にしたギャッツは、人々に空を見上げるように呼びかけた。やがて、空を覆っていた雲が消えて日の光が差し込み、ドレスローザを覆っていた鳥カゴのイトがゆっくりと消え始めた。各地で鳥カゴを押し止めていた人々も鳥カゴが消えたことに歓喜の声を上げる。ドレスローザは今、ドフラミンゴの支配から解放されたのだ。

実況を再開したギャッツだが、感激のあまり言葉にならない。もらい泣きするアシスタントに励まされ、ギャッツはドレスローザの命運を賭けた攻防戦で、キュロス率いる小人たち、そしてコロシアムの猛者たちがドンキホーテファミリーを壊滅し、大将戦で、ルフィがドフラミンゴを撃ち倒し、勝利したことを報告した。ドフラミンゴの支配から解放され、家族を、記憶を取り戻して喜びに沸く人々。天を仰いだリク王は、10年前のあの夜、ドフラミンゴにより国を奪われ、国民たちと一緒に絶望へと追いやられたことを思い出す。

傷つき、倒れたルフィの頭を膝に乗せ、約束を守り、ドフラミンゴを倒してくれたと涙を流し続けるレベッカ。コロシアムでルフィと戦った猛者たちも、ルフィの実力を認め、素直にその強さを讃えた。勝利に号泣するレオを優しく抱くロビン。工場前で小人たちのガンバりを認め、褒めてやりながらフランキーは、片足の兵隊との会話を思い出し感無量だった。喜びに沸く人々に背を向け、そっと離れていくキュロス。一人になり、今日までのことを思いながら、いつしか声をあげて号泣する。荒れ果て、変わり果てながらも、ドレスローザは自由を取り戻したのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」106話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第107話のあらすじ

ルフィの勝利によりドフラミンゴファミリーは壊滅、鳥カゴは消え、ドレスローザ滅亡の危機は回避された。10年間騙され、記憶を奪われた人々は家族や恋人と再会、喜びの声を上げる。一方、ルフィの勝利を見届け、バージェスにとどめを刺さず立ち去ろうとしたサボだったが、エースの最期の言葉を引き合いに、愚弄しようとするバージェスが許せず、顔面を押さえつけ力づくで黙らせた。苦痛の声を上げながら、能力者狩りの面目にかけてサボの命を狙っていたバージェスは、背後に隠し持っていたナイフでサボに襲い掛かる。

バージェスのナイフをかわし、火拳を叩き込んだサボ。炎に焼かれるバージェスに向かって、記憶を取り戻して以来、エースを救えなかったことを悔やみ続けていると吐き捨てた。ようやくサボと連絡がついたと安心するコアラだが、要件を確認した途端、また連絡がつかなくなってしまう。海軍に捕獲されたドフラミンゴたちが連行されるのを複雑な気持ちで見つめるベビー5。だが、サイからここにいろと告げられ上機嫌になる。一方、メイナードに二匹の電伝虫を用意させた藤虎は、何かを決意した表情である場所へと向かった。

瓦礫の中に立ち、意を決して中継を開始したメイナード。その様子は隣国アップルナイン島をはじめとする3島へ届いていた。その様子を見た人々は、見る影もなく荒れ果てたドレスローザに衝撃を受ける。そしてメイナードは、ドフラミンゴが起こした事件について語りはじめた。一方、リク王のもとには、国王に戻ってほしいと懇願する人々が詰めかけていた。それを辞退するリク王だったが、すでにエリザベローが手を回し、近隣諸国にはリク王復活が伝わっているというのだ。そのため、王宮の電伝虫が鳴りやまないという。

困惑するリク王のもとに現れた藤虎は、事件の責任をすべてリク王が一人で背負うことになっては困ると異議を唱えた。海賊であるドフラミンゴを王下七武海の一員と認め、ドレスローザの王として君臨させた責任は世界政府にあると発言すると、ドレスローザ王家と国民たちに対して土下座して心から詫び、深々と頭を下げた。同行していた海兵たちも、その藤虎の行動にならった。あまりのおどろくべき光景に、誰もが声を失い釘付けとなった。前代未聞ともいえる海軍大将の土下座、ドレスローザで何が起きたのか?隠されていた大事件は瞬く間に世界へと伝わるのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」107話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第108話のあらすじ

海軍大将による土下座、その衝撃的な光景は隣国から中継され、瞬く間に世界各地へと広まった。藤虎の体面をおもんばかり、土下座をやめさせようとするリク王だが、藤虎はドフラミンゴを野放しにしていた政府が、今になって正義の名のもとに捕えようとすることを批判、この国を取り戻したのは海軍ではなく、海賊、戦士、市民たちだと断言する。一方、手分けして戦っていた麦わらの一味が合流を果たしていた。ヴィオラはウソップたちがルフィを捜していることを知ると、レベッカにここにいることを教えようと微笑んだ。

小人たちに戦いが終わったことを告げ、功績を讃えたのち解散を宣言したキュロス。感極まって泣くレオたちに、戦いは終わったが、まだドレスローザを元の姿に戻す仕事が残っていると協力を頼んだ。一方、リク王は海軍の体面を考えてタンクに協力した海賊たちを王宮へ匿うように指示をする。そのころ、ドフラミンゴの一件を承服できず面子をつぶされたサカズキは、五老星の元へねじ込んでいた。だが、権限はCPに一任されたとあしらわれ、逆にクザンが黒ひげの元にいることを指摘され、言い争いになってしまう。

ドフラミンゴが敗れたことで波乱が起きていた。武器密輸ルートを断たれ、停戦状態になる国。取引できなくなり、パニックになる者もいた。また、その情報はルフィと共に最悪の世代と呼ばれたルーキーたちのもとへも届いていた。新聞で同期の活躍を知り、その功績を認めるボニー、空島で傷ついた身体を癒すウルージ。さらわれたシーザーを奪い返しに向かうカポネ。かつて父をドフラミンゴに殺されたことを明かし、カイドウを捜すドレーク。そして、同盟を組んだキッドとアプー、ホーキンスらはシャンクスを狙っていた。

土下座という前ま代未聞の事態を引き起こしたことを責められ、サカズキに怒鳴りつけられた藤虎。だが、かつてスモーカーからアラバスタの事件を聞かされていたため、報告すれば内容を変えられ、英雄に祭り上げられるのかと皮肉で返す。藤虎の英断におどろくスモーカーに、2年前の仇をとってもらったようだと喜ぶたしぎ。一方、海軍の面子を潰され怒りのおさまらないサカズキは、それで崩れる信頼なら無いも同じだと激しい口調で言い返す藤虎に、落とし前をつけろと要求する。ルフィとローの首を取るまでは海軍基地の敷居はまたがせないというのだ。そのサカズキの言葉に、藤虎は臆せず答えた。

「ワンピース ドレスローザ編」108話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第109話のあらすじ

海軍の目を避け、密かにルフィたちが身を寄せるキュロスの家を訪れたサボ。再会を喜び、眠っているルフィを起こそうとしたロビンを止め、状況を知ったCP0が引き返して来ており、可能であれば早く出航するように勧める。エースのほかに兄弟がい たのかとおどろくゾロたちに、自分は死んだことになっていたのだと言うと、12年前の事件について語り始めた。幼い日、サボはエース、ルフィと杯をかわして義兄弟となり、共に夢を語り合い、修行に励んでいた。だが、その夢は思いがけず、無残な形で踏みにじられてしまう。

グレイターミナルが焼き払われることを知ったサボは、ルフィとエースに知らせに行こうとするが、家に連れ戻されてしまう。身分にこだわり、平気で人の尊厳を踏みにじる親たちのようになりたくない。サボは自由を求めて船出するが、天竜人の船の進路を横切ったという理由で船を破壊され瀕死の重傷を負う。ドラゴンに救われたサボだが、ショックで記憶を失ってしまっていた。だが、頑なに家へ帰ることを拒み、イワンコフに遊びじゃないと言われながらも、涙を流してドラゴンに、ここから連れ出してほしいと懇願する。

海軍との遭遇を避けるため、王宮で身を潜める猛者たち。バルトロメオはハクバが現れてはたまらないと、キャベンディッシュを縛りつける。一方、キュロスの家ではサボが革命軍に保護されてからのことを語っていた。名前以外はわからず記憶は戻らないまま、サボは革命軍の総本部で他の子供たちと暮らしながら、ハックやくま、イナズマらを先生に身体を鍛え、生きるため必要な知識や戦い方を学んでいく。そのころ、サボが生きているとは知らないエースとルフィは、17歳になったら海賊になるため船出することを誓い合う。

12歳になったサボは訓練で、くまを相手に健闘するまでに成長していた。そして、17歳で革命軍の一員として、コアラ、ハックたちと任務につくようになったサボ。2種類の覇気を使いこなし、正面から乗り込んで敵の目をひきつけ、コアラたちが囚われた市民や仲間を解放する。サボは竜爪拳を振るい、一人で敵を壊滅状態にした。仲間から自分と同じ年の海賊の話を聞いたサボは、無意識のままエースの名を呟くが、それ以上は思い出すことはなかった。よく記憶を思い出せたと感心するフランキーに、サボは苦悶の表情を浮かべ、エースが呼くび起こしたと重い口を開いた。

「ワンピース ドレスローザ編」109話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第110話のあらすじ

キュロスの家を訪れたサボは、麦わらの一味にこれまでのことを語り始めた。とある国での任務を終え、バルティゴへ戻ったサボ。総本部では終結した頂上戦争の噂で持ちきりで、参戦したイワンコフらの安否に加え、ドラゴンがルフィを自分の息子だと認めたことで大騒ぎとなっていた。サボはエースの写真を見たことをきっかけに、失っていた記憶を取り戻す。異変に気づいたコアラが声をかけるが、エースの死という、無情な現実を突きつけられたサボは言葉を失い、慟哭、やがてショックに耐えきれず意識を失ってしまう。

ショックで意識を失ったサボは高熱で三日間眠り続けた。記憶を取り戻して目覚めたことを喜びながら、革命軍を辞めるのかとたずねたコアラに、辞めないと答えたサボは、ドラゴンへ話があると対面を希望する。ここまで語り終え、話を続けようとするサボを遮り、錦えもんを怒鳴りつけたゾロ。感極まった錦えもんが酒だけでなく食べ物まで平らげたからだ。ルフィが目覚めたときのために食べ物がないのは困ると言うロビン。二人の仲裁に入ったカン十郎は、あらためて自分と錦えもんが酒や食料を買うことを請け負った。

エースの墓を花で飾り、今日まで来られなかったことを謝り、ルフィがふたたび海賊王を目指し始めたと語りかけるサボ。その後、ドレスローザに乗り込んだサボは、エースの形見ともいえるメラメラの実を手に入れるため、コロシアムに潜り込み、ルフィの前に姿を現した。食って掛かるバルトロメオを払いのけ、ルフィを弟と呼ぶサボ。ルフィは自分を弟と呼ぶのはエースのほかは、昔、死んでしまったサボだけだと怒る。だが、自分を呼び止めた相手がそのサボだったことに気づき、涙を流しながら生きていたことを喜んだ。

エースを助けられなかったことを詫び、号泣するルフィに生きていてくれてよかったと慰めるサボ。メラメラの実を食べる許可をもらい、ルフィもそれがいいと同意する。すべてを語り終えたサボはゾロにルフィのビブルカードを渡し、後のことを託してバルティゴへ向かう。ゾロはその行動に、エースからルフィのことを頼まれた日のことを思い出していた。一方、サカズキからルフィたちを捕えるよう命令を受けた藤虎だが、サイコロの目を理由に動こうとしない。そのころ、王宮のどこにもルフィがいないことに気づいて捜すレベッカに、リク王は自分が王に戻ればお前は王女になるのだと語りかけていた。

「ワンピース ドレスローザ編」110話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第111話のあらすじ

サボが帰るのを見届け、ロビンたちの会話に加わったキュロスは、ルフィを起こそうとするゾロを止め、好きなだけ眠らせてやってほしいと頼んだ。ドレスローザの人々がどれだけルフィに励まされたか。感謝の言葉を述べるキュロスを、ゾロは酒に誘う。ゾロから怪我が治ったら手合せしたいと言われ、キュロスは光栄だと返した。やがてゾロが休み、一人、王宮を見上げたキュロスはレベッカのことを思い出し、その名をつぶやく。しばらく考え込んだ後、ペンを取り手紙を書きあげると、誰にもいわず、そっと家を出ていった。

そのころ、ゾウを目指したサニー号の面々は、シーザー奪還を狙うビッグマムの追手から逃走していた。毒づくシーザーに、心臓を見せつけて黙らせるサンジ。粗末に扱われ、不満そうなシーザーにチョッパーも怒りをぶつけ、言い合いになる。一方、サンジたちとはぐれたナミたちは、謎の敵に追われ逃げ出すが、先回りされてしまう。あの女をどこにやったのかと尋問されるが、突如、噴火雨が発生、巨大な水の塊が降り注ぎ、押し寄せる水に流される。どうにか木の上に逃れるが、その背後にシープスヘッドの凶刃が迫る。

ナミを狙うシープスヘッドを阻止したブルック。さらに異様な姿へ変貌してすさまじい力で繰り出されたシープスホーンを、魂パラッドで食い止める。相手の能力におどろきながら、駆けつけたサンジの指示で、ブルックはシープスヘッドを足止めする。そして、上空から悪魔風ムートンショットでサンジが攻撃、気絶させてしまう。予想外の戦力におどろき、侍はいないと言い残して敵は姿を消した。水が引いていき、姿を消した少女の身を案じるナミとブルックだったが、サンジと一緒にチョッパーに呼ばれて下の森へ向かう。

キッド海賊団のアジトでは思いもよらぬ事態が起こっていた。すさまじい轟音と衝撃に、敵襲かと駆け付けたキッドたちは人型をした巨大な穴に息を飲む。その数分前、空島の廃墟バロンターミナルでは、ウルージの目の前で、死に場所を捜す男が飛び降りていた。その男こそ、かつてただ一人で海軍、四皇に挑み、18回捕まり、40回もの処刑宣告を受けるも命を奪われることなく、陸空海で最強とうたわれた存在、百獣と呼ばれたカイドウだった。穴から起き上がり、また死ぬことができなかったとぼやくカイドウはキッドたちに目もくれず、ジョーカーの名を呼ぶと、世界最高の戦争をしようと吼えた。

「ワンピース ドレスローザ編」111話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第112話のあらすじ

ルフィVSドフラミンゴの戦いが終わって3日後。ドフラミンゴの護送警備のため、大目付センゴク、大参謀つるの船がドレスローザ南海岸に到着した。おつるから居場所を知りながらルフィを捕えようとしない理由を詰問され、藤虎はサイコロを手に、この国を救ったルフィを敵とみるか英雄として見逃すか、命運をお天道さまに託したと答える。この件は自分に任せてほしいという藤虎に、賞金首をいつまで野放しにできないと言いかけたおつるだったが、献ポポのためテントを訪れたマンシェリーの可愛さに相好を崩す。

中心街はリク王の復位を一目見ようとする人々で溢れていた。王宮でドレスに着替えて見違えたレベッカだったが、その顔は浮かず、リク王から渡されたキュロスの手紙に思いをはせていた。食糧を食べ尽くし、カン十郎と買い出しに向かった錦えもんは街中で妙な噂を耳にした。レベッカの父はキュロスではなく異国の王子で、戦争で亡くなった後は母子二人、この国でひっそりと暮らしていたというのだ。そのころ、スカーレットの墓の前に座ったキュロスは、ある決意を胸に、レベッカと過ごした日々を思い出していた。

錦えもんとカン十郎は海軍がマンシェリーの花薬を配布するのを目撃する。触れただけで傷を治してしまう、魔法のような薬を求め、人々が列をなしていた。治癒力を他人に分け与えることができるチユチユの能力におどろき、感心したセンゴクは自らも献ポポしたいと協力を申し出る。そして、藤虎はおつるにサイコロを渡し、今日の分を振ってほしいと頼む。1以外が出れば、すぐにでもルフィとローの首を取るために出動するというのだ。一方、キュロスの家では買い込んだ大量の食料に釣られ、ルフィが目を覚ましていた。

食べるのに夢中になりながら、サボに会えなかったことを残念がり、サンジたちの身を案じるルフィは、噂を聞いてレベッカの父はキュロスだと怒る。そこでキュロスは自分が噂を流したと明かした。前科があり身分違いの自分がいないほうがレベッカのためになる。父である自分にできる唯一のつぐないとして、手紙をリク王に託し、自分は国を出ていこうとしていたのだ。レベッカは知っているのかと納得しないルフィ。そこへおつるたちが動いたという報せが飛び込んできた。おつるが振ったサイコロは6、藤虎はこれも天命として、ルフィたちを一網打尽にすべく海兵全員に出動を命令をしていたのだ。

「ワンピース ドレスローザ編」112話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第113話のあらすじ

ルフィたちを一網打尽にせよ。藤虎の命令を受けた海兵たちはキュロスの家へ急行した。船もない状態でどうやって逃げるのかとパニック状態のウソップに、バルトロメオはいつでもルフィたちが脱出できるよう海軍に見張りをつけてあると話す。すでに東の港には脱出用の船が用意され、港への道は街の各所に待機した海賊たちが海兵たちの足止めを買って出ていた。海兵たちの銃撃をかわし、東の港へ向かったルフィだったが、キュロスの考えにどうしても納得できず、後から合流することを約束して一人で王宮へと向かう。

リク王はヴィオラ、レベッカを連れて街へ降り、復位宣言を行うことを決意する。ヴィオラから、ルフィたちが海軍に追われ、島を出ようとしていることを聞いたレベッカは、お礼も言わず別れるのは嫌だと顔を曇らせる。一方、東の港へ援軍を送ろうとするバスティーユだが、すでに遅く、港はアブドーラたちに乗っ取られていた。今こそ恩返しのときだと、サイたちは海兵を相手に暴れ、ゾロたちを先へ行かせる。そのころ、レベッカの元へ急ぐルフィだが、勢いあまって海軍が待ち受けるひまわり畑の真ん中に落ちてしまう。

ゴムゴムの花火で海兵たちをなぎ倒したルフィは大声でレベッカの名を叫んだ。その声に気づき、窓に近づいたレベッカは、窓枠越しにルフィと再会する。ちゃんとお礼を言いたかったというレベッカの言葉をさえぎり、ルフィはキュロスのことはいいのかと尋ねた。レベッカはキュロスが自分を遠ざけようとしているのは、かつて、自分を案じる兵隊に心無い言葉を吐いたからなのかと目に涙を浮かべ、自分を遠ざけようとするのはキュロスの本心なのか、すがるように尋ねた。しかし、ルフィは自分で考えろとレベッカを突き放す。

レベッカの本心を確かめ、王宮から連れ出したルフィ。レベッカがさらわれたと聞き、血相を変えたリク王だが、その相手がルフィだと聞いて言葉を失う。ルフィの起こした事件は瞬く間に国中へ広がった。メイナードによってレベッカ救出の狙撃部隊が用意されるがルフィを狙撃しようにも弾は出ず、海兵たちも倒れてしまった。ルフィたちは東の港から脱出するはずだと睨んだバスティーユは、軍艦をはじめとする海軍の戦力を集結させる。英雄から一転、王女誘拐の犯人として国中から追われる身となったルフィだが、追跡をものともせず、レベッカを背負い、キュロスのもとへ走るのだった。

「ワンピース ドレスローザ編」113話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第114話のあらすじ

王宮からレベッカを連れ出して国中から追われる身となったルフィ。どこまでも追ってくる人々に辟易していると、待ち伏せしていた海軍の放った海楼石の網にとらえられる。レベッカの助けで網から逃れたルフィは、自分が囮になって追手を引き受けるから、キュロスのもとへ行くようレベッカに言った。あらためてルフィに礼を言い、かつて両親と暮らした家へ向かうレベッカ。そのころ荷物を纏めながら、キュロスは幸せだった日々を思い出し、レベッカの幸せのためとはいえ、スカーレットにウソをついたことを謝っていた。

何度も転び、ドレスは裂け、顔をすりむいて傷だらけになりながら必死に走り続けるレベッカ。やがて家を出ようとするキュロスの前に立ちはだかり、ウソをつかないでと詰め寄った。ウソをついたことを謝りながらキュロスは、自分が過去に人を殺したことを話すが、レベッカは聞こうとせず、自分は異国の王子の子などではなく、キュロスの子だと涙ながらに訴えた。黙って聞いていたキュロスの目にもいつしか涙が浮かび、一緒に暮らそうと懇願するレベッカに、本当に自分でいいのかと尋ねると、レベッカを抱きしめた。

レベッカが自分の意思で王宮を離れたことに、血は争えないと笑うリク王。その言葉にヴィオラも、スカーレットと同じことを頼まれるとは思わなかったと微笑む。一方、東の町、カルタの港でルフィを待つ海賊たちだが、突然の藤虎の出現にいきり立っていた。その藤虎から後を任されたバスティーユだったが、武器は盗まれ、軍艦は縫い合わされ使用不能になり、海兵たちが原因不明のまま倒れたとの報告に愕然としていた。そして、この国で起きた不思議なことは妖精の仕業と言われているとの報告に、部下を怒鳴りつける。

ゾロたちを守るのだと、身体を張って藤虎を迎え撃とうとする海賊たち。爆発音を聞いたルフィは東の港へと急ぐ。一方、ローと対面したセンゴクは、かつてファミリーに潜入した海兵のことを語り始めた。子供の頃に拾い、息子同然に育てたその男こそコラソンで、自分にとって特別な存在だったと明かした。そして、ドフラミンゴの元に潜入したコラソンから、オペオペの実の取引があると報告を受けたセンゴクは、島に近づくなと命令するが、それに従わず命を落としたと知って号泣した。コラソンの死の真相を追及するセンゴクにローは、自分がコラソンが気にかけていた珀煙病の少年だったことを認める。

「ワンピース ドレスローザ編」114話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第115話のあらすじ

コラソンの死の真相を追及され、本当なら二人で逃げるはずだったと悔しさをにじませるロー。大恩人であるコラソンが亡くなってからは、ドフラミンゴを討つためだけに生きてきたと言うと、自分が「D」の名前を持つ者であると明かした。それを聞いたセンゴクは動揺しながらも、受けた愛に理由をつけるなとローを叱咤激励する。コラソンの思い出を語れる者は、もはや海賊であるローだけ、コラソンのために何かしたいのならお互い覚えていよう、コラソンなら自由に生きろと言ったはずだとローに言葉をかける。

バリアを張って海賊たちと藤虎を待ち受けるバルトロメオ。口では手強そうだと言いながらも藤虎は刀を抜き、無数のガレキを浮上させ東の港へ呼び寄せる。おつるから連絡を受けたバスティーユは藤虎の邪魔をするなと、海兵たちに避難する人々の誘導と撤退を命令する。この光景を見て、こんなものが相手では逃げようがないとおどろくレベッカたち。一方、海賊たちの元へローが戻り、ただちに出航しろと指事を出す。そこへルフィもようやく東の港へ現れた。藤虎の存在に気づき、ルフィは迷うことなく先制攻撃を仕掛ける。

2年前のことを引き合いに逃げることを拒否、誰が相手だろうとぶっ飛ばして進まなければ海賊王になれないと断言するルフィ。もっともな言い分だと納得しながら、ゾロはルフィがおかしな戦い方をしていることに気づく。ルフィは藤虎に攻撃方法を予告していたのだ。どちらも退くことなく、凄まじい猛攻が続く中、藤虎が能力者だと気づいたルフィだが、重力を操られ苦戦する。地面に身体が埋まり身動きできなくなるが、額を硬化させ頭突きで地面を砕いて脱出する。再び反撃に出たルフィだが、うっかり言い間違えてしまう。

予告以外の場所を攻撃してしまったと謝り、藤虎の身を案じるルフィ。土煙が晴れ、姿を見せた藤虎はルフィにおかしな戦い方の真意を尋ねた。目の見えない自分への同情からなのかと不快感をあらわにする。目の見えない藤虎をぶっ飛ばすことなどできないと言い、さらに嫌いじゃないと言うルフィに苦笑する藤虎。その心意気を買い実力を認めたものの、それでは筋が通らないと言い放つと、互いの立場があると重力刀を抜いた。藤虎の放った猛虎によって凄まじい衝撃が起こり、地面が割れ、ルフィも吹き飛ばされてしまう。

「ワンピース ドレスローザ編」115話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第116話のあらすじ

藤虎の猛虎に吹き飛ばされ、海に落ちるところをハイルディンにキャッチされたルフィ。すぐさま反撃しようとするが、それどころではないというハイルディンにより、ルフィは有無をいわさず霧の向こうへと連れさられてしまう。この状況でどうやって逃げるのかと危ぶむウソップに、オオロンブスは5キロ先の霧の中にみんなの船が止めてあると言うと、そこまでは船と船をロープでつないだ橋を渡るのだと説明した。まだ戦っている途中だとハイルディンに叫ぶルフィ。対する藤虎は逃がすまいと、次の手に打って出る。

藤虎により国中の瓦礫が東の港へ集まり、やがて黒雲のように上空を覆った。これだけの瓦礫を受ければ船は沈むほかない。万一、この場を逃れても、四皇たちから命を狙われ続けるとつぶやく藤虎。目の見えない自分に同情してくれたが、見たくないものを見過ぎたため、自ら目を閉じたのだと続けた。必死に逃げるウソップたちの背後に頭上へと瓦礫が迫る。引導を渡そうとする藤虎だが、ルフィを追って押し寄せた人々に邪魔される。異変に気がついたルフィが背後に目をやると、押し寄せる人々の姿を見ておどろく。

ルフィをののしりながら自分たちの手でレベッカを救うのだと叫ぶ人々。しかし、その言葉とは裏腹に、怒っている人は一人もいなかった。大人たちはみんなキュロスとレベッカが親子であることを知っていて、かつては親子三人で幸せに暮らしていたころから温かく見守っていたのだ。自分たちがいれば藤虎は瓦礫を落とせない。国を救ってくれたルフィたちを今度はこっちが助ける番だと駆け付けたのだ。藤虎はみんなを助けたいという気持ちにさせるルフィに興味を持ち、あんたの顔を見て見たかったと笑みを浮かべる。

オオロンブスの船へと案内されたルフィに、ハイルディンはいずれ、仲間と共に巨兵海賊団を復活させると宣言した。それを皮切りに海賊たちは自分たちの戦力の説明を始める。みんな王宮での戦いをきっかけに意気投合したというのだ。キャベンディッシュの美しき海賊団、バルトロメオのバルトクラブ、サイの八宝水軍、ハイルディンの巨兵海賊団、レオのトンタ兵団、イデオたちのXXXジム格闘連合、オオロンブスのヨンタマリア大船団。紹介が終わるとバルトロメオは神妙な面持ちで手をつき、自分たち7人と親子の盃をかわし、その配下5600人を麦わらの一味の傘下に加えてほしいと懇願した。

「ワンピース ドレスローザ編」116話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第117話のあらすじ

杯を交わし、傘下入りさせてほしい。海賊たちからの申し出に面食らい、唖然となるルフィ。そのころ、ドレスローザ近海にはルフィに恨みを持つ海賊たちが集結していた。ドフラミンゴとの取引を中止させられた落とし前をつけるため、密かにルフィとリク王を狙っていたのだ。そんなことも知らず、ルフィは杯を拒んで海賊たちを怒らせる。バルトロメオは、この先、どれほど命を狙われることになるかわからない、自分たちに恩を返させてほしいとルフィを説得するが、大船団の船長になるのは窮屈だとあっさり断られてしまう。

七人の子分を持つ、大船団の船長となることを拒む理由がわからず、力づくでも杯を飲ませようとする海賊たち。ルフィは自分がなりたいのは海賊王で、偉くなりたいわけではないと説明する。親分子分の関係にならなくても、困ったときはお互いに助け合えばいい。一緒に戦ったことは忘れないというルフィ。しかし突然、敵連合艦隊の砲撃に水を差される。このままではルフィを助けようと付いてきた人たちにまで巻き込むことになる。緊張が走る中、藤虎の落としたガレキが連合艦隊に降り注いだ。一瞬にして壊滅する連合艦隊。

あらためて口上を再開したバルトロメオ。他の海賊たちも神妙な面持ちで聞き入り、座り込むと杯を手にルフィの同意を得ないまま、勝手に子分となることを宣言して杯を飲み干した。大船団の誕生に船内は喜びの声で溢れるが、杯をゾロたちに空にされ、口すらつけていなかったルフィはどうにも納得できない。それを見てサイは、自分たちが勝手に忠誠を誓っただけで、何かあれば命がけで駆けつけると告げた。まだ納得できないルフィだが、宴の準備が進んでいるのを見ると話を聞くのを中断、運ばれた料理に向かう。

ルフィの号令で全員そろって乾杯のジョッキを掲げ、宴が始まった。ルフィからジョッキを合わせられ、感激ひとしおのバルトロメオ。ドレスローザでの出来事を想い起こし、誰もが陽気に飲み、宴を楽しんだ。そのころ、部下から報告を受けたバスティーユはガレキは降ったが、ルフィたちが無傷だと聞いておどろいていた。キュロスと一緒に花畑からルフィたちの船を見送り、また会えることを願うレベッカ。そして、藤虎もまた、ルフィたちを密かに見送り、海軍の尻拭いをさせたと詫びる。しかし、それをセンゴクに見られてしまう。ドレスローザに別れをつげ、ルフィたちは、新たな目的地ゾウを目指す。

「ワンピース ドレスローザ編」117話の無料動画

「ワンピース ドレスローザ編」第118話のあらすじ

宴に沸くルフィたちから離れ、一人、遠ざかるドレスローザに思いをはせるロー。ロビンに声をかけられるが、そっけない態度を取って去っていく。ところ変わって、復興の始まったドレスローザ。国中がリク王の復位に沸く中、密かに事件を調べるCP。地下交易港から盗まれた武器は、革命軍の仕業だと睨んでいた。一方、リク王によって、トンタッタの小人たちの存在が明らかになった。そして、国を救った恩人としてルフィたちの石像が立てられる。この後、ドレスローザは人間たちと妖精が共存することとなった。

悪天候の中、ドフラミンゴを護送する海軍の護送船団。藤虎はセンゴクに護送を終えたら旅に出ると告げた。センゴクからサカズキの面子を立てることを勧められるが、藤虎は自分にも面子があると一蹴する。海楼石の鎖で捕縛されてなお、不敵な態度をくずさないドフラミンゴ。だが、おつるは結果だけが事実だとドフラミンゴに敗北を突きつける。苦笑しながら、ドフラミンゴは今後、不在となっている頂点の座を賭け、四皇、七武海、ルーキー、海軍、革命軍が入り乱れる、史上最大の覇権争いが起こると不気味な予言をする。

護送先はインぺルダウンかとおつるにたずね、退屈しのぎに新聞を差し入れてくれと頼むドフラミンゴ。そのころ厳重な警護の中、ジョーカー奪還の機会を伺うジャック。一方、バルトロメオ自慢の船、ゴーイングルフィセンパイ号に案内されたルフィたちは、船首の巨大なルフィを始め、メリーやチョッパー、麦わらの一味をリスペクトした船内にあきれながらも感心していた。フランキーから褒められ、バルトロメオたちは苦労が報われたと号泣する。そして、お宝のビブルカードと、本物のルフィがいることに喜びを爆発させる。

宴が終わり、海賊たちはルフィのビブルカードを手に、再会を約束して去っていく。ローの指示でゾウへ向かうことになり、サンジたちの安否が気になりだすルフィたちは、バルトロメオの部屋で額に入れられた自分たちの新たな手配書を見た。懸賞金5億となったルフィを始め、全員がアップしていたが、その扱いを巡り悲喜こもごも。今回の事件に関わらなかった者たちは5000万アップにとどまっているが、何故かサンジだけが生け捕りのみと条件が変更されていた。不信がる中、ウソップはどうせ女がらみで恨みでも買ったのだと一笑する。ゾウへと向かうルフィたちだが、それを狙う謎の船が迫っていた。

「ワンピース ドレスローザ編」118話の無料動画

2023年|曜日別アニメの無料動画まとめ